介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
男性介護士について

男性介護士で良かった事・男性でしかできない事を説明します

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

ちなみに僕はベネッセMCM という大手の派遣会社にお世話になっていて月に25~30万円ほどの収入を貰っています。

 

ベネッセMCMで仕事を探す

【評判、口コミ】ベネッセMCMで実際に働いて感じたメリット・デメリットを徹底解説しますどうも介護派遣で夜勤専属をしているたんたん(@tantan4423)です。 今回は僕がいつもお世話になっている介護派遣会社ベネッセMC...

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

マイナビ介護職公式ページ

 

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができていま

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑公式ページ

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は現役介護士である僕が男性介護士で良かったと思うことを書いていきたいと思います。

この記事で伝えたいこと

  • 介護士が女性の仕事という時代はもう終わった事
  • 男性でしかできないことがある事
  • 男性の特徴を存分に生かした介護をして欲しい

それでは以下より解説していきます。

介護士=女性だけの仕事では無くなった

介護士といえば保育士と並んで「女性の仕事」というイメージがあるかと思います。

確かに職場の男女の比率を見ていると女性の方がまだ多いです。

でもここ最近の施設を見ていると男性の介護士さんが多くなってきました。

以前僕が勤めていた東京の有料老人ホームでは男性介護士が全体の3・4割いるような状況でした。

実際に毎年施設に勤めている男性介護士の数は増えています。

このことから言えるのは介護士=女性の仕事ではなくなったということです。

やっぱり仕事柄女性の方が都合のいいことがまだ多いかもしれないですけど、男性介護士は貴重な戦力です。

女性介護士だけの施設での弱点を男性介護士がしっかり補っている所があるので介護業界でも喜ばしいことだと思います。

男性介護士で良かったと思う事

 

僕自身が男性介護士として複数の施設を歩き回っているのですけど、思った以上にメリットが大きいと感じました。

実際に「男性で良かった」と思う事は

  • 入居者様に可愛がられる
  • 女性特有の人間関係に巻き込まれない
  • 出世の機会が多い

ということがあります。

これら3つについて以下より書いていきたいです。

入居者様に可愛がられる

多くの施設の入居者様の男女比は圧倒的に女性が多いです。

中には男性嫌いの入居者様もいるのですけど、大体の人が自分の孫感覚で可愛がってくれる人です。

やっぱり女性が多い職業なので、入居者様も女性の職員は見慣れています。

しかし男性はそこまで多くないので、珍しがってくれたり「あなたは優しいから」と言ってお菓子をくれたりすることもあります。

ちなみに原則入居者様から物をもらうのは原則禁止ではあるのですけど、相手の気持ちを考えると難しいことですよね。

結構女性は人間関係が難しいところもあるので逆に男性の方が好きな女性の入居者様がいますね。

僕自身も25歳と比較的若い方なのでひ孫や孫みたいに可愛がってもらうことが多いですね。

それが直接介護士としての働きやすさに繋がっているので結構重要なことだと思っています。

女性のドロドロの人間関係に巻き込まれない

介護士は比較的に給料が安くて過酷な労働状況で働いています。

そこからくるストレスは大きくてそれによって人間関係の歪に繋がってしまいます。

特に女性が多い職場の場合はその中の人間関係で苦労する事は多いと思います。

僕が実際に遭遇した事としては

  • 既婚者である女性介護職員が他の男性介護士と不倫しているとデマを流される
  • 容姿をいじる
  • 利用者様の前で大げんか

職場に負の感情を持ち込むのはどうかと思いますが、どうしようもない事かもしれません。

介護士に限らず保育士でも似たようなことが頻回に起こりますが、男性という立場でいると巻き込まれずに済みます。

本当この点は男性で良かったと思いました。

人間関係が不安な人は現役介護士が職場の人間関係に悩まなくするために行っていることを共有しますを読んでみてください。

出世の機会が多い

介護士の世界って一般的に言われる年功序列ではないです。

女性が多い職場なのですけど、結婚や出産で現場を離れたり仕事自体を辞めたりすることがあります。

そうなってくると職場を離れる心配の少ない男性が優先的にリーダーや主任に上がったりすることが多いです。

男性であるという理由だけで出世の機会はやってきます。

僕自身も介護士歴4年目という普通なら中堅にもならないこの経験年数で出世はなかなかないです。

しかし男性であるということや普通に仕事をすることができるというだけで出世の案内が来ました。

その時は転職する前段階だったので断らせていただきました。

僕はこの部分に関してはあまり良くないと思っていて

  • 本当に優秀な人が出世できていない
  • 男女差別ではないか?
  • そもそも出世しても給料が上がらないのでポストのなすりつけあいになっている

という点があります。

それでも男性であるというだけで施設の介護に大きく関わる機会が増えてくるので出世したい人からしたらいいことだと思います。

他の業者では全然ありえないことなのですけど、若い時に経験を積めるという点ではいいのではないでしょうか?

男性介護士にしかできない事

男性介護士で良かったと思うことを書いていったのですけど、客観的に見て男性介護士にしかできないことを書いていきます。

男性と女性は得意なことやできる事が全然違います。

なので男女比率が均等に近い施設ほどいい感じに役割分担ができているのではないか?と思っています。

実際に男性介護士に任せた方がいい事としては

  • 力仕事
  • 地域や家族関係での連携
  • 男性入居者への対応

という事があります。以下より詳しく書いていきたいと思います。

 

力仕事はお手の物

入居者様からも女性介護士さんからも頼られることは多いですね。

  • 体重のある入居者様の移乗介助
  • 行事の際の飾り付けの準備
  • 高いところにあるものをとる
  • 物品の準備(車椅子、介護ベットなど)

女性だとなかなか大変なことでも男性なら力があるので簡単に解決する事が多いです。

もちろんそれはプレッシャーや仕事量が増えたりするという心配もあるんですけど、人に頼られるっていいですよね。

男性であるだけで感謝されるというのは結構働く上でもいい事なのではないかと思っています。

介護士って入居者様と関わる以外の仕事も多いですし、力仕事が必要とされることって多いんですよね。

その時に男性介護士がいることによって仕事の進みはスムーズになります。

そういった意味でも力仕事を任せられる男性の存在は施設からしても大きいと思っています。

地域や家族との連携の際に困ることが少ない

実際に地方に行くとまだ「男尊女卑」の世界は生き残っています。

介護施設の運営は地域や家族のしっかりした関わりなしでは継続する事ができません。

そういう時に「男性じゃないと頼りない」と昔ながらの考えを持っている地域の人や家族は結構障害になります。

前に勤めていた施設では地域が関係してくる行事に関してはその橋渡し役として男性が選ばれる事が多かったです。

本当はよくないことではあるのですけど、協力関係がしっかりしないと仕事にならないのです。

そういう意味でも男性介護士がいることによって連携をスムーズにする事ができますし、男性に舐められるみたいなこともなくなります。

男性の入居者さまへの対応がしやすい

逆も然りなんですけど、女性で男性に対応してほしくないという人がいるように女性に対応してほしくない入居者様は多いです。

実際に自分が介護される立場になって見ても若い女性に自分の恥ずかしい姿を見せたくないという思いがあります。

基本的に同性が介護した方がスムーズに行く事が多いので、入居者様の願望に応えやすくなります。

そういう意味でも入居者の中では少数派でもあるのですけど細かなニーズも汲みとれる体制になっているのは大きいと思います。

あとは昔の男性は亭主関白というか女性を下に見ている人もいるので男性がいることによって介護職の平穏が保たれるということもあります。

あとは少ないですけど暴力行為をする入居者様をその力強さで制御することも可能です。

介護はマンパワーが必要。男女関係なくいろんな人が介護をしていただきたい

実際に介護施設に男性が増えてきたのは、昔ながらの介護士=女性というイメージも崩れてきているからだと思います。

しかし介護士不足は今現在も深刻なのでもっと多くの人に男女関係なく介護士を経験して欲しいと思っています。

なので「男性だけど介護ってどうなのかな?」と思っている方はどんどん積極的にチャレンジしていただければ嬉しいと思います。

実際に介護士で働きたいと思った方に僕が勧めていることは派遣で働くことです。

その理由を介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説しますにて書いてありますので良かったら読んでください。

男性介護士は施設からしたら貴重な人材です。

多くの施設が多くの男性介護士を望んでいます。

興味のある方は一回働いてみるのもありだと思います。

案外面白い仕事ですよ。