介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
介護士のスキル向上

介護士の平均年齢からみる働いた方がいい施設と働かない方がいい施設

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

ベネッセMCMで仕事を探す

【評判、口コミ】ベネッセMCMで実際に働いて感じたメリット・デメリットを徹底解説しますどうも介護派遣で夜勤専属をしているたんたん(@tantan4423)です。 今回は僕がいつもお世話になっている介護派遣会社ベネッセMC...

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができていま

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は介護士として質の高い施設で働きたい人は若い人が多いところをお勧めする理由を書いていきます。

この記事で伝えたいこと

  • 若い人が多い施設は良い施設の理由
  • 若い人が少ない施設は地雷な理由

それではこれらのことを以下にてまとめていきたいです。

若い介護士の数は少ない

僕の地元の介護の専門学校では入学する学生の数は年々減少しています。

以前は定員がほぼ埋まるぐらいいた生徒の数も数人しかおらずに人が集まらないので学科が消滅するケースも少なくありません。

実際に施設によって異なるのですけど、20代の介護職員が数人しかいないという施設も多いです。

本当は学校で最先端の知識を得て現場に新しい風を吹かして欲しい部分もあります。

実際に介護って風通しの悪い業界で新しい技術や働き方に対して閉塞的で昔やっていた間違っている介護を正しいと信じて行なっている人が多いです。

そういう現場において若い力が質の高いケアを身につけて技術を共有できたらいいと思っていますけど、なかなかうまくいきません。

若い力が介護に進出しない限り活性化しないです。

僕も含めてなのですけど、若い人材は働くことに対して結構シビアな目を向けているなかでブラックな仕事というイメージから敬遠させているかもしれないですね。

逆にそんな若者が多く働いている施設というものは良い施設という逆説が出てきます。

若い介護士が多い施設で働いた方がいい理由

 

 

個人的にオススメの介護施設は若い人材(20代〜30代)の職員がしっかりいる所。働き方に敏感な若い人が定着するという事は良い職場の可能性が高い。 実際体力も学ぶ気もある人が多いと相乗効果で介護技術も上がる

 

介護士の年齢層が低いと未熟という印象がありますけど、実際は平均年齢が低い介護施設ほど質の高いです。

理由としては

  • ホワイトな働き方を実現しやすい
  • 質を高める努力をする

と言う点があります。

これらについて以下にて説明していきます。

働き方に敏感

介護施設の労働がブラックという話をしましたけど、その原因として効率の悪いしなくていいことをしていることが多いんですよね。

  • 手書きでの記録(保管が大変)
  • だらだら仕事をして時間外へ
  • 自立支援を怠る(自立できれば負担が減る)

特にデジタル化が進んでいない部分に関してはデータとして情報をまとめれば、後に探し回らなくて済みます。

若い職員が多い職場では定時内に仕事を終わることを目的に業務を組んで人手がいない場合にはそれに合わせて業務を調整します。

実際に時間外を出されてしまったらその分施設の経費が上がってしまいますし、職員も惰性で働くより時間を決めてきっぱり働いた方がパフォーマンスが上がります。

ブラックな働き方を改善しようとするかしようとしないかで天と地の差です。

実際に今いる人材をいかに生かして業務を回し施設に利益を出して顧客満足度を上げていく方法を模索するパワーを持っているのは若者のいいところだと思っています。

僕自身もまだ25歳と介護業界からしたら結構な若手ではありますけど、自分の業務をいかに効率的にこなせるか?という事を考えてます。

逆にこの視点がかけすぎるとチームとしての質の低下につながるのではないか?と思う。

働き方改革を行うにあたって知識やスキルを身に付ける必要もあるため施設からしてプラスになります。

新しい技術を取り込んで質を高めようとする

僕が以前いた施設でもそうでしたが若手には積極的に外部の研修に参加させていました。

僕も毎月の施設内の会議と研修に加えて数ヶ月に一回は他の施設での研修や福祉団体の開催する研修に参加してきました。

ちなみに僕が今まで参加してきた研修を例に出すと

  • 市が開催する尊厳の維持に関する研修(在宅介護におけるあり方)
  • 介護器具の会社が主催した福祉用具の使い方に関する研修
  • 初任者の3日間のキャリアパス研修
  • 正しい移乗に関しての研修
  • ユニ・チャームによるオムツの当て方講座
  • 喀痰吸引研修

3年間の在籍に外部の研修には希望や上司からの研修の案内から積極的に参加しました。

施設内にある毎月の研修も外部から講師を呼んできて

  • 市内の人気美容室による洗髪研修
  • 腰痛予防の研修
  • ユニット研修

をさせていただきました。

これが当たり前だと思っていたのですけど、平均年齢が高い施設においては研修の案内も少なく、施設内の研修で講師を招かない自分達だけで完結させています。

質の低い介護をしていると顧客からのクレームにつながるし、できる仕事の幅が狭いことで多くの職員を雇わないといけないし、新人教育がうまくいかずに悪循環を起こしてしまいます。

常に「自分達のやり方がベストか?」という自問自答し続けれられる施設が成長を続けて結果働きやすい施設になっていくのではないでしょうか?

そういうやり方が取れるのは元気で知識やスキルに対しての欲が旺盛な若手にできることだと思います。

職員が高齢化している介護施設で働いてはいけない理由

逆に年を食った職員が多い施設は経験年数だけ重ねて大したスキルや知識がなく新しく学ぼうとしない人が多い傾向がある 基本年功序列で昔ながらのやり方に固執して、悪い風習(サービス残業)が残っているのでそこで働いても得られるものはない

 

職員の年齢層が高い施設には特徴があり

  • 新しく入ってこようとした人を排除しようとする
  • なので若い人は少ない
  • 長く居続ける職員が新しい技術や知識を学ばない
  • 昔のやり方が変えられない
  • 生産性が低い
  • 昔ながらの風習が強く残っている(サービス残業)

若者が少ないということはその施設に新しく入ってくる人からするととても働きにくい環境であるということです。

その中でも職員の年齢が高い施設で働いてはいけない理由として大きい

  • 悪い風習や新しい人の排除
  • 長年の経験に頼った介護

について詳しく書いていこうかと思います。

悪い風習が残っていて、新しくくる人を排除する

  • サービス残業が当たり前
  • 労働法の知識を管理者が備えていない
  • 労働基準監督局にいかない

介護保険法が実施されて15年以上経過していますが、いまだに介護施設での介護士の働き方は改善されていません。

僕自身も今までの3つの施設で働いているのですけど、東京の施設では若手が多くてクリーンな働き方が実現できていました。

しかし残り二つの地方の施設は非常にグレーやブラックな運営をしていました。

基本的に地方の施設はブラックで閉鎖的でもあるので働くことはオススメできないです。若者も少ないですし。

と言いましても実際に年齢層が高いと新しい考えや知識やスキルの情報に対して耳を塞いで保身に走ってしまう傾向があるので仕方はないと思います。

これから働こうと思っている人は年齢層が高い施設に行くと基本排除されます。

新しい戦力の排除を行う施設は職員の介護士としての質も低い傾向があるので何も得ることができないです。

あと単純にサービス残業とかは法律違反なので労働基準監査局に申告して他の施設に転職しましょう。

長年の経験に頼って質を高めようとしない

質の低い施設の特徴

  • 外部での研修が少ない
  • 内部での研修で完結
  • オムツの2枚重ねがある
  • なんでもオムツ
  • 手書きの記録
  • パソコンの有効活用できていない

言ってしまえば今やっていることに満足してしまい(それでも質が低い)新しいことを学ばずに効率の悪いことや正しくないことをし続けているということです。

開業したての施設だとしても閉鎖的な施設はケアの質は低い印象です。

手書きの文化にしてもパソコンを使えない、できない側に合わせて業務内容を変更できないのは大きな機会損失です。

紙で管理して年々増えていくデータを管理するのには場所のこともそうですし、プライバシーの保護の点からしてもよくないです。

介護士の質が低いままだとサービスを受ける利用者様もそうですし、現場でスキルアップしたい意識高い系の介護士を取り込むことができないのは大きな損失ですね。

今は同じ施設でずっと働くよりも多くの施設で経験を積んで視野を広げることが大事だと思っています。

まぁそうなってくると優秀な人材ほど簡単に転職しますけど、なかなかそういう働き方をしている人は少ないような気がします。

施設の介護レベルを上げることで質の高い教育がしやすいので効率もいいですし、顧客満足度も上がります。

しかしその前段階の学ぶ事をプライドが邪魔して昔のやり方に固執する施設ほど職員の入れ替え割りも激しくて定着せずに新しくくる人の質も下がっています。

若い人材の育成をしっかりしている施設は当たり

僕が最初に勤めた施設は労働環境はそこまで良くなかったけど、教育の環境が整っていました。

そのおかげで自分のスキルに自信を持てて「これならどこで働いても大丈夫」と思わせてくれました。

もし未経験の介護職が自分の勤めている施設に入ってきたらその方法+自分が積み上げて着た経験と新しく学んだ事を教えることもできます。

介護施設をよくしていくためには

  1. 教育の質を上げて一人でも質の高いケアや知識を持った職員を育てて教育係にする
  2. 教育係が新人に質の高いスキルや知識を教える
  3. 繰り返していくと施設の介護職の質が上がる
  4. 質が上がると顧客満足度も上がり入居希望が増える
  5. 質のいい職員が増えると出来ることが増えるために各職員の負担を分散できる。

ここまでいけば離職率も下げて多くの人材お集めて施設から出た人が他の場所で似たように価値を与えていくループを作れるので介護士自体の質を上げていくこともできます。

しかし人材投資に力を入れずに「昔のやり方が正しい」といって外からの人材を排除してその居場所を守ろうとすると施設の運営自体ができなくなります。

せっかく働くなら質の高い仕事をしたいです。そのための指標として施設に勤めている人の年齢層は確認してみるといいかもしれないですね。

 

関連記事