介護士のスキル向上

介護士は専門学校に行かずに現場で経験を積んだ方が明らかに得だと思う理由

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

【評判、口コミ】介護派遣会社ベネッセMCMで実際に働いて感じたメリット・デメリットを徹底解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しま...

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができていま

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は今介護士は専門学校に行かずに介護施設に就職した方がいいと言うことについて書いていきます。

介護の専門学校には行くメリットが少ない

 

この間このようなツイートをしたら賛否両論が起きました。

介護士養成の専門学校に行っていないけど行かなくて良かったと感じている。とは言っても今はしていない保育士の専門学校卒業しているけど。

 

簡単に言ってしまうと専門学校に在籍している人や過去に在籍していた人を敵に回すような発言ではありますけど、これに関して事実だと思っています。

その大きなデメリットとして

  • お金の問題
  • 卒業から2年すると高卒の人と同じ資格持ちになって経験年数が短い人材になる

という問題があります。

簡単に言うと専門学校を卒業することによって得られるメリットが目に見える形で証明されていないんですよね。

学校を卒業したら優秀と言う職業でもないですし、現場での仕事になるので多くの経験から学ぶことが大事だと思っています。

今回はこのような専門学校に行かない方がいい理由について書いていきたいと思います。

給料の低い介護士がお金をかけて専門学校に行く意味がない

 

 

これは単純にお金の話なんですけど、専門を卒業した時点で高卒で働き始めた人材と大きな差が開いていると言う話です。

  1. 高卒の場合年収250万円で働いた場合2年で500万円になる
  2. 専門卒業する2年で生活費など合わせて300万円を失う
  3. この場合この二つの差は800万円になる

たかが2年早く資格を取るために高卒の人と比べて800万円の差を作ってしまうのがどうなのか?と言うことです。

そして専門卒業した人はその800万円の差を埋めることができるのか?と言われれば定年まで働いたとしてもなかなか難しいのではないか?と思います。

そもそも介護士は専門を卒業しててもしていなくても給料に大きな開きはないわけですし、逆に2年多く経験していてその間に優秀な人材でリーダー職についていたら基本給ですら負けてしまうケースも考えられます。

介護士は学校に行ったか行っていないか?ということよりもいかに現場で経験を積んでいるか?と言うことに焦点を当てられます。

300万円の負債を抱えながら介護職になるのはどうかとい思っています。

専門学校卒業して2年経てば高卒で働いた人が介護福祉士を取得できるから

 

 

そしてこの高卒の人は専門の人が現場に入ってきてから1~2年後に介護福祉士の資格を取得することができます。

そうなってくるともう専門卒業したことによるアドバンテージは失われて逆に

  • 高卒の人は22歳で介護福祉士を持った経験年数4年の職員
  • 専門卒の人は22歳で介護福祉士を持った経験年数2年の職員

となります。どっちの人材を現場で重宝するか?と言われたら前者ではないでしょうか?

なんども言いますが介護士は経験年数が重宝される仕事でいくら専門学校でいろんなことを学んでも経験年数には勝てない部分があります。

そして資格を取得した高卒の介護士は専門学校卒業の介護士よりも経験年数が長いので多くの給料をもらうことになります。

専門学校を卒業したら自動的に資格取得することができなくなったので行く意味が薄れてきた

 

専門学校のいいところは国家試験を受けなくても授業や実習を受けていれば取得することができたところでした。

しかし今ではその優遇もなくなり試験を受けないといけなくなりました。

そのこともあり今現在介護士養成の専門学校に通う若者の数は激減しています。

奨学金を借りながら学校に行ったのにその先の就職先が給料のそんなに高くない介護職、そしてその高卒に追い抜かれてしまう可能性も高い。

そのような状況で専門学校に行くのはあまり賢くない選択な気もします。

高卒で就職が不安だから専門学校に行くみたいな考えは捨てた方がいい。

 

一部の意見で「高卒で働くのは怖いから専門学校に行く」みたいな考えのあるかもしれないですけど、専門卒業働いても最初は怖いです。

そして専門卒業してもすぐには即戦力になれずにある程度できるようになるまで1年ぐらいはかかると思います。

座学で学ぶことと現場での事実は違います。

専門卒業して何年経ってもできない人はできないです。

結構介護ってその人のセンスみたいなのが試されることがあって特に他人と関わる仕事なので勉強すればいいケアができるのではなく現場での場数を踏みながら勉強もしていくことが大事です。

そもそも不安だから専門で一旦おくみたいな考えはあまり良くないと思っています。

それに300万円以上のお金を使う価値があるのか?ということに疑問です。

介護士は高卒でも働ける仕事です。それなら早く現場に出て「きついきつい」と言いながら一生物のスキルを身につけて欲しいと思います。

実際は学校での勉強より卒業した後にいかに勉強するかの方が大事

 

そもそも専門学校に行ってまでする就職が介護施設なのはどうなの?という感じです。

専門知識を身につけて卒業するのに月収15万円程度の仕事をするのはコスパが悪すぎるというのが僕の考えです。

かと言って他の収入の高い仕事をすることもできないですし、そうなってくると介護の専門学校って単純に運営者が得するだけのシステムになっているとしか考えられないです。

よく「専門学校では貴重な勉強して今に生きている」みたいな意見がありますけど、それは300万円ぐらいの借金を作ってまでするべき体験なのか?という話です。

それなら介護施設に勤めながら通信講座や研修会に参加したり、いろんな資格取得の勉強をしてできることを広げたほうがいいのではないでしょうか?

別に勉強は働きながらでもできますし、学校で学ぶことが現場で学べないことはないです。

社会人しながら勉強は自分の興味ある分野の勉強もできますし、資金もあるのでテキストとかも気にせずに買ったりもできます。

実習?それは日々の仕事で十分です。

結局学校での勉強も大事ですけど、学校に行かなくなった後にいかに勉強するか?の方が圧倒的に大事です。

さいごに・・・

 

思い切り喧嘩を売ってしまう記事ですけど、普通に考えて高卒で働ける仕事の専門学校に行く意味がないんですよね。

給料が10万円ぐらい違うならいいかもしれないですけど、給料そんなに変わらないですし2年後には同じ資格を取得できてしまいます。

そして学校通うためのお金を借金していて、それを返せるぐらいの給料ではないので貧困のループにはまってしまいます。

そうなるぐらいならすぐ介護施設に就職して経験を積んだ方が得策だと思います。

労働環境や風習などは職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

こちらの記事もおすすめ!