介護士のスキル向上

介護士は「定年まで同じ施設に働き続けよう」という覚悟が必要ないと思う理由

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は介護士は『定年まで同じ会社で働き続けるという覚悟は持たなくて大丈夫』と言うことを書いていきたいです。

定年まで同じ職場に勤める覚悟は必要ない

 

先日以下のようなツイートをしました。

もう定年まで同じところに勤め続けようという考えを持って就職するの辞めたほうがいいよ。

会社からしたらずっといてほしいというのは分かるけ労働者からしたらなんも関係ないわけだし、待遇の悪いところはどんどん転職する癖をつけて事業ができないぐらいにした方が世の中のためだからね。

 

上記のツイートを深掘りしつつ、「定年まで同じ施設で働き続ける必要性はない」ということについて解説していきたいと思います。

今はどの職場もいきなり倒産するリスクがある

介護施設の経営は非常に厳しくて採算が取れずに倒産してしまうところも多いです。

なのでできるだけ将来性のない施設からは早く退職していろんな施設で経験を積んでいくようにした方がいいと思います。

 

給料が少ない施設=経営が厳しいと考えてもいい

 

「介護士は給料が低い」という現場の声は多いのですけど、中には給料も高いところも存在します。

僕が以前勤めていた東京での施設では正社員で手取り20万円は当たり前でしたし、派遣でも時給1500円が当たり前でした。

介護派遣は都市部では時給1500円派遣で働く事ができる事実を伝えたいどうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

逆に上京前に働いていた地方の施設だと、手取り15万円がやっとですし、パートの時給は最低賃金並みということも多いです。

今あなたが「介護士の給料は低い」と思っているかもしれないですけど、他の施設では多くもらっている介護士もいます。

給料が低いということは施設の運営が厳しいことも示唆しているので早く転職した方がいいと思います。

経営が厳しい施設ほど介護士の個人の好意に甘えやすい

 

  • サービス残業
  • 有給を許可しない

これらの労働法違反が存在する施設は、法を犯さないと経営することすら厳しいということです。

採算が取れている施設ならば人件費や設備投資にお金を使う事ができるので個人にかかる負担は軽減します。

しかし職員が少なく休まれたら困ったり、定時勤務じゃ現場が回せない状態はいつ倒産してもおかしくありません。

職員が退職したり、残業をせずに有給を取ったら現場が回らなくなるのはとても脆いことです。

それを「利用者のために」とか言って介護士に働かせていますけど、いずれ破綻します。

介護士個人の好意によって持っている施設は介護士が見放してしまったら終わってしまうので終わる前に転職するのが無難な気もします。

多くの施設が人手不足なので働き先には困らない

そもそも多くの施設で人手不足で介護士が欲しいので今の施設にこだわって働き続けることはないと思っています。

なので介護士はやる気さえあれば仕事に困らないおいしい仕事だと思っています。

既存の介護職員より新人の職員の方が給料が多いことが普通にある

 

人手不足の介護施設は採用費用をかけて職員を確保しようとします。

既存の職員と同じ給料だったら、中の職員だって辞めてしまうぐらいです。

なので既存の職員より高い待遇を用意してさ新人を取る施設も増えています。

正社員ではないですけど、僕の今している夜勤専属の派遣では都市部で1回3万円を超える案件も多くあります。

僕が東京にいる時も正社員より月収は多くもらっていました。

なので転職をして人手不足で高い給料を払ってくれる施設に入る事ができれば大幅な収入アップを望む事ができると思います。

夜勤専属の仕事に関する記事もありますので良かったら読んで見てください。

介護夜勤の仕事内容・メリット・デメリットを夜勤専従介護士が徹底解析しますどうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

 

転職前提のキャリアアップを狙った方がいい

 

同じ施設に長くいる事で給料が上がり続けるということはありません。

以前僕も年功序列を信じて働いてたのですけど、10年先輩の職員のボーナスや給料が僕とそこまで変わっていないのを見てその幻想は打ち砕かれました。

年功序列で給料を上げようとしても月に数千円ぐらいしか上がりません。

それなら転職して自分の希望する収入を得た方がいいと思います。

 

きらケアで転職する

介護士の場合は多くの施設の実務経験を積んだ方がいい

 

僕が転職をおすすめするわけとして、実務経験をいろんな施設でしたほうがいいという考えがあります。

僕個人としても介護士歴は5年目に入りますけど経験した施設は

  • 特養(従来型とユニット型)
  • 老健
  • 有料老人ホーム
  • ショートステイ

と4つ経験しています。

そのうちの特養とショートは同じ法人内の異動で経験したのですけど、これらの施設の基本的な業務は把握しています。

なぜそれが良いことかというと、転職する際に自分ができる範囲を広げることによって選択肢を増やして良い案件にすぐ移行しやすいということなんですよね。

これがもし自分が経験したことのない施設での勤務で好条件の求人が出ていたら自分の能力に不安を持って一歩が踏み出せないかもしれません。

だからこそ若いうちほどいろんな施設での経験を積んでおくのが良いと思います。

まとめ・・・

 

というわけでまとめです。

繰り返しますが、介護士としてどんどん収入を上げたい人は年功序列の考えを捨てる事が大事です。

昇給額が多くない以上、長く同じところに働くより自分の望む条件を出してくれる施設に転職した方がいいです。

そしてこれからいろんな施設で経験してきた人材が重宝されるようになってきますので、若い時はどんどんいろんな施設に飛び込んだ方がいいです。

ちなみにいろんな施設を経験したいのなら介護派遣がおすすめです。

介護派遣に関する別に記事もありますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

というわけで以上です。

 

こちらの記事もおすすめ!