介護士の給料の問題について

介護士が安心して働くことができる給料を払わないと良いケアができない理由

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

島根県で特別養護老人ホームで働き上京。東京の有料老人ホームで1年ほど夜勤専属の仕事をして再び島根に帰ってきました。

現在は島根の有料老人ホームで働いています。

普段は仕事をする傍らブログで副収入を得て生活をしています。

このブログは搾取されている介護士が快く働くためにどのような意識も持ったほうがいいのか?という事について発信しています。

今回は介護士が幸せにならないと利用者様に良いケアを提供できない理由について書いていきたいです。

介護士は利用者の命を預かっている責任ある仕事だから

高齢者にとって介護施設は自分の人生における最後の居場所です。

その高齢者の生活で困っていることを手助けするというのが介護士の仕事です。

言ってしまえば命を預かるとても大切な仕事なんですよね。

介護士が一つミスをしてしまえばその人の生活に大きな支障をきたしたり最悪不毛な命の落とし方をしてしまいます。

だからこそ多くの介護士が責任を持って自分の仕事をこなしています。

その分介護士には大きなストレスがかかってしまうのも事実です。

責任のある仕事だからこそストレスをいかに緩和するか?ということは重要な課題です。

過剰なストレスを抱えた状態で良い仕事は出来ません。

そのストレスを緩和するために必要なのは責任に応じた対価をしっかり払う事だと思っています。

介護士の給料が安いということは利用者様の命が軽く見られている証拠だから

しかし介護士の給料は全職種の平均を下回っています。

給料はその人の仕事を評価する一番の指標になっているので、介護士の仕事にはそこまで大きな責任がないと考えられています。

介護士の給料が低いということはその介護士に見られる利用者の命を軽視されていることと同じです。

それって介護士の人権だけでなくそこに入所している利用者様の人権を侵害しているようなものです。

介護士の給料を上げることは介護士だけでなくその介護士からケアを受ける利用者様を守る事にもつながります。

給料が少ないということは他職種以下の働きをしても構わないということです。

そもそも給料が少ない仕事は優秀な人材を手放す要因にもなるのでいつまでたっても利用者様は良いケアを受ける事ができなくなってしまいます。

人の命を預かる仕事の給料を低く設定することはその分トラブルや人権侵害が増えてしまう事なのでしっかり命を預かる仕事としての給料を設定し直して欲しいです。

給料が低いと仕事のモチベーションが上がらないから

しっかりとした給料をもらう事ができるのなら全力で仕事に取り組むのは当然だと思います。

しかし仕事の評価もされずに低い給料で働き続けさせていると「これしかもらっていないからこれぐらいでいいか」と手を抜くようになります。

当然ですよね、いくら頑張っても給料が低いままなら手を抜いてテキトーに働いてお金をもらった方が得ですからね

そうなってくると介護士から提供されるケアが雑になって結果利用者様を不幸にしてしまうことになります。

「介護士のモチベーションが上がらないのはその介護士の意識が低いから」と思う人もいますけど、給料が低い仕事でモチベーションを保つのは難しいと思います。

例えば今のあなたの仕事の給料が急に下げられて手取り15万ぐらいになるとばかばかしくなると思いますよ。

そして介護士の場合は人間が人間に対して直接仕事を行うものであって、機械に代替えが聞いたりマニュアル通り仕事が進まなかったりします。

そうなってくると介護士のモチベーションをいかに下げないような環境を作っていくのは当然だと思います。

だけど今の介護業界は仕事の結果である給料が低いので、自分自身を否定されているような気になっている人は多いです。

そのような環境で他人のケアをするのは危険です。

まずは介護者のケアをした方がいいです。

介護士が満たされ心の余裕があることが良いケアに繋がるから

大きな不満を持っている介護士ほど重大な事故を起こしてしまう傾向があります。

そしてその中の不満って介護士の待遇の悪さになると思います。

待遇が低い事によって

  • 自立した生活ができない
  • ストレスを解消するお金がない
  • 自分の価値が低いと思い込む
  • 雑に仕事をしてもいいと思う

といいことはありません。そしてそれがダイレクトに利用者様に返ってくるのです。

待遇を上げる事によって自分の生活の心配が少なくなるので安心して自分の業務に励む事ができます。

心に余裕のある人の行うケアは丁寧で、質の高いものです。

「介護士の資質が低いから給料が低い」という人がいますけど、実際は「介護士の給料が低いから資質が低くなる」という事です。

そりゃみんなしっかり給料をもらえればちゃんと働こうと思います。

さいごに・・・

 

介護士が良い仕事をしないと利用者が不幸になってしまうので良い仕事をするためにしっかり給料を払いましょうと言いたいです。

実際に問題が起きた時に給料が少ないことを指摘されたらどうしようもないです。

給料が低いということはそれなりの仕事でいいということですからね。

良いケアを期待するならその分良い給料を払う。これ大事です。

お金は払わないけど良いケアをしてくれというムシのいい話はないです。

労働環境や風習などは職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

こちらの記事もおすすめ!
介護士の給料の問題について

介護士の処遇改善で仕事ができない人が多く給料をもらうことに関する反発は意味ないと思う

2018年12月25日
派遣介護士の最強の働き方
どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 島根県で特別養護老人ホームで働き上京。東京の有料老人ホームで1年ほど夜勤専 …