介護にまつわる社会的問題

介護士不足によって問題のある高齢者に多くの若者が殺されてしまう現実

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができていま

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

いつもは介護士不足になればなるほど介護士側の需要が高くなって働く側はいい思いができるということを書いていました。

介護士の働き方は人手不足によって多様化されている どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は社会の視点で介護士不足が進むとどうなっていくか?ということについて書いていきたいです。

2025年には介護士が38万人不足する問題について

 

日本は人口増加のピークをすでに過ぎている事は出生率が2.0を切ってから日が長い事実からも分かると思います。

今後は毎年20万人ペースの人間が亡くなるペースでの人口減少が起こっていきます。

個人的には日本の人口が減少する事は全然大丈夫なのですけど、問題なのは生まれてくる子ども数が減って高齢者の割合が増えているという事です。

高齢者が増えるという事は収めるべき税金の額が減ってその分のその高齢者を生かすための社会保障費が増えて国の税制を圧迫している所です。

これから先は若者の社会保障費の負担は絶対に増額してきます。

それは言ってしまえばしょうがない事です。

しかしそれとは別に高齢に伴って介護が必要な状態になる方が増えてくるのでその人を介護する人も必要になっていきます。

以前は介護の必要な人が出てきたときは家で看取ることが出来る家族の存在や蓄えの充実がありました。

現在は核家族化して各家庭に家で介護をする余裕も無くなった現実もありました。

現在は介護保険法の制定で民間の施設も増えて多くの介護が必要な高齢者が施設に入って介護士や看護師などの第三者にみてもらうケースが増えました。

高齢化による社会保障費の圧縮による介護士に対する給料の低水準化や介護士をする人間が少ないせいで激務にさらされて必要な介護士の数を揃えることができない現実です。

介護士が少ないという事は施設を多く構えることができないということで多くの高齢者が介護施設に入所できないということが現実に起きています。

介護士自体の採用率は高いのですけど、離職率も高くなっていて人の入れ替わりが激しい仕事になっています。

そして2025年には38万人の介護士が不足するというデータが出ていて、大きな社会問題だと感じます。

本当はこういう情報はテレビなどの大きなメディアで取り上げて危機感を感じて欲しい所なんですけど、なかなか周知できないんですよね。

介護士が圧倒的に不足しているという事は本当は介護が必要だけど介護を受けられない人が増えるという事です。

それがどういう事か次の項目で説明していきたいと思っています。

街に認知症患者が溢れかえって問題を起こす社会

最近高齢者が車を運転して交通事故を起こしてしまったという話を聞いたりはしませんか?

その事故を起こした高齢者の多くが認知症・アルツハイマーを患っていたというケースは少なくありません。

実際に僕の地元でも多くの高齢者が車を運転して多くの事故を起こしていたりします。

病気を患っている人の運転がいかに危険かという事は分かっていると思います。

本当は施設で生活するべき人が街に溢れ出ている事は大きな問題です。

こんなことを言ったら失礼ですけど、今の高齢者は税金も若者よりも納めずに社会保障費の負担を増大させています。

高齢者の数が減ることによって現在の働く世代の負担は減ってきます。

その負担の原因になっている働けない高齢者がこれから働いて税金を納めて社会を支えていくはずの若者を殺してどうするの?って話です。

そういう意味でも多くの介護が必要な高齢者を街に残しておくのはリスクでもあるのです。

実際に認知症の人が街で問題を起こすケースは多いので、できるだけどういう方を受け入れられる施設が増えてくれたら嬉しいです。

そのためにも多くの介護士を確保して施設の数も増やして社会的に高齢者が起こす問題の数を減らしていく必要はあります。

実際に施設で多くの高齢者を見ていますけど、ほとんどの方は社会に適応して生活することが不可能な方です。

まだそういう方が街に溢れかえっています。

認知症に関する考え方の記事もありますので合わせてどうぞ。

介護職が綺麗事で認知症患者と関わるのは非常に危険である理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
介護士をしていると「認知症になるぐらいなら死んだ方がマシ」と感じやすくなる理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

現在でも多くの高齢者が入居待ちの状態になっている

多くのお金を払えば入所ができる有料老人ホームではなかなか入所待ちの話はそこまで多くはないです。

実際にお金を持っている人は少ないわけだし

  • 入所金1000万円
  • 月額30万円

を払える高齢者なんてなかなかいませんからね。

逆に年金で生活することができる特別養護老人ホーム(通称特養)はどこの施設も100人近くの入所待ちが起こっています。

一つの施設でそれぐらいなら多くの高齢者が施設に入りたくても入れなく家族に在宅で介護をしていただいたり、各施設のショートステイをずっと回っているという状態です。

多くの人が有料老人ホームに入れるぐらいのお金を持っているわけでもないし、年金で生活できるもんならしたいと思うのが普通です。

なので個人的には国がするべき事は

  1. 特養の数を増やすべき
  2. 施設の数を増やすためには多くの介護士を集めなければならない
  3. 介護士を集めるためには待遇改善を行う

というところです。はっきり言って個人ができることなんて限られているので専門性をあげて多くの入居者に対応できることを期待したらダメです。

介護士が意識高く働いても人手不足・低賃金は解消されない理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今は専門性以前の問題で、現状だと多くの施設が運営が困難な状態で施設の数も足りないのです。

とりあえず多くの人に介護士になっていただいてその人を離職させない待遇を揃えれば自然に介護士の数も増えてくると思います。

それをしないなら今入所待ちになっている高齢者がどんどん街の中でトラブルを起こして多くの人が亡くなったりするようなことがこれからも増えていくと思います。

人手があれば質の高い介護士の育成をすることも可能になりますし。

他の事業に税金を払うのなら社会的に還元の大きい介護事業への資金を出した方が明らかにいいです。

新しく介護士を始めようと思う人は本当に貴重な存在


僕の場合は副業もして激務になりにくい派遣という抜け道を使っています。

派遣介護士に副収入ができて一気に生活が楽になった経験を話していきます どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

介護士の仕事は個人的には美味しいものだと思っているのですけど、それも働き次第で多くの介護士が今の働き方に不満を持っています。

それでも一人の介護士として大きく社会に貢献をしているつもりです。

今の段階で介護の世界に入るのはオススメしないですけど、人手不足を逆手にとることができればいいと思っています。

そのためには

  1. 都市部で派遣をする
  2. 単価の高い夜勤専属はオススメ
  3. 空いた時間で副業をして収入を伸ばす

という順序を踏めば介護士でも生き残っていくことができると思っています。

でもこれができない場合は相当強い覚悟と好きな気持ちがないと厳しいと思います。

だからこそ今いる介護士の方は貴重な人材で守っていくべきだと思っています。

当サイトでは介護士さんがいかに楽に働けるかということを生々しいお金の話を交えながら伝えていきたいのでぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

 

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい2つの介護派遣会社

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • きらケア介護派遣

です。これら二つの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い
 

無料で資格取得公式ページ

 

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
 

きらケア介護派遣

きらケアは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

詳細ページ公式ページ

【きらケア派遣まとめ】口コミ・評判・感想・メリット・デメリットを解説 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

さいごに・・・

 

介護士不足や多くの介護の必要な高齢者が街に溢れかえる事は大きな問題だと思っています。

その現状を変えるためには介護士の待遇改善と働く環境を整えることが大事だと思っています。

そういう意味でもこの記事を読んでいただき現実を知っていただき、今現在できる最善の選択をして介護士でも十分に幸せにいきていくことが大事だと思います。

 

こちらの記事もおすすめ!
介護にまつわる社会的問題

グループホームの職員が利用者に首を絞められたのに被害者が悪いというキチガイについて

2019年1月4日
派遣介護士の最強の働き方
どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。  …