ブラック施設について

介護士が今すべき事は、お金の勉強をして考えを深める事であると言い切る理由

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからかいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

 

 

先日以下のようなツイートをしました。

介護士はブラックな環境で働き続けているのは精神的な弱さではなくて、お金の勉強が足りていないだけ

協調性をやけに主張したがるけど、そんなの必要なくて与えられた業務だけ取り組めば良いし、それ以外の仕事を要求したら断って良いんだよ

命と関わっているとか関係なく

 

上記のツイートを掘り下げつつ、『介護士のお金のリテラシーを高めることがブラックな環境を改善する理由』について解説していきたいと思います。

ブラックな環境は介護士のお金のことを真剣に考えられていないからこそ発生する

僕が「介護士はお金のリテラシーが低い」と主張する理由としては多くの介護現場に溢れる悪質な環境にあると思っています。

  • サービス残業
  • 有給を取得させない

みたいなことは明らかに労働者の本来得るべきであった利益を泥棒される同然の事です。

普通に普段からお金の事を考えて行動している人間がこのような環境に身を置く訳ないです。

なのでお金のリテラシーの高い人はどんどん介護職を離れていって逆にお金への意識が低い介護士が残って搾取され続けるという構図ができてしまいます。

 

お金の話をする事を悪い事だと思っている介護士

 

介護士に限らない事なのですけど、日本人ってなんかお金の話をする事を嫌う傾向があるように感じます。

僕が今まで勤めてきた介護施設では

  • 給料の話
  • お得なサービスや節約方法の話
  • 投資に関する話
  • 収入アップに関する話
  • 副業の話
  • 貯金の話

はだいたい出てこないです。

出てくるとしたら「介護士は給料低いよね〜」みたいな話ばっかりです。

上記したお金の話をする事は基本的にタブーとされていますよね。

学校でもお金に関するリアルな授業があるわけでもないですし、いまだに貯金信仰が強すぎて投資の話が出てもこないと言うのはどうかと思っています。

結構情報を集めたり勉強をしていると知らないと損をするお金の話はあふれています。

サービス残業は明らかに損する行為であるのに継続して行われている

 

そもそもサービス残業や有給を消化しない行為を誰にも止められていないのにしている人がいますけど普通に「何考えているの?」と思っちゃいます。

サービス残業をする時間が多ければ多いほどその介護士の時給は下がってきます。

みていると都道府県の最低賃金を下回っているケースだって存在しています。

それを普通に受け入れているということが損をすると言う行為に対して危機感を感じていないです。

最低時給以下の労働って言ってしまえば、人間として扱われていないと言うことになります。

そういう介護士が多く存在しています。

サービス残業をやめて有給をしっかり消化して初めて労働者という人間の地位が確保されるという意識を持つべきだと僕は思っています。

 

損得で考えられない人がやりがいの搾取をされる

 

「損得で考えてはいけない」とかいう人がいますけど、損得で考えてはいけない人は歩い程度のお金を持った人間に限ると思います。

そして介護士の方はそのある程度のお金をもらっているのでしょうか?

僕には到底介護士が損得で考えなくてもいいほどお金をもらっているとは思えません。

特に労働者という資本家から使われているものとしては損得を一番にして考えるべきです。

逆に損得を考えずに明らかに損だと分かる要求を受け入れてしまうのは、単なるバカです。

何も美しくもないですし、単にバカな人が割りに合わない事をさせられているとしか考えられないです。

そして介護士を雇う側からしたら損得で考えられる人は非常に厄介な存在なので、「損得で考えるな!」という指導をするのです。

  • ホスピタリティー
  • プロ意識
  • 福祉の心
  • 資質

みたいに言ったりしますけど、目の前の出来事に関して損得を考えて行動できない人を増やすための洗脳とすら僕は考えています。

まずは目の前の出来事とお金を結びつけるように考えた方がいいと思います。

それができないと永遠に割りに合わない事をさせられ続けます。

【損する働き方】意識高く現場で頑張っている介護士は搾取されやすい どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

時給換算する癖をつけて労働を考えた方がいい

「時給脳」とよくからかわれることがありますけど、その時給脳を持っていない労働者はいつまでたっても搾取され続けます。

一番大事なので自分が今のもらっているお金に納得して働くことです。

  • やりがい
  • 感謝
  • 笑顔

みたいなもので今の職場を評価するのではなくて自分のしている仕事と自分の能力・相場っを理解して今の仕事が割りにあっているか?と考え続けるべきです。

結局、相手はいかにしてあなたの労働力を安く買い叩くかということを経営をする以上考えるので逆に安く買い叩かれないか?という事を考えるべきです。

そういう意味でも時給の感覚を身につけて、その時給を下げないために

  • サービス残業をしない
  • 有給を消化する
  • 収入を複数化する

ということをするべきです。

介護士が身につけておきたいお金の知識一覧

お金の知識というよりかはお金の使い方や作り方みたいなことです。

これは先に結論をいってしまうと

  • 生活費を下げろ(家賃を落とせ。通信費を落とせ。余計な出費はするな)
  • 社会保障を使った方法(失業保険を最大限受け取れ。職業訓練校。家賃補助制度)

という感じです。

以下より解説していきます。

 

生活費を下げるための手法

 

【節約】収入が低い介護士が満足度を上げるためにするべき事を解説する どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

基本のことは上記の記事に書いてあります。

生活費を下げればその分生活するために必要な金額が下がってその額を労働で稼げばあとは働かなくていいということです。

僕自身も生活費は月に10万円以下ないぐらいなので10万円稼げればいきていける状況ではあります。

このような状況を作れば割りに合わない労働はする必要はないですし、10万円稼げればあとは家でゴロゴロしていればいいのです。

正社員の介護士は月に20日以上働いていますけど、そんなに働かなくても生活費を下げればいきていけるのです。

実際に僕の場合は月の半分近くは休日になりますし、その多い休日を使って構築した副業が本業を超えたのでもう労働をしなくていい状態になりました。

そう言う意味でも割りに合わない労働をしないためにも稼ぎたい額を逆算して出勤日数を調整する事を多くの介護士はするべきだと思っています。

扶養補助の関係でパートをしている方と同じような理屈です。

介護士で扶養控除を受けたい人はパートじゃなくて派遣を選ぶべき理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

社会保障に関する知識

 

社会保証の知識を仕入れる事で『退職をしても全然生きていける』という絶大なる安心感を手に入れることができます。

僕自身もここら辺の知識は非常に薄くて退職後の不安を感じていたこともありました。

しかし派遣を始めて派遣のベテランであるA1理論さんから派遣として生き残っていく術としての社会保障についての話を聞いて一気に解消されました。

特に重要な事をまとめると

家賃補助と失業手当に関しては実際に定期的使って人生賢く生きているA1理論さんの記事を、職業訓練校に関してはエン転職さんの記事をリンクしています。

ここら辺に関しては意外に知らない人も多いので僕よりも実際に場数を踏んだ人の記事やプロの意見を参考にしたほうがいいです。

これらの社会保障を正しく使えれば人間は死ぬことはありません。

そしてこの安心感が今いる悪質な環境から抜け出すために大切なことだと僕は考えています。

お金に関する知識を身につければ割りに合わない仕事からフェードアウトできる

先ほど書いたことにプラスして投資の話を書こうと当初は思いましたけど、投資は手に入るお金を最大化するための手段で成功するとは限らないところがあります。

それより誰でもできる

  • 節約
  • 社会保障の活用

に関しては仕組み化したり知識をいれておくだけで安心に繋がります。

そして節約して失業保険や生活保護のみで生活できるように持っていくことができればいつでも仕事を辞められる状態を作ることができます。

別に収入を増やす努力をしなくても現状あるシステムを使うだけでいいのでそこまでハードルは高くありません。

このようなお金の知識や節約方法を身につければ悪質な環境から逃げることができます。

悪質な環境から逃げる介護士が増えればそういう施設は次第に潰れていきます。

悪質な施設を生き残らせているのは無知な介護士が多いからです。

悪質な介護施設が生き残っているのは利用者や介護士を不幸にしている どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

この記事のまとめ

 

この記事のまとめを以下に書いていきます。

この記事のまとめ

  • お金の損得で考えられない人が多いとブラック化する
  • 自分のしている労働に時給換算して納得したら続けるべき
  • 節約をまずしろ
  • 社会保障の知識を頭に入れることで安心感を覚える
  • お金の知識を得ることで悪質な施設を無くすることができる

という感じです。ちなみにブラックな施設の特徴をまとめた記事もありますので良かったら読んでみてください。

ブラックな介護施設の15の特徴と対策を現役介護士が徹底解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

なので介護士が今からすべきことは介護の知識やスキルを身につけることよりお金の勉強をして最低限自分を守れる体制にしておくことです。

その安心感があって始めて仕事に集中できますし、余裕のあるケアをすることができると思っています。

ちなみに今の施設が合わずに転職したい人には転職サイトを使う事を僕はオススメしています。

かいご畑 は優秀なコンサルタントと豊富な案件数であなたの理想の条件と合致した施設を見つけ出すことができると思います。

資格がない人は無料で資格が取得できる制度もあるので、介護福祉士を持っていない方には非常にオススメできます。

いつ資格取得の無料制度が終わるか分からないですので、登録してみる事をオススメします。

こちらの記事もおすすめ!