介護コラム

介護施設のネットを使った採用がSNSに偏っている件【SEOも対策しよう】

 

 

どうもたんたん(@tantan4423)です。

現在はフリーランスとして活動をしているのですけど、以前は現場で介護職として働いていました。

普段はそんな介護職の働き方に関する悩みを解決する記事を書いています。

先日以下のようなツイートをしました。

最近「採用費をかけずに介護職を集める為に発信をしよう」という流れがあってすごくいいと思う

でもそれだとやっぱり貧乏臭さみたいなのが、抜けずに「採用日をケチりたいだけじゃん」みたいになってしまうから、他の集客方法も試した方がいい

SNSに特化しようとしすぎてレッドオーシャンになってる

上記のツイートを掘り下げていきたいと思います。

最近「採用でエージェントはお金かかるからSNS使おうぜ」みたいなことが言われていますけど、もう既にレッドオーシャンな気がします。

僕自身は一応SEOやSNSを活用した発信でご飯を食べているので、普通の人よりかはWEBマーケティングに詳しいです。

その視点から介護業界のマーケティングやブランディングに関して「SNSだけではなくてSEO対策やリスティングをしてみては?」という話をしていきます。

ちなみに介護業界や施設の一番のブランディングは「幸せに働く職員である」という話をしていますのでもし良かったら読んでみてください。

介護施設の一番のブランディングは『介護職の幸せ』である理由 どうもたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在26歳で5年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 最初の...

 

記事の著者の信憑性

・Twitterフォロワー2万人

・ブログ10万PV

・収益100万円

・上場企業のファンコミュニケーションズ開催のブロガーアフィリエイターセミナーに登壇

・ブロガーの本に掲載

・自身の著書を商業出版

一応介護業界の中ではマーケティングやブランディングに関しては長けている自負があります。

 

 

介護施設のSNS戦略がもうレッドオーシャンである

 

早めに動いていた施設がSNS戦略で人を集めていますけど、今から頑張っても彼らの二番煎じになってしまうのではないか?と思います。

何よりお金がかからない採用方法なので競合も多いです。

お金がない介護施設が多いので、広告費にお金をかけられずに「無料のSNSを活用して人を集めよう」というのはよくある話です。

気軽に誰でも出来ることは簡単に真似されてしまいますし、競争が激しくなっています。

介護業界はマーケティングの部分に関しては数週遅れなのでネットを使った採用戦術をしていないところがあります。

でもこれも時間の問題で時期に多くの施設が参入してきます。

その中で少ない人材を多くの施設で奪い合うのはなかなか厳しいのではないか?と思っています。

こういう物は基本的に先行者利益になってくるので、後発組はいかに差別化したマーケティングをするのか?ということを考えた方がいいと思います。

※ちなみに介護職自体がSNSをすること自体は非常にいいことですし、何事もした方がいいと思っています。

介護職のフォロワーを増やす戦術に関しては別の記事で解説していますのでもし良かったら読んでみてください。

【SNS】介護職がTwitterでフォロワーを増やす方法【具体例も添えて】

 

SNS意外にも集客の方法がたくさんある

 

介護施設の集客のツールはチラシやSNSだけではないです。

逆にこの二つに固執して他の集客の手段が取れていなくてもったいないと感じることが多いです。

 

介護施設のSEOが崩壊していることが多い

 

各介護施設にはHPがあるのですけど、これらのサイトが施設の名前を打たないと検索結果に出ないということが多いです。

それが非常にもったいないです。

ここで検索エンジンに適正化された情報をまとめることができれば「地域+介護施設」みたいなもので表示されるようになります。

しかしサイト自体をメンテナンスしていない介護施設が多いです。

また最近SNSでの集客をする方向に行っているのですけど、そのSNSをサイトに紐づけているのか?ということもあります。

あと個人的に介護施設のHP自体が読み辛いですし、そのHPから施設の色が分かり辛く感じます。

SNSの集客と合わせてサイトの適正化も一緒にした方がいいです。

 

集客にお金も使った方がいい

 

最近の流れでは「採用にお金をかけるのはナンセンス」みたいな意見がありますけど、確かにエージェントに流すだけという受け身の方法では意味がないと思います。

しかし自発的に情報を世の中に出していくために使う広告宣伝費なら、効果もありますし、結果的にサイトやSNSの知名度も上げることができます。

で個人的にして欲しいこととしては

・リスティングを利用する(グーグル広告)

・YouTube広告、Twitter広告を使う

・マーケティングに特化した人材を採用・外注する

これらを行うことで現在の状況でとりこぼしていた層に対してリーチできますし、結果的に採用費を抑えることができます。

結構ここらへんの戦略を取れない介護施設が多いので、逆に取り組むことで集客方法で差別化することができます。

ここはアフィリエイター的な思考ですけど、多くの介護施設があまり集客に関しての知識が薄いと感じています。

なのでそういうマーケティングに特化した人材を採用して、施設の知名度アップや採用戦略に組み込んでいくことが大事です。

流石に知識のない人にSNSやブログで発信をさせるのは難しいです。

なのでプロの力を一回借りてもいいと思います。

あと「お金を使わない採用」にとらわれるのも良くなくていろんな戦略をして検証するのもいいと思います。

特にSEOとかに関しては改良の余地が大きいと思います。

 

影響力を持つ個人とタッグを組むのもいいと思う

 

最近はネットやリアルで影響力を持つ個人も出てきていますので、その個人に依頼してコンテンツを作成してもらうこともできます。

アフィリエイトや企業案件は他の業種では当たり前にありますし、実際に介護業界でも転職エージェントはアフィリエイトを活用して顧客を増やしています。

その中でSNSだけを使って資本力を使って様々な方向で発信をしている企業から顧客を流入させるのは普通に難しいです。

共感力だけで資本力に太刀打ちをするのは難しいです。

施設がアフィリエイトをするというのも普通にありだとは思っていますけど、なかなか資本的には厳しいです。

なので影響力を持つ人とコラボをして何かをするというのが多くの人にその施設の存在を知ってもらえる機会になるのではないか?と思っています。

そう言った意味でも介護業界でインフルエンサーを誕生することを心から祈っている感じです。その理由に関しても別の記事で解説していますのでもし良かったら読んでください。

介護士で影響力を持ったインフルエンサーを誕生させたほうがいいと思う理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

おわりに・・・

 

今回は自分がブログやSNSで身に付けたマーケティングの経験で今の介護業界に足りない部分に関して書いていきました。

個人的には介護業界は何周も遅れているように感じます。

だからこそ早めに様々な広告の施策を打って欲しいと思います。

どの採用戦略が施設の色に合っているのか?というのもありますし、すべての人がSNSのみで戦うのは難しいと思っています。

だからこそこの記事をきっかけにもう少しマーケティングに関心を持って施設にあった広告を打ち出すことができたら嬉しく感じます。

 

 

転職をして福利厚生や収入を上げて自由時間を増やしていこう

 

介護職は比較的低賃金で整っていない福利厚生で働いている人が多いのですけど、中にはしっかりした給料と福利厚生がある施設も存在します。

なのでそういう施設に行き着くまで転職を重ねる事をオススメします。

「転職を何回もすると履歴書に傷がつく」という声があるのですけど、その時は派遣を使っていろんな施設で働いてみるのがいいと思います。

中の職員に年収や福利厚生の事を聞いて「ここいいな」と思ったら派遣会社に「ここで正社員で働きたい」

僕自身派遣として働いているのですけど、同じ施設で働くことは意味がないと思っています。

その分変化がないということですし、収入を上げたり労働環境をよくしたい時に同じところで働き続けても仕方ないです。

特に介護士は人手不足なので転職前提でキャリアを立てたほうがいいです。

僕自身は派遣でいろんな施設を巡りながら多くの事を学んで生かしていきたいと思います。

僕のしている派遣のメリットは以下の通りです。

 

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣のメリット・デメリットについて現役派遣介護士が解説しますこのページでは介護派遣を活用して年収をアップさせた経験から、介護派遣のメリット・デメリットや上手に活用する方法を解説しています。...

 

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい3つの介護転職エージェント

 

 

これらの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い

「かいご畑」未経験の方には絶対にオススメの介護派遣会社です。

これから資格をとってステップアップしたい方からしたら非常に嬉しいですよね。

詳しく解説した記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説しますこのページでは「かいご畑」を利用するメリット・デメリット・口コミなどを細かくまとめています。是非じっくり読んでより良い介護士転職に活用してください。...

マイナビ介護職

マイナビは転職の王道中の王道。
 
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
転職に安定性を求めたい人はぜひ登録してみてください。
 
 
 
 
 
マイナビ介護職の特徴

  1. 大手で非常に安心できる
  2. キャリアカウンセリングが非常にありがたい
  3. 大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 非公開求人が非常に多い
  5. 介護施設側の信頼が絶大

大手の安心感が欲しい人は「マイナビ介護職」がオススメです。

「マイナビ介護職」について詳しく知りたい方は別の記事で解説していますのでもし良かったら読んで見てください。

『マイナビ介護職』の評判・口コミはどうなの?現役介護士が解説します『マイナビ介護職』の「評判」や「口コミ」や「サービス概要」を現役の介護士の視点でまとめた記事です。転職エージェント選びをしている方は参考にしてみてください。...

 

 

 

きらケア介護派遣

 
きらケアは転職の王道中の王道。

 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

きらケア介護派遣は資格を取得して「給料あげたいな」という方にオススメの派遣会社です。

時給1700円代の求人を置く取り揃えています。

気になる方は解説記事がありますので良かったら読んでみてください。

【まとめ】『きらケア介護派遣』の口コミ・評判・メリットを現役介護士が解説介護派遣で比較的に評判の良いきらケア派遣の良いところだけではなくて、悪い口コミや評判やメリットやデメリットに関して現役介護士がリアルな視点で徹底的に解説していきたいと思っています。...
 

オススメ介護派遣会社に関してのランキングの記事もありますので良かった一緒にどうぞ。

【2019年】現役介護士がオススメする介護派遣会社ランキング|人気大手会社の人材派遣会社の口コミ評判|高時給・お得なサービスも紹介します 「介護の派遣会社が多くてどこに登録していいかわからない・・・」そんな介護士の方は多いように思えます。 実際に国内に介護派遣求人を取...