キラキラ介護士について

介護士不足に悩んでいる施設が陥る負のサイクルと根本的解決策について

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

【評判、口コミ】ベネッセMCMで実際に働いて感じたメリット・デメリットを徹底解説しますどうも介護派遣で夜勤専属をしているたんたん(@tantan4423)です。 今回は僕がいつもお世話になっている介護派遣会社ベネッセMC...

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができていま

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は介護士不足に悩んでいる施設の負のサイクルについて書いていきます。

負のサイクルに陥っている介護施設の特徴

 

以前、負のサイクルに陥っている介護施設について以下のようなツイートをしました。

介護士不足に悩んでいる施設は多いのですけど基本 ①給料が安いから離職が進む ②離職が進みすぎて人手不足に ③人手不足で個人にかかる業務の負担が上がる ④きつくて辞める職員が増える ⑤仕事を辞められないお人好しのみ残る という構造なので給料さえあげれば大丈夫。専門性はその後の話

簡単に言ってしまえば、給料が低くて退職者が出てくるのを皮切りに職場内のお労働環境がどんどん悪くなっていくということです。

実際に多くの施設がこの負のサイクルに陥ってブラック施設化しているので、一種の社会問題なのではないか?と思っています。

ツイートしたようにブラック施設になってします負のサイクルを

  1. 給料が安いから離職
  2. 離職が増えて人手不足
  3. 人手不足なので負担が大きくなる
  4. 負担が大きくなるので辞める
  5. お人好しが残る

という順番で詳しく解説していきます。

①給料が安いから離職が進む

 

当然なことですけど給料の低い職場は離職率高いですよね。

介護職は他職種と比べて低賃金というデータだ出ているので、仕事を辞める人が給料の低さを理由に辞めるということは普通にあります。

新卒で入社しても基本給が15万円ぐらい(もっと低いところもある)で昇給額も少ないのでいくら頑張っても報われない世界になってしまいます。

実際に僕自身も3年目の時のボーナスの額が10年目の役職付きの人とほぼ同じぐらいだった時は衝撃的でした。

普通は年功序列で経験年数によって昇給していくのですけど、その旨味を介護士では受けることができないようです。

そのような職場に未来はないと思って他職種に転職するケースは多いです。

実際に以前の職場の先輩も家族ができて介護士の給料じゃ生活できないということで退職しました。

これは本当に大きな損失だと思っています。

②離職が進みすぎて人手不足に

 

離職が進んでくると人手不足になります。

介護士の人手不足は他職種と違ってレベルが違って毎日の最低のシフトすら組めないという状況になってしまうことがあります。

  • 事務職を介護現場に入れる
  • 看護師を介護現場に入れる
  • 管理職が夜勤をする

ということが普通に行われています。

あと介護士は『2025年問題』が騒がれていて25年に介護士が38万人不足する事がデータとして出ています。

介護士不足の問題はどの施設も起こっている事です。

離職する介護士は多いけどその分入ってくる介護士は多くはないです。

実際に介護士育成の専門学校では生徒数が減っていて、介護福祉士の試験の受験者数も減っています。

人手不足ガが進んで入居者に十分な介護を提供する事が難しくなってきます。

日々の業務すらままならない施設は多いです。

③人手不足で介護士一人にかかる負担が増える

 

人手不足が進行していくと介護士一人にかかる業務の負担が大きくなります。

本当は五人の利用者の担当で良かったのに職員が減ったせいで担当入居者が十人になってしまうことは結構あります。

一人が関わる利用者の数が多くなり、業務の消化に時間がかかってしまいます。

そうなってくると時間内に業務を終わらせることも難しくなり残業を強いられてしまうことも多いです。

しかも介護業界の残業って多くの場合は残業代を払わない悪質なサービス残業なんですよね。

そもそも残業代払えるお金が施設にあれば、給料が低くて辞めてしまう職員なんていないですからね。

残業代だけでなく、有給取得を拒否されたり希望休が取れなかったりという弊害が出てきます。

これらも人手不足のせいでギリギリのシフトを組んでいるのが原因です。

そうなってくると介護士一人にかかる心身へのストレスは膨大なものになってきます。

④仕事の量が多いことが嫌で辞める職員が増える

 

人手が足りなくてそのことによって仕事内容もキツくなってしかも給料が上がらない状況で働き続ける人はそんなに存在しません。

この段階に入っていくと多くの職員が転職を意識し始めます。

普通に考えてきついのに安いし有給も残業代もない施設で働く意味なんてないですからね。

もっと良い待遇の施設も多いですし、介護職自体を辞めてしまうのは当然だと思います。

実際に職員不足で事業運営が不可能になっている事業所も数多く存在しています。

 

⑤優秀な人材ほど退職して仕事のできないお人好しのみが残る

 

数多くの職員が辞めて残る職員はお人好しの職員です。

有給も取れずに残業代も請求できずに働かされ続けてもいいと思う人は相当いい人か辞められない理由があるかのどっちかです。

実際に人手不足がいきすぎて今にも事業停止しそうな施設に行った時はそういったいい人が多かったです。

でも優秀な人材はすぐ転職していなくなってしまうために優秀な人材は基本的にここまでの段階をいくと存在しません。

そもそもここまでいくと業務が壊滅しており実戦経験を積むとか勉強をするみたいな余裕もないので質を上げられないんですよね。

根本的な解決は介護士の給料を上げて離職を防ぐこと

 

この負のサイクルに関しては大元である給料が低いことから始まっているので介護士の給料を引き上げる事が大事です。

なんだかんだ言ってみんなお金のために働いているので、充分な対価を与えないと離職する一方です。

そのためにも介護士の待遇改善は絶対に必要だということを主張してこの記事を終わります。

こちらの記事もおすすめ!