休みを確保する方法

介護士で休みが少ないと悩んでいる方にオススメしたい働き方の紹介

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

先日以下のようなツイートをしました。

「全然休めない」みたいな愚痴を言う介護士がいるけど、それあなたのせいでしょ?といつも思う

休みたいなら
・積極的に有給を使う
・余計な残業はしない
・職場の人と休日に会わない
・20日以上の出勤をしないように調整する

みたいな事をしたらどうなんだろうか?といつも思う

 

上記のツイートを掘り下げつつ、『介護士でたくさん休みを取るための意識』について書いていきたいと思います。

介護士は休みが少ないのは事実である

 

介護士で「休みが少ない」と思っている方は以外に多いです。

実際に休みが少ないと思うのは無理もない話で、年間休日が他職種に比べて少ないのは事実です。

介護士は祝日休みが存在しない

 

というのも背景として介護職は24時間経営していて、現場を回すのにシフトを組むのですけど、その時に本来あるはずの祝日分の休みが確保されていないのです。

デイサービスなど平日に運営されている介護サービスなら祝日が休みになることが多いですが、そうではない入所型の施設の場合は祝日関係なく運営されています。

そうなってくると介護士は年間祝日数分多く働かないといけないのです。

この記事を執筆している2019年の場合は年間祝日の17日、例年の16日多く働いている扱いになります。

介護士の休みが少ないのは感覚的な問題ではなくて、数字に表れています。

なので「休みが少ない」と言っている介護士の主張は正しいです。

休みが少ないことによって本来もらえる時間とお金を失っている

 

例年16日の祝日がない施設において働いている介護士は本来得られているはずの時間とお金を失っていると考えることができます。

ほとんどの介護士が正職員で月給制で働いています。

それで年間の祝日16日分余分に働いていると考えると。

時給(ここでは1500円とする)×8時間×16日=192000円

上記に書いた金額を失っていると考えたほうがいいと思います。

そこを踏まえた月給設定にはなっているのですけど、それなら祝日休みのあるデイサービスよりも高い基本給を設定すべきです。

しかし求人を見る限り同じ法人内のデイサービスと特養では基本給は一緒ですし、明らかに損だと分かります。

このことから「年間休日100日以下」の施設で働かないことが大事です。

年間休日が少ない施設は人手不足なので人員を補充しないことが考えられます。

ブラック施設の特徴については別記事にまとめていますので良かったら読んでみてください。

介護士にとってブラックな介護施設の9つの特徴と対策を現役介護士が徹底解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

そう考えると入所型の施設の人は多くの時間とお金を失っていると考えてもいいと思います。

 

休みが少ない原因は人手不足にある

 

休みが少ない根本的な原因は介護施設での人手不足にあると思っています。

人手不足の中、職員に祝日分の休みを設定してしまうとシフトを回すことが難しくなってしまいます。

そのような状況だと県や市に現場が回せていないことを指摘されたりして、運営そのものが怪しくなってしまいます。

この流れがあるので、介護施設の年間休日は低く設定されている傾向があるのです。

中には休日出勤を要請されたり、急な休みが入ったから残業が発生して少ない年間休日をさらに少なくしてしまう出来事も存在します。

これらの流れで悪いのは施設経営をする側だと思っていただいていいです。

現場を回すために必要な人材を確保することを怠り、とにかく少ない人数で現場を回そうとするその考えが介護職の休みを少なくしています。

その現場を諦める必要があるのでしょうか?

そんなことありません。個人でできることをしていけば休みを確保することも可能ですよ。

以下の項目より説明していきます。

介護士でたくさん休みを取るために意識したいこと

 

「休みが少ない」なら自分で作り出すのが一番いいと思っています。

「年間休日の多い施設に転職する」というのもいい手ではあるのですけど、まず自分で意識してロスした時間を取り戻す行為が大事ではないでしょうか?

ちなみにいかに書くことは僕が全部実践していることです。

一番大事なのは「与えるのを待つ」のではなくて「自分から取りに行く」という意識です。

積極的に有給休暇を使用する

 

有給休暇を拒否されたりはしていませんか?

有給を拒否してくる施設は働かないほうがいいです。

本来有給は労働者が自由に使えるものでその使用に関して会社が干渉することができないです。

しかし人手不足でシフトが回せないなどの理由から休まれたら困るといって拒否することがあります。

でもそれは本来できなくてできるのは有給を時期を少しずらす時季変更権でその時季変更権ですら厳しい条件があります。

それで有給を消化できない介護士がいるのですけど、それは勿体無いことです。

というのも有給は働かなくてもお金がもらえるシステムなので使わなければ使わないほど損をしてしまいます。

先ほどのように有給を消化しないことへの損失を数字に出すと

時給1500円×8時間×付与される有給(ここでは10日にする)=120000円

有給を消化しないだけでこれほどの金額を失っていることになります。

なので有給を全部使うことによって失われた祝日分はある程度取り戻せるので絶対に使ってください。

逆に使わせないような悪質な施設からは退職してください。

人手不足だから介護士に残業代や有給が払えない施設は潰れた方がいい理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

一応2019年の4月から有給が5日間取得の義務がついたので取りやすくはなるとは思いますけど、それでも全消化を目指してください。

有給の義務化についての感想と介護士の有給取得に関する現状について どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

残業を全て断る

 

介護業界の問題として残業(サービスが多い)が常態化されています。

残業をすれば残業代が支払われればお金は増えるのですけどその分失われる時間が多いです。

ただでさえ有給も使えないのに残業でさらに自由な時間を削るのは良くないです。

なのでどんな理由があろうが定時で帰ってください。

そうすれば逆に業務改善によって職場の環境が良くなることもあります。

介護士が違法労働を「個人の自由」として受け入れるべきではない理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

僕はどんな理由があろうと、仕事が終わってなくても切り上げて帰るようにしています。

職場の人とプライベートで関わらない

 

これは個人的なライフハックですが、職場の人との飲み会などには基本的に参加しません。

ただでさえ少ない時間を職場の人のために使うのも勿体無いですし、なおかつ少ない給料から飲み会とかに使ってしまうのは勿体無いと感じます。

なにより職場の人と休日も一緒にいたら仕事のことを意識せざるを得なくてリラックスできないですし、コミュニティーが職場に偏るのもあまり良くないと感じています。

【介護士必見】職員同士の飲み会が嫌で行きたくない人がするべきこと どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

基本的に嫌なことは避け続けることによって自分の時間を作り出すことができます。

出勤日数を調整する

 

これは正社員には難しいことですけど、自分で休みの数を調整したほうがいいということです。

僕自身は派遣で働いていて現在は月に8回の夜勤で年間休日が150日以上あります。

「それで生活できるのか?」と言われたら全然生活することができます。

というのも生活を徹底的に落としてどこに住んでも月に10万円あれば生活できる状態になっていますので、夜勤8回でも全然大丈夫です。

収入が低い介護士が生活の満足度を上げるためには固定費の節約に徹するべきどうも都内で夜勤専属の介護派遣として働いているたんたん(@tantan4423)です。 「介護の仕事は好きなのに給料が低いから他の仕事...

このように

  1. 生活費を下げる
  2. そのぶん労働日数を減らす

の組み合わせは非常に有効です。

それに副業を加えて収入を上げていけばさらに休日を増やせますよ。

【副業】介護士にオススメの副業(Wワーク)を副業で100万円稼いだ経験から紹介していきます どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

正社員だと多くの休みを確保する事が難しい

 

上記に書いたことを読んで「それ無理だよ」と思われる方も多いと思います。

  • 有給全消化
  • 残業をしない
  • 出勤日数を調整

なんてなかなか難しいですからね。

確かに正社員で月給制で働いていたらこのような行動は難しいと思います。

特に出勤日数の調整は正社員じゃ基本的に無理な話です。

だからこそ派遣を使って休みを生み出す戦略をとりました。

副業をしていたのでまとまった時間があれば少なくなった勤務分の収益を確保する事もできましたし、そもそもフルで働かなくても生活ができたということが大きかったです。

なので本気で休みが欲しい人は

  • 年間休日の多い施設で働く
  • 派遣で自分で無理やり休みを作り出す

のどっちかをするしかないと思っています。

派遣を使う事で休みを生み出す事ができる

 

僕自身は現在月に14~15日の休みがあります。

「それで生活できるの?」と思われるかもしれないですけど、普通に可能です。

その理由やお金の使い方に関しては別の記事がありますので読んでみてください。

生活ができない介護士に伝えたい現状を変えるために僕がしたことどうも介護士のたんたん(@tantan4423)です。 介護士の給料ってどんなイメージがありますか?? 多くの人が忙しいのに給料が安...
派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

委託している人に不利益を被る形になるので介護施設もあまり強気に出る事ができません。

実際に介護士の派遣をしている人ってそこまで多くなくてなかなか派遣という文化が薄いので理解してくれないところはあります。

しかし派遣会社に雇われているので自分のことを守ってくれます。

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣のメリット・デメリットまとめ!それぞれの特徴を徹底解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい3つの介護派遣会社

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • きらケア介護派遣
  • きらケア介護職

です。これらの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い
 

無料で資格取得公式ページ

 

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
 

きらケア介護派遣

きらケアは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

詳細ページ公式ページ

【きらケア派遣まとめ】口コミ・評判・感想・メリット・デメリットを解説 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

きらケア介護職

 
こちらのきらケアは正社員になりたい方にオススメの転職サイトです。
 
派遣をしたい方にもオススメですけど、正社員になりたい方にも手厚いコンサルタントの支援を受ける事ができます。
 
 
 
 

 

きらケア介護職の特徴

  • 経験豊富なコンサルタント
  • 介護業界を熟知している人が多い
  • 各施設との信頼感が厚い
  • 良い案件を沢山紹介できる
  • 介護士の気持ちを理解してくれる
 
 

 

【正社員】『きらケア介護求人』の口コミや評判などを徹底的に解説していきます。 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

この記事のまとめ・・・

 

この記事のまとめ

  • 介護士は年間休日が少ない(祝日がないため)
  • 休みが少ないということはその分の損失が大きい
  • 人手不足が休みが少ない大元の原因(その原因は経営のまずさにある)
  • いかに休みを与えてもらうのではなく作り出す意思をもって行動する
  • 正社員の介護士は良い施設で働く以外の解決策がない
  • もっと休みたい人は派遣×低コスト生活×副業で副業が稼げてきたら休みを増やしてく

 

転職にしろ自分で副業をするにしろ何かしらのアクションを起こすべきです。

ただその場に居続けて「休みをよこせ」と言ったところでいつ休みが増えるかわからないですし、そもそも増やしてくれる保証はないですからね。

逆に人手不足がさらに深刻化してさらなる休日出勤や残業が舞い込んでくる可能性もありますからね。

 

結局最初の職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。