介護士の副業

介護士の情報発信者はブラック施設で一度働いたほうがいいと思う理由

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回はブラック施設で働くことは発信者としては美味しいということに書いていきたいと思います。

ブラック施設はコンテンツの塊

 

先日以下のようなツイートをしました。

ブラックな職場って本当コンテンツになるんだよね。

ブラックで悩んでいる人が多いので自分がそこに潜入して感じたことや他の人の話を聞いて問題提起して記事に落とし込む。

悪い言い方をすれば職場や職員のアラを探してそうならないように提案するイメージ

上記のツイートに関して深く掘り下げつつ『発信者としてのブラック施設の使い倒し』について解説していきたいです。

ブラック施設での体験は有力なコンテンツになる

 

 

僕自身はホワイトな施設で働いた経験もありますけど、ブラックな施設で働いていた時の方がインプットの量は多かったですね。

なので消耗しない程度に取材という感じで働いているのが現状です。

 

悪質な環境へどのよう対応していくべきか?の発信はお金になる

 

僕自身がこのサイトで一気に収益を上げたのは島根に帰って超絶ブラックな施設に派遣されたことがとても大きいです。

その施設は結構レベルの高いブラック具合で

  • 夜勤中の休憩がない
  • 施設なのに特浴機がない
  • 早番がいない
  • ほとんどの職員がサービス残業をしている
  • 事務員に介護業務をさせる

みたいな感じだったので離職率がとても高い施設でした。

僕の場合はそういう施設に入って「いかに搾取されないように立ち回るか?」ということを常に考えながら働いていました。

そして成功した事を実際にこのブログで発信をして収益を上げていきました。

出勤簿がハンコの介護施設はブラックである可能性が高い理由とは? どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 島根県で特別養護老人ホームで働き上京。東京の有料老人ホームで1年ほど夜...
機械浴・特浴機・ストレッチャーがない介護士施設は事業運営すべきではない理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 島根県で特別養護老人ホームで働き上京。東京の有料老人ホーム...
本日、理不尽に介護派遣切りをされましたがそんなに痛くありません どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

上記の記事は例のブラック施設で働いていて実際に感じたことや僕に降りかかってきた出来事を発信したものです。

それ以外の記事でもブラック施設から得た知識や体験を記事に落とし込みました。

結果派遣切りされるまでの4ヶ月の間に月商100万円を超えることができました。

実際にツイッターでの発信に関してもいいねが増えたりして共感してくれる人も増えてきました。

働くには最悪な環境でも発信者からしたらいいコンテンツにすることができる事を証明してくれました。

多くの介護士がブラック施設に悩まされている

 

発信でお金を稼ぐための大切な意識として

読者のコンプレックスを解消する記事を書く

という事があります。

介護士の場合は

  • 給料が低い
  • 労働環境が悪い
  • 人間関係が悪い
  • 客層が悪い

みたいな問題を常に背負って働いている人が多いのですので、これらを解消するための手段として転職を勧めることができます。

実際に僕自身も正社員で働いていた経験から「これじゃ詰む」という思いから高単価の夜勤専属の派遣をして給料を上げつつ余った時間を副業であるブログ運営に費やして来ました。

副業に関しては記事がありますのでよかったら読んでみてください。

年収300万円以下の介護士ができる収入アップ方法を説明します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

そもそもブログが趣味で楽しくてたくさん書いていたという部分もありました。

ブログを書くのが全然苦にならない性格もあったのですけど、ブラック施設で働いている以上ネタは尽きないです。

あとは時間を確保してインプットした情報を解決方法と一緒にアウトプットしていくだけでした。

記事の修正はこの期間はしていなかったですし、とにかく記事を量産しました。

実際に記事やSNSに書いたことで救われた声も多く聞いたので、実際に現場に入って体験しつつ発信するのはとても有効です。

ちなみに介護士で積極的に情報発信して収益を作っている人は少ないですね。

なので狙い目でもありました。

差別化の意味でもブラック施設で働いている人の方が説得力もコンテンツの面白さも増すので情報発信者はブラックな施設とホワイトの施設で働いて比較するのもいいと思います。

ブラック施設で消耗されない働き方をしつつ生きた情報を集めていく

 

ブラック施設はコンテンツの塊ということは先ほどの項で説明しましたが、そのためにどのように立ち回るか?について以下に書いていきます。

発信する側が消耗しないように働く

 

そもそも僕の場合は「いかに消耗しない働き方をしないか?」という題目で発信しているわけなので絶対に消耗しないように意識しています。

  • 何があっても定時で帰る
  • 出勤はギリギリ
  • 残業代はどんどん深刻
  • そもそも施設に雇われるより派遣に雇われた方がいい
  • 基本は体力を温存する
  • 夜勤だと少ない稼動で生活費を稼げる

一番の目的は施設で働いた事を発信する副業の為であるので、副業をする時間を減らすような働き方は絶対にしないようにしています。

それなら働かずに家でずっとパソコン打っている方が生産的ですからね。

なので以下に少ない消費で仕事を終えられるのか?ということに重きを置いて働いています。

そういう意味で派遣という施設政治とは距離を置ける働き方は結構オススメです。

派遣のススメに関しては以下の記事でまとめていますのでぜひ読んでみてください。

介護派遣のメリット・デメリットまとめ!それぞれの特徴を徹底解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

職員の愚痴は問題提起である

 

僕はその職場で働く介護士の口には耳を傾けるようにしています。

派遣をしていると内部の情報や過去の出来事が分からない事があるので、そういう話が始まったら「そんな事があったんですね」みたいな感じで入って話を聞きます。

そういう情報を記事にまとめると共感してくれる人が増えますし、一種の取材記事なんですよね。

介護士の愚痴=介護士のニーズ

なので積極的に拾って発信するべきですね。

そういう意味では介護施設で働く理由として、一番のコンテンツである愚痴をお金をもらいながら集める事ができるのが大きいです。

基本的にその職員愚痴をその職場に改善してもらうのは労力が要ります。

なのでネットで発信して形に残るようにして共有して多くの職員が「気をつけよう」となってくれるのがいいと思っています。

ホワイト施設とブラック施設両方で働くことによって記事の説得力が生まれる

 

僕が東京にいた時は超絶ホワイトな有料老人ホームで働いていました。

そのこともあってホワイトな施設というものを経験しています。

この事が以下にブラック施設を評価する上で大事な判断材料になってきます。

偶然にも地方で働いた3つの施設は全てブラック施設だったと仮定していて、そう考えらえたのもホワイトな環境で働いた経験があるんですよね。

ちなみに地方の施設は賃金が絶望的に低い上にサービス残業が文化としてあるので、基本的に地方で介護士をするのはお勧めできません。

田舎(地方)の介護士は都市部の施設で働いたほうがいい理由どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

とにかく経験は宝なので自分が潰れない程度に労働をコントロールしつつ情報収集をしていきたいですね。

普通に働いてお金を稼ぐなら絶対にオススメはできない

 

はっきり言って普通に労働収入だけに依存するならブラックな施設は働かない方がいいです。

先ほど書いたように地方の施設も今のところ100%ブラック施設になっています。

オススメするのは都市部の有料老人ホームですね。

  • 豊富な資金源
  • 設備投資された職場
  • 高い給料

僕自身は派遣としてそこまで高い収入を労働から得る必要がないので地方でゆるく働いています。

副業収入や低い生活費を構築できていない人は地方で介護士する事自体しない方がいいと思っています。

サービス残業も悪びれずに行いさせますし、給料もマジで低いのでいい事がないです。

できれば東京周辺に住んで職場を探した方が給料もしっかりもらえるし働き方の多様性もあるので非常にいいですよ。

まとめ・・・

 

少し長くなったのでまとめます。

この記事のまとめ

  • ブラック施設は貴重なコンテンツ
  • 情報収集をするべき
  • 自分が消耗しないようにする
  • 労働収入に依存する人は即転職した方がいい

僕自身は副業収入が本業を超えたなかなかない例なので参考にならない介護士も多いです。

しかし今はどんな経験もコンテンツにしたらお金になる時代なのでこの波に乗らない手はないと思っています。

職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

ということでこれにて終わります。閲覧ありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ!