介護士初心者向け記事

これから介護施設で働こうと思っている介護士が準備しておきたいアイテムや知識

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回はこれから介護施設で働こうと思っている人にして欲しい準備について書いていきます。

自らを守ってくれるアイテムと知識を準備しよう

 

先日このようなツイートをしました。

介護施設で働くために準備しておきたいもの

・ボイスレコーダー(スマホでもOK)

・スマホ(カメラ付き)

・労働法の知識

これらないと死ぬしあったら自分を守ってくれます

 

ここのツイートに書いたことを冗談のように思える方もいるかもしれないですけど、僕はガチです。

実際に介護施設では悪質な労働法違反や人権侵害が溢れかえっているので自分を守るためにも必要なことです。

この記事を読んだ介護士はすぐに準備をして戦えるようにしてください。

上記のツイートに関して以下より掘り下げて解説していきます。

介護士の仕事は労働法違反が当たり前なので違反の証拠を集める準備を

  • サービス残業
  • 有給を消化させない
  • 休憩がない
  • 研修を休みの日に行くように強要する
  • インフルエンザの休みを欠勤扱いする

これらの労働法を違反した労働環境になっている施設が実際には多く存在します。

その時に泣き寝入りをしてしまうと本来得られたはずの利益を得られなくなってしまうので介護士が損をしてしまします。

この話をすると「介護士の仕事はそんなもんだ。文句があるならやめろ」みたいな暴論を言ってくる人がいますけど、介護士はボランティアではなく労働として働いています。

労働をしている以上労働法は遵守することが事業所で求められるので上記した違反に関しては許してはいけません。

もしあなたがいいと思っていても、これから同じ職場に入ってくる同僚に不利益を与えてしまいますのでしっかり対応すべきです。

これらの労働法違反に関しては証拠を集めて失われた利益を返してもらうように労基署に申請すれば案外簡単にお金が振り込まれます。

僕自身も介護現場で働いている時にこれらの問題があって残業代未払いが発生しました。

その時に

  • 出勤簿のコピーと写真
  • 業務記録のメモ、写真、コピー
  • 申請した時の上司の発言をボイスレコーダーに入れてメモを残す

を労基署に提出したら1週間もしないうちに支払ってもらいました。

労基署からの勧告に応じない場合は求人に制限がかけられたり、緊急の監査が入ってきて事業に支障をきたすんで支払ってくれます。

なので労働法違反が当たり前のように行われている介護施設に勤める人は全員証拠を残せるような準備が必要です。

そして自分の働いている職場が違反だと気づくために最低限の労働法の知識を入れておくといいと思います。

施設は自分を守ってくれないので自己防衛をすべき

 

はっきり言って介護施設はあなたのことは守ってくれません。

逆に安い金額で介護士をいかに使い倒そうということばかりを考えているのであなたからしたら敵になることが多いです。

そもそも介護施設があなたの得られたはずの利益を理不尽に奪い去っている時点で敵です。

そして一番良くないのは自分が奪われているということすら自覚しないままその施設で働き続けることで、他の職員が同じように搾取されてしまいます。

自分の後輩や仲間に不利益を被って欲しくないなら自分の権利をちゃんと主張して貰えるものはもらってください。

このような行動が職員の中で増えていったら施設も違法労働をさせることもなくなって比較的ホワイトになります。

ブラックな違反を許している職員がいるからこそその職場はブラックなのです。

まずは自分を守るための行動をするべきです。

搾取されないためにできることは以下の記事に書いていますので良かったら読んでみてください。

介護士が『やりがいの搾取』からいかに逃げていくかについて徹底的に解説していきます どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

労働者が労働法違反を許さない姿勢が良い環境を作っていく

 

介護施設がブラックだと言われているのはそのブラックを許している介護士のせいだと先ほど書きましたけど、一人でも行動できれば労働環境は一気に改善されます。

行動を起こすことに申し訳なさを感じる職員がいますけど、それは完全に施設にマインドコントロールを受けている状態なので、末期ではないでしょうか?

労働者の働きやすい環境は本来施設が責任を持って構築していく必要があります。

しかし介護施設の経営や管理側の意識の低さや責任感のなさがこのような環境を生んでいます。

ブラックな施設の特徴に関してまとめた記事もありますので良かったら読んでみてください。

介護士にとってブラックな介護施設の9つの特徴と対策を現役介護士が徹底解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

なので、ダメなものにはしっかりダメと突きつけて違法労働を許さない体制を職員で作っていく必要があると思います。

そのためにも常に

  • ボイスレコーダー
  • スマホ

を持ち歩いて違反を摘発する体制は整えていくべきです。

そうすることで「介護士に対して無下なことをすると制裁を受ける」と危機感を感じます。

介護士のブラックな労働は声を上げないから「この人たちはいいと言っているし別にいいか」と職員に甘えて労働環境を改善しない体たらくを生んでしまいます。

施設は経営者や管理者だけでなく職員も含めて育てていくものです。

そういう意味でも悪を許さないように全ての介護士が目を見張る必要があるのではないか?と思っています。

さいごに・・・

 

介護士は労働法が当たり前になってしまったのは以前働いていた介護士が摘発せずに許してしまっていたからです。

しかし本来はサービス残業も有給を消化させないのもアウトです。

仕事ができないから怒鳴り散らかすのもアウトです。

もっと国の仕組み的にも違法労働をさせた施設に対しての罰則を強める必要もあると思います。

ちなみにパワハラに関してはボイスレコーダーで証拠残して診断書もらって訴えたらお金になるので美味しいです。

この記事を読んだ介護士は今すぐに武装をしていただくことを強くお勧めします。

労働環境や風習に関しては職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

こちらの記事もおすすめ!