キラキラ介護士について

意識高い系の介護士が施設に都合の良いように利用されている件について書いていきます。

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができていま

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は介護士の意識について書いていけたらいいと思っています。

この記事で伝えたいこと

  • プロ意識の方向性を考えて欲しい
  • 意識高い系とはどのような介護士か?
  • 搾取しようと思う人は多い
  • 最低限度の労働環境を守るべき

それでは以下より書いていきます。

意識高い系とは?

「意識高い系」というのを調べてみると

意識高い系(いしきたかいけい)とは、自分を過剰に演出する(言い換えれば、大言壮語を吐く)が中身が伴っていない若者、前向きすぎて空回りしている若者、インターネットにおいて自分の経歴・人脈を演出し自己アピールを絶やさない人などを意味する俗称である。

大学生に対して使用されることが多いが、ビジネスマンや主婦など若者・学生以外の層に対して使用される場合もある。「意識高い系」の特徴として、自己啓発(ボランティア・政治)活動や人脈のアピール、あえて流行のカタカナ語を使うなどが挙げられる。嘲笑の対象として「意識高い系(笑)」と表記されることもある。

(Wikipedia参照)

と書いてあります。

意識高い系というのは嘲笑される対象であるのですけど、裏を返せば自分自身を高めてより良い仕事をしようという風に考えられます。

なので意識は高いに越したことはないとは思っています。

実際に意識が高い人によって多くの客が幸せになっているのは事実です。

しかし雇われの労働者からしたら「そこまでする必要ある?」と思ってしまうんですよね。

そしてほとんどの人が口ではいいことを言っているけど、実際に行動できずにめんどくさいだけの人になっているのも事実だと思います。

次の項目では僕が勤めている介護業界においての意識高い系について書いていきたいです。

介護士における意識高い系とは?

 

 

実際に介護現場で働いていると「この人意識高いなぁ」と思う人が結構います。

その中にも何個か特徴があるように感じます。

  1. 資格をたくさん取っている
  2. 研修会に積極的に参加している
  3. 率先してグループや施設をよくするための提案をする

このような人材は介護業界では大切な人材です。

しかしその意識の高さが違う形で発揮されてマイナスの効果を生むことが介護業界に多いのも事実です。

間違った意識の高さ、プロ意識を持った介護士

介護士に多いのは先ほど書いたような実用的なものでプラスに働くものではなくて、逆に多くの人に迷惑をかけてしまうことが多いです。

  • 利用者のために残って仕事をすべき
  • 有給を消化することは会社のためにも利用者のためにもならない
  • 全部介護士がしないといけない(機械化の反対)

介護業界がブラックだと言われているのはこのような間違った意識の高さを持った労働者や経営者の存在があるからです。

いくら利用者のためとは言っても自分の時間やお金を犠牲にして働くべきではないですし、それに従う必要もありません。

それは単に介護士を雇う側が自分の都合の良いように介護士に働いて欲しいから言っているのであって真に受ける必要がありません。

それはプロ意識でもなく単に労働というものを分かっていないだけです。

それをする時間があるなら自分のできる仕事を広げるために勉強をしたり、研修や資格取得に時間を割いた方が明らかにいいです。

介護士のプロ意識に付け込んだ搾取が横行している件

多くの介護士が高いプロ意識を持って仕事に取り組んでいます。

定期的な勉強会や研修への参加や上級資格の取得など自分の価値を上げるための努力もしています。

しかし現実を見てみるとそのような介護士の給料って低く設定されています。

労働環境にしても

  • サービス残業
  • 持ち帰りの仕事

などの違法労働が普通にまかり通っている業界であり、そのような働き方をしないと現場が成り立たないのが現場です。

そのことを搾取と言わずに何だというのか?と思います。

搾取することを前提に業務内容を組んでいるのは悪質です。

そして搾取するために「介護士はプロだから利用者を置いてすぐ帰るようなことはしないよね?」という感じで迫ってきます。

もちろんそれを無視して帰った方がいいかもしれないですけど、責任感が強い人は目の前の理不尽を受け入れてしまいます。

そしてその人が後輩に対しても間違ったプロ意識の強要を行い、職場に違法労働が蔓延するというカラクリです。

ブラックな施設の見極め方に関しては別の記事がありますので良かったら読んでみてください。

ブラックな介護施設を見極める3つのポイントと対策を現役介護士が説明します。 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

そもそも介護士のプロ意識について勘違いしている

介護士にとってのプロ意識といえば

  • 積極的に新しい技術・知識を得ようという心持ち
  • 得た技術や知識を同僚に共有して全体でのレベルアップを図る
  • 結果利用者様の満足度が上がる

だと僕は考えています。介護職は技術職でもあるのでその技術や知識を高めていくことが最も大事なことだと思います。

しかしプロ意識に関して間違った方向で解釈して搾取されたり、他人から搾取しようと思っている人は

  • プロなら利用者がいるのだから残業して当然。
  • 目の前の利用者のためなら全部自分たちでやって当然。
  • 利用者のためなら介護士が身を削って働くのは当然。

みたいな感じで精神論で出来ないことを並べてそれを人力によって解決しようとしているところです。

気力で何とかしようという部分を前面に打ち出すのって逆に介護士として目の前の業務に真剣に関わらずに頑張れば何とかなるという見通しの甘さでしかないんですよね。

プロ意識が高いのなら人力への依存度を下げるように持ってくるのでその流れに逆行していて現実的な事を言わない人はプロとしての意識が足りていないです。

あと現実的に人手不足ならその分を頑張って埋めるのではなくて業務の効率化や機械の導入をするなどの施策を打った方が将来のためです。

それでも上手くいかなかったら、「やることはやりました。人員不足しないと現場は回らないです」といって人員を確保する要望を出す。

これが本来のプロのあり方ではないでしょうか?時間をかければ誰でも出来ます。

いかに決まった時間内でやるべき事をやれるか考えるのが本来の職業人の姿であると思います。

最低限度の労働環境は保証されるべき

  • サービス残業
  • 持ち帰りの仕事
  • 休憩時間なし

これらは全部労働法に違反しています。

これらの案件を見つけたら僕はすぐ労働基準監督署に申告して残業代をしっかり要求します。

実際に労基署に申告すればすぐ対応してくれますので、上記の問題が発生した時にすぐ申告すればいいと思います。

先ほど書いた介護士の間違ったプロ意識のせいで職場にダメージになる事をしたら良くないと思っている人がいますけど悪いのは介護士から搾取している施設です。

本来は残業代は支払うべきだし、休憩時間を確保し有給をしっかり昇華させるのが一企業のあるべき姿です。

有給の消化に関しての意識の記事もありますのでぜひ読んでみてください。

有給を毎月取得するためには正社員(常勤)で働かない事が大切な理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

それすら出来ていない介護施設は運営をする資格もないと思いますし、質の低い施設なので入居している利用者もかわいそうだと思います。

とはいっても実際に多くの施設はその最低限度すら守れていない所が多いので、介護士が高い意識をもって

  • 絶対に定時で帰る
  • 残業代はしっかり請求する
  • 申請が通らなかったら労基署に行く
  • 業務改善を図り時間内に質の高い業務をする

を取り組むべきです。

さいごに・・・

この記事で書いた事はあくまで理想論でしかないです。

現実は介護士から搾取しないと生き残れない施設ばかりでどうしようもないです。

搾取から逃れるためには個人が方向性の正しい高い意識を持って業務をこなして行く事だと思っています。

搾取されない具体的な方法に関しては別の記事でまとめていますので良かったら参考にしてみてください。

介護士が『やりがいの搾取』をされないためにいかに逃げていくかを書いています。 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

こちらの記事もおすすめ!