介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
介護にまつわる社会的問題

介護士が高齢者と実際に話していて感じた、人が死ぬ前に後悔する事

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

【評判、口コミ】ベネッセMCMで実際に働いて感じたメリット・デメリットを徹底解説しますどうも介護派遣で夜勤専属をしているたんたん(@tantan4423)です。 今回は僕がいつもお世話になっている介護派遣会社ベネッセMC...

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができていま

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は「人が死ぬ前に後悔する事」をいろんな人の死に際を見てきた介護士の視点から書いて生きたいと思います。

人が死ぬ前に後悔する事

 

以前このようなツイートをしました。

 

【人が死ぬ前に後悔すること】 ・行きたい場所に行けなかった ・したい事が出来なかった ・好きな人に会う時間を持てば良かった ・嫌いな仕事や人から離れなかった ・生活のための仕事しかしなかった事 介護をしているとこのように嘆く利用者が多い。もっと自分にワガママになればいいと教えてくれる

 

このツイートには100以上のいいねがついていて多くの人が共感してくれたと僕は感じています。

というのも多くの人がいろんなことに我慢して自分のしたい事ができなかったと言う後悔をしています。

介護士をしていると多くの人が亡くなるところを見ていていろんな後悔の声を生で聞く事が多いです。

特にツイートした5つのことについて後悔する人が多かったので以下の項目より掘り下げて書いていきます。

行きたい場所に行けなかった

 

「行きたい場所に行けなかった」

普通に土日休みの仕事を定年まで行っているとまとまった時間を確保する事が難しくなっています。

そうなってくると自分の行きたかった場所に行けないというところが出てきます。

「別に定年してからでよくね?」と言う声があるのですけど

  • 最近は定年の年齢の引き上げが行われている
  • そもそも歳をとるとどっかに行く元気がなくなる
  • 定年後気づいたら一緒に行きたい人がいない(孤独)

と言う事が考えられるので元気がある若いうちに行きたいところへ行ったほうがいいと思います。

旅はまとまった時間が必要です。

しかし土日休みでしかも有給をまともに取れない会社で働いてしまうと旅行すらまともにできないと言う人が出てきます。

金額的にも生活ギリギリの給料の人は旅行をする金銭的な余裕もないです。

実際に僕の職場では東京に一度も行った事ない30代の人がいるぐらいですから、行きたくても行く時間とお金がないと言う人は多いです。

そういう事をしているうちに定年が来て時間ができても体力がなくてどこにも行けなくなります。

たとえ厳しくても元気のあるうちにいろんなところに行って見たほうがいいと個人的には思っています。

したい事ができなかった

 

これも旅行の件と重なってしまいますが自分の理想の生き方ができないうちに歳を取っていくと言う事です。

  • 親孝行がしたかったけど気づいたらいなくなった
  • もっと子育てに時間を取れば良かった
  • 旅行にもっと行っておけば良かった
  • もっとたくさん休んでだらだらしたかった

これらも時間があれば十分できるのですけど、仕事で時間が制限されてできなかったと言う声があります。

特に今の高齢者は戦後からの高度成長期でがむしゃらに働いた年代なのでなかなか自分のしたいことに時間が割けなかったと言う背景があります。

でもよくよく考えるとなぜ仕事をするかと言うと生活すると言うこともありますが自分の好きな事をするための資金を集めるためです。

いつの間にか働くことが当たり前になりすぎてなぜ働くか?と言う事を忘れがちです。

お金に関してはなんとかなりますけど時間は取り戻せません。

ある程度お金が集まったら自分の好きな事を始めてみるのもいいかもしれないですね。

嫌いな人や仕事に時間を使いすぎた

 

僕自身も今生きている上で大切にしている事ですけど、嫌いな仕事や人間に消耗しないようにしています。

仕事に関してもそこまで働く事が好きじゃないので最低限の労働をしています(夜勤月8回)

人に関しても基本的には人と関わる機会が少なくその分の自分の好きなことに時間を使ったりしています。

嫌いな人や仕事に大切な時間を使うのは一度きりの人生ではもったいないです。

そして僕がみている利用者様にも嫌な人間関係を後悔している人は多いです。

なんどもかんでも引き受けてしまうと自分の時間がなくなってしまい、最初に書いた自分がしたいと思うことに時間が割けなくなります。

ちなみに僕は職場の飲み会には絶対に参加しません。

生活のための仕事しかしていなかった

 

仕事は生活を形成させるためには重要なことですけど、それに加えて自己実現のための手段であると思っています。

毎月決まった給料をもらってそれを生活に全部使って終わりを定年まで繰り返すのはどうかと思います。

それを繰り返して「定年後の楽しみ」とかいって先送りにしていると結局体力がなくなったり病気になって何もできないと言うケースが多いです。

実際に亡くなった高齢者が貯金を数千万円ぐらいを平均で残しているというデータがあります。

【参考文書】高齢者の遺産相続に関する調査研究

この数数千万円があれば大体のしたい事をする事ができたと思います。

後悔するぐらいならもっとお金を使って楽しい事をすべきな気がします。

生活するための仕事ではなくて自己実現のための手段で自分の自己実現への資金を作る意味での仕事を捉えるべきです。

もっと自分にワガママであっていいと先人たちは教えてくれた

 

以上のことを多くの高齢者が僕に話してくださり、同じ失敗を繰り返してはいけないと感じました。

先人から学ぶことって後悔していることの方が現実的で学ぶ事が多いです。

一番の原因としては「時間がない」という事ですよね。

時間とお金のバランスは難しいですけど、お金はなんとかなっても時間はなんとかならないです。

なのでまずはどこでも稼げる力を身につけてリスクの少ないようにお金が少なくてもいいような生活を送るのが現実的ではないか?と思います。

これを実行して月8日出勤を実現していますけど結構不満なく生活できているのでこれを引き続き続けていって少ないストレスで生活できたらいいなと思っています。

こちらの記事もおすすめ!
介護にまつわる社会的問題

タトゥー(刺青)のせいで介護施設への入所できなくなったり、追い出されてしまうことがある

2018年8月23日
介護士の働き方のこれから
どうも介護士のたんたん(@tantan4423)です。 最近タレントのりゅうちぇるさんが両肩にタトゥーを入れたことをインスタグラムで投稿し …