介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
介護の問題

介護施設での職員会議の質が悪いところが多い問題について

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

ベネッセMCMで仕事を探す

【評判、口コミ】ベネッセMCMで実際に働いて感じたメリット・デメリットを徹底解説しますどうも介護派遣で夜勤専属をしているたんたん(@tantan4423)です。 今回は僕がいつもお世話になっている介護派遣会社ベネッセMC...

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができていま

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

今回は介護士の会議についてあまり良くないと思っている生産性について書いていきたいと思います。

この記事で伝えたいこと

  • 会議の話題について
  • 施設によって質が違う
  • 介護の会議は感情的になりにくい

結構ふわっとした内容になるかもしれないですけど最後まで読んでいただけると嬉しいです。

介護施設での職員会議での話題とは??

介護施設では月に一回ぐらいのペースでグループやユニット職員によって職員会議が行われます。

最近の入居者様の様子を共有してどのように支援していくという方向性を検討する会です。

介護の質を上げていくためにはとても大事なことではあります。

実際に僕が今まで経験した介護で検討していたことの例にだしてみると

  • 看取りケアの入居者様に対してどのように具体的なケアをするか?
  • 新しい介護用品の導入について
  • どのような研修を取り入れたら職員の介護レベルが上がるか?

実際に介護士として一番近い距離で入居者と関わっている視点で記録だけでなく各介護士からの視点を取り入れて良いケアをするために会議をします。

介護士の仕事って不規則なシフトになっているので全職員が顔をあわせることはほぼないので会議の重要性は増してきます。

そして決められた会議の時間を充実させるためにも事前に検討したい話題について各勝因からアンケートをとったりして効率的に話を進めていきます。

このように話すととても生産性の高い会議をしていると思われるかもしれないです。

しかし中には質の低い単なる時間の無駄でしかない会議を行っている介護施設が非常に多いという事実があります。

施設の質が低いほど会議の質が低い

僕は3つの施設を4年の間に渡り歩いているのですけど、質の高い会議である

  • あらゆる視点から利用者の問題をみて解決させようとする
  • 介護職員のケアの質を高める会議
  • 新しい技術の導入についての検討

をついての会議をしている施設って1件しかないんですよね。

そうなってくると「どのようなことを会議しているのか?」と思われるかもしれないです。

実際に僕が今現在の派遣先である施設で行われている会議内容の過去の会議記録をみてみると

  • 人が足りないから知り合いに声をかけてほしい
  • 節約を心がけて欲しい
  • 理想の介護について熱く語り合う

ということが毎回のように書いてあって、現実入居者様の問題は山積みなのにその現実から目を背けて専門的な観点からの話し合いができていない現状があります。

もちろん人手不足や利益が出ないということはとても重要な問題ではありますけど、それを解決するのは介護士側の問題ではなくて運営側の問題です。

それを貴重な会議の時間を使って話し合うことに対しての生産性はないです。

介護士は一番近い距離で利用者と関わっているので、目の前の入居者に関しての会議をするべきです。

介護技術の高い施設ほど質の高い会議をしてどんどん質を高めています。

逆に質の低い施設は入居者に向き合わずに目先の利益ばかり追求して利用者を置いてけぼりにしているので一向にケアの質は高くなりません。

職員会議は日々自分たちのしている介護を見直して改善を加えていく会議でもあります。

はっきりいって質の低い会議をするぐらいなら介護士である意味はないのでしないほうがいいです。

 

感情に基づく発言より現実的で将来に繋がる会議を

介護士は大切な利用者の命を預かっている仕事でその一番近い場所にいる存在でもあるので目の前の現実について論理的な議論をしていく必要があります。

人間と関わる仕事だからといって感情的になって正しくないケアを継続して行ってしまう傾向がありますけど、それは違います。

目の前の入居者の将来の利益のために僕ら介護士は存在するわけなので目の前の感情に流されないことは大事です。

そのためには正しい記録や過去のデータを参考にして多くの専門職と連携してベストなケアを導き出す必要があります。

生産性の低い会議は質の低いケアを作り上げていきます。

介護士は忙しすぎて目の前の業務に目がくらみ将来の利用者の姿を想像することはむずかしいかもしれないです。

しかし専門職としてケアをしていくにあたってこの将来への視点は忘れてはいけません。

まとめ

 

基本的にケアの質が低い施設は会議の質も低いです。

会議に対してのモチベーションが上がらない(サービス残業の為)ので参加する意味はないとは思いますけど、会議の結果仕事の業務改善が行われて仕事が楽になることも多いです。

業務を見直したりケアの無駄を正したりするので良い会議ができれば良い業務改善になります。

質の低い会議では現在の必要ない業務はそのまま新しく業務を追加したりするので忙しくなります。

そういう施設は介護士は離れたほうがこれからのスキルアップにおいては大事だと僕は思っています。

良い施設と悪い施設の選び方については悪い介護施設の特徴とそのような施設をい回避していく方法に書いてあるので参照にしてみてください。

 

関連記事