介護士のスキル向上

介護士の民間資格を取ろうと人に伝えたい。価値はないと断言する理由はオリジナリティーがないから!?

 

どうも現役介護士でブログを一緒に書いているのたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

先日以下のようなツイートをしました。

国家資格である介護福祉士以外の資格ってあまり価値はない

というのも単なる資格ビジネスの搾取でしかない

あと取った時点でみんな同じでオリジナリティがないので稼げない

その時間やお金で本を読んだりネットで調べた方が理解が深まるからね

あとマウンティング材料にしかしていない人もいるよね

 

上記のツイートについて掘り下げつつ『介護士の民間資格自体には価値はない理由』を解説します。

民間の介護士の資格自体が価値があるわけではない

 

介護士の資格自体に価値がないと言う理由としては。

・大幅に給料が上がった例が少ない

・ただ単に肩書きを与えて自己満足させる役割しかない

・資格の有無と年収は比例しない(資格があるから優秀ではない)

上記のことについて解説していきます。

 

民間の資格を取って大幅に給料を上がった介護士をみたことない

 

介護福祉士は話が変わってきますけど、その他の民間の資格を取得することによって金銭的なリターンはありますか?

僕の観測の範囲内では民間の資格を取ったとしても給料に反映しないことが多いんですよね。

その時点でその資格自体には金銭的な価値がないと言うことが分かります。

なので「取らなくていい」というのが民間の資格について思うことです。

金銭的な価値がないと言うことは取る意味がないと言うことですからね。

言わば資格は「プロ認定」ですけどその肩書きに給料が払われないという事は価値がないという事です。

給料の低い介護士にプロ意識は必要なのか徹底解説していきます どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

民間の資格は自己満足感と肩書きを与えるだけに存在している(資格ビジネス)

 

上記のように「民間の資格に金銭的な価値がないから取る意味ない」というとだいたいよく反論が来ます。

  • 頑張って取ったのにそんなことを言わないでください
  • ある人とない人では違います
  • お金じゃない

努力して勉強したから資格を取得できたと言うのは事実ですけどその頑張りが市場では評価されないんですよね。

ここでいう評価とは金銭的な利益があるか?ということです。

民間の資格というのは国が認めたものではなくて単に資格ビジネスの一環に過ぎないんですよね。

お金を払って肩書きを与えてもらうだけで市場価値を上げてくれるものではないんですよね。現に価値があると思われているなら給料は上げてくれますからね。

資格をとっても給料が上がらない介護士の仕事にとって資格は価値がないと考えてもいいと思います。

資格の有無と年収は比例しない

 

初任者研修に関しては取らないとまともに働けないので取得しましたけど、後は今の所介護福祉士しか取る気は無いですね。

最近「スマート介護士」みたいな新しい資格が出て来て介護士の専門性の向上を煽り立てています。

その謳い文句を鵜呑みにしてどんどん資格に手を染めるのはいかがなものだと考えています。

その資格を活かして自分でビジネスを立ち上げるのならいいのですけど、単に労働者として働き続けると決めている人が民間の資格を取得する意味はないと思います。

後単純に世の中のお金持ちをみるとほとんど資格なんて持っていないんですよね。

僕自身は初任者研修と喀痰吸引しか持っていないですけど、介護福祉士やケアマネや社会福祉士の資格を持っている方よりも収入は多いと思っています。

実際に今現在の僕の収入は賃金が比較的低い島根で月50万円以上はありますけど、これ介護関係で稼いでいる人はほぼいないのではないか?と思っています。

最近は副業が跳ねて100万円を突破したのですけど、これ自分でビジネスしないと普通に無理だと思います。

そして実際に無能だと思っている介護士が裏で100万円稼ぐ時代が副業解禁とともに進んでくることが予想されます。

【副業】無能な介護士が知らないところで100万円稼ぐ時代がやって来る件について どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

稼げる人は資格に固執せずにビジネスを起こすので資格に固執するのは逆に稼げなくなるのではないか?と思っています。

資格を持つことは「個の時代」の後押しには繋がりにくく稼ぐことには繋がらない

 

僕自身は半分フリーランスみたいに働いているところもあって最近は個人の時代を感じています。

どうやったって介護士の仕事では稼げる額が限界がありますし、今はネットがあって簡単にビジネスを起こしやすいのが大きいです。

このような選択ができる社会において資格というのが没個性というか陳腐化しやすいんですよね。というのも

 

・資格を取得した時点で知識が平均化している

・オリジナリティーがないから稼ぎにくい

・資金源の少ない介護施設で働く事前提の資格であるから。

という背景があります。以下より解説していきます。

取った時点で持っている知識が平均化している

 

みんなで同じ講座を受けて、同じ試験を受けて同じような実践をして取得できるのが資格な訳ですので資格をとった時点で差別化できないんですよね。

もちろん介護施設で働く分にはいいのですけど、稼ぎたいとなった時に資格を取るという時に周りの人と同じようなことをしても失敗するのは目に見えています。

平均化している人間を作ってしまう段階で今の速度のある時代において致命的なような気もします。

結局与えられた教材を教えてもらっているだけです。

それで稼げるはずもありません。

そういう平均化した人材は副業をしても稼ぎ辛いですね。

自分で価値を生み出していくのが副業をする上で大事なので、「教えてもらう」みたいな受動的な感じだと普通にきついです。

副業で稼げない介護士の特徴とは?【理由・するべきこと・意識の持ち方を順番に解説】 ・副業しているけど全然稼げない ・何をしていいかわからない ・どのような意識をもって取り組めばいい こんな疑問...

オリジナリティーがないから稼ぎにくい

 

「個の時代」において資格はないと仕事ができないものを除いて取るのは時間の無駄だと僕は思っています。

その資格の取得のために得た知識で独立するのはまだありです。

独立するなら資格ではなくて自分で本を読んだりネットで調べたり起業系のサロンに入った方がいいような気もします。

今は資格講座よりも優秀な生きたコンテンツや情報がネットや本に溢れています。

独立するときは基本的に経営の仕事になるので専門的な部分よりもお金の稼ぎ方や税金のこと経費のことを学んだ方がいいとは思います。

どっちにしても資格を取って終わったとしても同じような人がたくさんいるだけで差別化できずに稼げないというのはあります。

現に今たくさんある介護士の資格のほとんどが取得したところで給料に影響ないし、転職したとしても月収50万円とかならないですよね。

それならその資格を取っている時間で自分でビジネスを立ち上げて副業という形で稼いだ方が効率いいし稼げる額も上がっていいのではないか?と思います。

後単純に介護士で副業でビジネスをしている人が皆無なので狙いどころでもあると思うんですよね。

これから介護士に求められることは「スキルの掛け合わせ」である理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 島根県で特別養護老人ホームで働き上京。東京の有料老人ホームで1年ほど夜...

 

資金の少ない介護施設に雇われる前提での資格だから

 

そもそもなんですけど資金源が少なくてただでさえ給料を多く払えない介護施設に資格をちったから上乗せみたいなことができると思っていますか?

僕はそれはないと思っていて資格を取ったら給料を上げずにその専門性だけを奪って逃げていくのが明らかです。

しっかりその資格を金銭的に評価してくれる施設ならいいのですけど、ほとんどそうじゃないですよね?

評価してくれない資格なんて必要ないと個人的に思っています。

元から資金が少ない介護施設にスキルと知識だけを提供して対価を払わなくていいならそりゃ国も施設のどんどん催促しますよね。

はっきり言ってそれはバカバカしいですね。

そもそもただでさえ労働者は資産を増やしにくい傾向があるのに給料が低い介護士で同じように働き続けるという発想があまり良くないように思います。

資格にしてもそうで利益にならない資格は取るべきではないです。はっきり言って自己満足の為にお金払うほど余裕はないでしょ?

もう少し損得を考えてもいいような気がします。

介護士が意識高く働いても人手不足・低賃金は解消されない理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

資格に固執せずにいかに自分で稼げる能力や嗅覚を身につけるべき

 

資格に固執せずに自分で稼ぐ力を身につけることが大事です。

よく資格を持っているか持っていないかで優秀さを判断する人もいます。

しかし優秀だろうと給料が低く抑えられている中介護士という雇われの仕事で優秀である意味はあまりないのではないか?と思っています。

今はスキルを掛け合わせて本業を生かした副業や個人事業をする流れが加速してきているのでその流れに介護士も乗るべきだと思います。

個人的には頑張ったら金銭的に報われる仕事に力を入れて生活の基礎は労働で稼ぐという働き方が安定を求めつつ収益をあげることができます。

まずは自分で稼ぐ力を身につけるのが大事だと思っています。

そのためにはいかに差別化することが大事で、能力の平均化である資格には価値がないと言ってもいいと思います。

【副業】介護士にオススメの副業(Wワーク)を副業で100万円稼いだ経験から紹介していきます どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

ちなみに僕の場合はどうなのか?

 

僕の場合はこんな偉そうなブログを書いていますけど、介護福祉士すら持っていません。

とは言っても介護福祉士に関しては近いうちに取りに行きたいと思っています。国家資格ですからね。

逆に介護福祉士以外の資格を取る意味はないと思っています。

なんども書いていますけど、お金にならない資格は価値がないと判断されているからです。

僕自身のポジションとしては

  1. 派遣夜勤専属の介護士
  2. 毎日記事を更新するブロガー
  3. 副業で月100万円稼いだことがある介護士
  4. 他の介護士よりも働いている日数が少ない介護士
  5. 現状の介護士の働き方を強く批判している

みたいな感じです。

逆にこのようなポジションどりをしている介護士はなかなかいないですよね。

結局資格みたいに「みんな一緒に取ろうね」みたいな世界においては差別化が難しいのが実際のところです。

今はネットがあるので自分のポジションを明確にして自分の発信力を高めていくことが大事だと思っています。

そうすればある程度マネタイズもしやすいです。

資格に僕がこだわらないのは差別化できずに稼げないということが大きいですね。

 

この記事のまとめ

 

この記事のまとめ

・民間の資格には価値がない

・自己満足感を得る為に存在しているのが民間の資格

・資格は没個性につながりやすい

・資格よりも稼げる力を身につけるべき

資格を揶揄するような記事になりましたけど実際に資格に固執しても収入は上がらないんですよね。

結局自分が優秀だと思い込みたい人たちを肯定するものでしかないんですよね。民間の資格はそんなものだと思います。

しかし介護福祉士や初任者研修みたいな絶対に必要な資格に関してはとるべきですね。ないと仕事になりませんから。

でもこれらの資格を取るためにはお金がかかってくるのがネックですね。そういうときは資格取得支援のある施設やエージェントを使うのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

こちらの記事もおすすめ!