介護士の悩みの解決

退職代行を利用して介護士が退職するべき理由や注意点について解説

 

  • 「今の介護士の仕事を辞めたいけどなかなか辞めさせてくれない」
  • 「強引な引き止めにあってストレスを溜めている」
  • 退職をするに当たっての引き継ぎや人間関係が苦痛

そんな悩みを解決させてくれるのが「退職代行」です。

しかし最近話題に上がるものの「本当に辞められるのか?」「トラブルにならないのか?」と心配している人も多いと思います。

今回はそんな方に向けて退職代行のすべてを解説していきたいと思います。

退職代行のメリットだけではなくて、利用する際に注意して欲しいことも合わせて解説していきたいと思います。

 

この記事で書いてある事

  • 介護士が退職したいと思う理由
  • 介護士が退職する際に「退職代行」を使った方がいい理由
  • 「退職代行」を利用する際の注意点やリスク

是非この記事をすみずみまで読んで、あなたが納得いく退職が出来ればいいと思っています。

退職をする際に気をつけて欲しいことは、転職先も一緒に探す必要があるということです。

初めて転職をする人とかはどのように行動をすればいいか分からない人も多いと思います。

そのような人には【保存版】『介護士の転職基礎』の完全ロードマップ【全部無料です】を活用していただきたいです。

 

先に退職代行に登録したい人は以下のボタンから登録することができます。

 

 

介護士が「退職したい」と思う理由について

 

 

介護士が「退職をしたい」と思う理由は以下のようなことがあります。

介護士が退職したい理由

  • 人間関係のトラブル
  • 給料が低い
  • 忙しすぎる(過労)

この3つの理由について深掘りして解説していきます。

※介護士の転職理由を深く掘り下げた記事がありますのでご活用ください。

介護士が「転職(退職)したい」と考える7つの理由を現場視点で解説「介護士の転職理由」と「転職時の面接の対策」について知りたい人は多いと思います。本記事では転職を機に年収をアップさせてきた僕が日常的に使っているテクニックや考え方について解説しています。良い転職を成功させたい人は記事をご覧ください。...

人間関係のトラブル

 

介護士の退職理由で一番多いのが「人間関係」です。

入居している高齢者やその家族や同僚などと多くの人と関わります。

その関係もあって多くの人が人間関係が上手く行かずに退職を決意する結果になってしまいます。

ボクの以前勤めていた介護施設の同僚の多くが人間関係が悪くなった結果職場を追われてきました。

人間関係が悪化する具体的な出来事としては、以下のようなことが頻繁に起こっています。

  • 職場内でのパワハラ
  • 利用者やその家族からの一方的なクレーム
  • 女性特有の職場で陰湿ないじめがある
  • お局と言われるベテランの存在

介護の仕事をする上で人間関係は非常に大事な要素です。

チームとして仕事をするので、一回人間関係が破綻してしまうと何も上手くいくことはないです。

介護士の人間関係についての解説は別の記事で行っていますので、読んでみてください。

【人間関係】介護職を辞めたくなる具体的な問題と解決策を解説しますこのページでは介護士の人間関係の問題の解説と攻略方法を解説します。記事を読んでより良い働き方ができればいいと思っています。...

 

給料が低い

 

介護士は他職種と比べて収入が低い傾向があります。

介護福祉士の平均年収は『求人ボックス』では303万円になっています。

全国的な平均年収は国税庁の民間給与実態調査によりますと440万円になります。

このことから考えても給料に不満を持って退職を意識する人は多いです。

ボク自身も以前は手取り15万円という低収入で3年間生活してきました。

先ほど書いた同僚との人間関係の問題も収入が低くてストレスが溜まった結果破綻するのではないか?と思っています。

介護士の給料の低さは社会的に問題視されているので、その環境から抜け出したいと思う人がいても仕方ないと思います。

実際にボクの尊敬していた上司が給料の問題で転職してしまった話があります。

そのことを記事にしていますので読んでみてください。

介護士で給料が少ないので他職種に転職した尊敬していた上司を見て感じたこと どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在26歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

忙しすぎてストレスがたまる

 

介護士は非常に忙しい仕事でストレスがたまります。

仕事の形態も不規則なシフト制になっていて、早く出勤したり遅く出勤をしたり夜勤をすることもあります。

その上で介護士の仕事は肉体労働で心身が疲れ切ってしまいます。

また人手不足が常態化しているのでギリギリの状態で現場を回しています。

対人間の仕事なので、自分の意図していない行動を相手がしてくることも日常茶飯事です。

これらの積み重ねでストレスが蓄積してしまうのです。

介護士のストレスに関してまとめた記事もありますので読んでみてください。

介護士はストレスが溜まりやすい環境だと思う理由について解説していきます どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

 

 

介護士の退職の引き止めが酷いことがある

 

 

護士の退職ですがなかなか上手く行かないケースも多いです。

特に介護士不足はどの施設も抱えている問題なので、簡単に退職されたら困ります。

相当強い意志とメンタルが必要です。

もちろん快く退職させてくれる施設もあるのですけど、中には悪質な引き止めを行う施設もありますので留意してください。

 

人手が少ないので手放したくない

 

人手不足が常態化している施設において一人でも退職者を出すことで現場が崩壊することにもつながります。

次の人材を獲得するにも求人を出しても簡単に人が集まらないので、今いる人材に辞められるのは非常に大変なことです。

なのであらゆる手を駆使して阻止をすることになります。

ボクも退職をした時に「今は勘弁して」みたいな事を言われた事がありました。

とは言えこれは施設側も都合であって自分には関係ない事です。

しかしこの引き止めが大きなストレスになるのは事実です。

退職を強引に引き止める介護施設は近いうちに破綻すると断言する理由 どうもたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在26歳で5年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 最初の...

 

脅し、叱責、情に訴えるを駆使して阻止しようとする

 

ボクの場合は少しの引き止めで済んだのですけど中には手段を選ばない施設もあります。

 

  • 「他の施設で働けないようにしてやる」という脅しをかける
  • 「今苦しいのが分かっていてよくこんなことできるな」と叱責する
  • 「どこに行っても通用しない」という
  • 「あなたが辞めたら職員も利用者も困ってしまう」と情に訴え変えようとする

みたいなことは普通にあります。

これらの行為をして退職を思い止まってくれたら施設からしたらラッキーです。

それほど相手は必死なのです。

しかしこれらの口車に乗せられて退職を思い止まってしまったら一生退職することはできなくなります。

そういう施設は存在するべきではないのですけど、人手不足が生んだ悲劇みたいなこともあります。

引き止めに関しては相当の覚悟を持って振り切る事が求められます。

「代わりはいくらでもいる」という介護施設側の発言は見当違いである理由 どうもたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在26歳で5年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 最初の...

 

退職をする人に冷たくする所もある

 

中には退職の意思を伝えた職員に冷たく当たる人もいます。

確かに中の職員からしたら都合の悪い事でしかないので、退職者に恨みを持ってしまうこともあります。

本来は施設が人材を確保できていない事が問題ですが、その方向を退職する職員に逸らそうとします。

実際に退職を伝えてから退職日まで仕事を時間は苦痛です。

退職を言い渡してから次の日から職場にいきたくないと思っても全然不思議ではないです。

また引き継ぎの問題とかもあるので退職前に忙しくなって転職活動に時間をさけなくなるのも多くなネックになります。

 

 

介護士が退職する際に「退職代行」を使って退職すべき理由

 

 

先ほどの退職への引き止めに関しても退職代行を使うことによって避ける事ができます。

簡単に仕事を辞めさせてくれる施設なら必要ないのですけど、退職の労力がかかるような職場では退職代行を利用した方がいいと思います。

具体的な退職代行を介護士が使うべき理由は以下の通りです。

「退職代行」を使って退職するべき理由

  • 強い引き止めを無視して退職する事ができる(時間の節約ができる)
  • 利用して退職できなかった事がほとんどない
  • 損害賠償や懲戒解雇されることがない

それでは掘り下げて解説していきます。

 

強い引き止めを無視して退職する事ができる

 

先ほど書いた人手不足から退職の強烈な引き止めを合う事を避ける事ができます。

自分で直接退職の意を伝えなくても済みますし、その際のトラブルも避ける事ができます。

また相手を納得させる理由を用意するということもないです。

そもそも退職する理由を施設に伝える必要もないですし、それを理由に受け入れないみたいなことはしてはなりません。

しかし退職に関する介護施設からの圧力は強いので、なかなか自分の思う通りに進むことはないです。

退職がいいづらい人やその交渉に関してプロに任せられるのは安心感が大きいです。

退職することに大きな労力や時間を取られてしまうのは時間の無駄です。

その時間や労力を転職に使った方がいいのですけど、悪質な施設はそれをさせまいと妨害してきます。

そういう事を考えれば退職代行を使うことのメリットは大きいと思います。

 

利用して退職できなかった事がほとんどない

 

退職代行を使って退職できなかったという声はないです。

そもそも退職をするという行為自体が労働者の権利なので、基本的に退職できないというのはあり得ないのです。

民法では、雇用の解約・解除について以下のように定められています。

【期間の定めのない雇用契約の場合】

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

(引用:民法 第六百二十七条|e-Gov法令検索

【期間が定められている雇用契約の場合】

当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

(引用:民法 第六百二十八条|e-Gov法令検索

 

派遣などでは、あらかじめ雇用期間が定められている場合でも事情次第で退職する事ができます。

しかし退職できないという声があるということは労働者の権利を侵害している悪質な企業が横行しているのです。

そういう企業はもっと取り締まって欲しいと思っているのですけど、なかなか進みません。

退職代行は違法な経営をしている企業のために生まれたサービスなのです。

 

 

損害賠償や懲戒解雇されることがない

 

退職代行を使って会社を突然辞めることで、「会社から損害賠償を請求されるのでは?」と心配する人もいると思います。

しかし会社から「辞めたら訴える」などと言われていたとしても、退職した従業員に対して損害賠償を請求することは考えにくいです。

理由としては、裁判費用や手間が膨大にかかるからです。

元から資金が少ない介護施設が金銭的なリスクを追って勝てるかわからない裁判に望むことはあまりないです。

なので心配する必要はないと思います。

 

退職代行を使うことへの注意点は?

 

 

退職代行を利用することでスムーズで退職する事ができるのですけど、注意して欲しい点もいくらかあります。

退職代行を使うデメリット

  1. お金がかかる
  2. 介護業界は横のつながりが強いから地方ではオススメできない
  3. 業者選びが大変(質が全然違う)

デメリット①:お金がかかる

 

退職代行を躊躇っている人の多くが「お金がかかる」ということを心配していると思います。

本来はお金をかけずにする退職という行為にお金がかかるということに抵抗を持ってしまうのは仕方ないです。

費用としても3〜5万円かかってしまいますし、それを会社を退職するだけに使うのはどうなのか?と思うこともあるかもしれません。

しかし悪質な施設に長年働いていると損失はもっと上がっていきます。

転職して月収が1万円上がったとしたら5ヶ月働けばペイできるような金額なのでそこまで深く考えなくてもいいのではないか?と思ったりします。

それよりも今の環境から抜け出す事を第一に考えて手段を選ぶ必要はないと思います。

 

デメリット②:介護業界は横のつながりが強いから地方ではオススメできない

 

そもそも地方では退職代行のサポート外になっていることがあります。

また介護業界は横の繋がるが強い関係で次の職場での働き方に関わってくる事があります。

なので他職種や違う地域で働くならいいのですけど、あまり近くの施設に転職をするなら利用するのは躊躇いますね。

退職代行は今の職場から抜け出すという性質だけではなくて、次のキャリアを積むための転職に時間や労力を使うために有効です。

なので次の転職先で困らないように職場選びは大事です。

横のつながりが強い職種や地域ではイメージの悪化してすぐに広がってしまうことがあるので注意が必要です。

 

デメリット③:業者選びが大変(質が全然違う)

 

退職代行と言っても最近はいろんな企業が取り扱うようになって増えてきました。

なのでその中で悪質なもの(料金が高い、本人が訴えられる可能性がある、違法性がある)ものも残念ながら存在します。

情報自体もそこまで多くはないので、選ぶのは大変です。

基本的に大手の会社や大きなバックがついている退職代行は安心だと思います。

そういう意味でも労働組合法人がバックについている【退職代行ガーディアン】 は安心して利用できると思います。

金額も一律で29800円で追加料金なしで良心的です。

 

 

退職代行会社ができること

 

 

退職代行会社が出来ることは以下のことです。

退職代行会社ができる事

  • 会社へ「退職通知」の代行をしてくれる
  • 引継ぎなしで退職する事ができる
  • 会社備品や必要書類を郵送でやりとりしてくれる

利用する前にサービス内容を理解しておきましょうね。

会社への「退職通知」の代行してもらえる

 

退職代行が行うのは、「退職したい」ということをあなたの代わりに通知することです。

自分の代わりに電話をかけて、上司もしくは人事に退職の意思を伝えてくれます。

中には交渉をしてくれないところもありますが、場所によっては交渉してくれるところもあります。

なかなか退職を言い出しにくい人には本当に助かるサービスです。

結構上司が攻撃的な人だったり、退職の意思を伝えたときにキレて話にならないみたいなこともあります。

他の職員が退職するときにトラブルが多いようなところは話ができない人が多いので、第三者に交渉してもらう事をお勧めします。

引き継ぎなしで退職することも可能です

 

さきほどもお伝えしたとおり民法では、退職する場合、会社に申告してから最短2週間で退職できます。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

(引用:民法 第六百二十七条|e-Gov法令検索

 

有給が残っている場合には退職を伝えてすぐ有給消化することもできます。

というのも有給は許可制ではないので、職員の意思で取れます。

そもそも有給に理由を求めたり却下してくる施設は違法です。

退職しない人も覚えて欲しいこととしては有給は与えられるものではなくて自分でとるものです。

【有給休暇】「休みが少ない」と嘆く介護職員に知って欲しいこと どうもたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在26歳で5年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 最初の...

有給がない場合には、通知後2週間の間は欠勤扱いにしてもらい、退職することもできます。

引き継ぎに関してもしなくてもいいですし、退職まで周りの冷たい態度という問題もなくていいです。

頼めばもう職場に行かなくてもいいのです。

 

会社備品や必要書類は郵送でやりとりできます

 

退職代行を使うと、ほとんどの場合その後の会社とのやりとりは郵送になります。

保険証をはじめとする会社の備品をこちらが郵送し、会社からも退職証明書などを送ってもらいます。

その旨も、退職代行業者が会社に伝えてくれます。

はっきり言って拍子抜けするぐらいあっさり退職する事ができます。

本来退職する際に必要な

  • 引継ぎ
  • 周りへの理解
  • 退職に関する面倒臭い送迎会
  • 上司からの心ない言葉
  • 相手に理解してもらうための努力
  • 挨拶回り

というものが無意味になります。

実際に退職代行を使って辞めた人の満足度は高いです。

その浮いた時間や労力を次の転職先を探すことに注力することもできます。

本来は施設側もすぐ退職できるようにするべきです。

本当情けないと感じます。

 

退職代行を選ぶポイント

 

 

退職代行を選ぶポイントとして以下のことは頭に入れておいた方がいいです。

 

退職代行を選ぶポイント

  • 利用料金、営業時間
  • ユーザーからの良い口コミがある
  • どの範囲で頼めるのか?

それでは以下にて解説していきます。

 

利用料金・営業時間

 

退職代行サービスを利用する際にかかる費用は、おおよそ3万〜5万円になります。

サービス会社や利用するプラン、ご自身の雇用形態などによって金額は変わります。

また、営業時間は業者によって異なります。

夜中や早朝に対応をしてもらえる「24時間対応」の業者であります。

明日からもう職場に行きたくない」という切羽詰まった状況になった時に、即座に対応してもらえるので安心です。

できれば料金は安くて営業時間が24時間365日体勢のところを選べたらいいと思います。

良い口コミがある

 

退職代行のサイトに行けば利用者の声を見る事ができます。

その上にGoogleで検索やSNSなどで検索をしてリアルな声を知る事が大事です。

会社側はいくらでも実績を守る事ができるので、ユーザーの声を重視してみた方がいいと思います。

ユーザー対応も会社によって全然違います。

特に最近出てきたサービスなのでその辺は気をつけた方がいいと思います。

 

どの範囲まで任せられるのか?

 

退職をするためには、退職手続きの代行だけではありません。詳しく書いていくと・・・

  • 書類関係のタスク
  • 残りの有給休暇の取得について
  • 社員証や制服の返還

みたいな様々な手続きがあります。

退職代行業者に依頼する際には「退職に関係すること全て」を一括で依頼できるかどうか、確かめておきましょう。

また自分のニーズに合わせて「ここまでやってくれたら」という希望があれば、そのニーズに合致するサービスを見つけたいですよね。

退職代行サービスは【退職代行ガーディアン】がオススメです。

 

世の中にはたくさんの退職代行会社があるのですけど、個人的にお勧めしているのは【退職代行ガーディアン】 です。

主な特徴としては以下の通りです。

 

【退職代行ガーディアン】の特徴

  • 料金が一律29800円という他の退職代行と比べて圧倒的に安い
  • 労働組合法人が監修しているので安心して利用できる
  • 365日24時間対応している
  • 一般企業とは違って交渉まで徹底的にサポートしている
  • ラインで相談対応をしてくれる

とにかく値段が安くて労働組合がバックについているのが素晴らしいです。

結構介護施設では労働組合がないこともあるので、自分を守ってくれる存在がないことも大きいです。

そして得体の知らない会社ではないので、あなたに不利益を与えてこないのが嬉しいです。

以下のボタンから利用する事ができますのでさらに詳細を確認したい人はクリックしてみてください。

 

 

まとめ・・・

 

介護職として働いていると忙しくて心の余裕もなくて退職や転職に目を向ける事ができない事が多いです。

その中で退職の労力を徹底的に抑えられる退職代行はいいサービスだと思います。

介護職は離職が多い職種なので退職代行の利用もどんどん増えてくるのではないか?と思っています。

大事なのは自分が心地よく働ける職場を探す事です。

もうダメだと感じている職場でストレスをかかえながら働き続ける意味はないと思います。

介護士の転職のノウハウに関しては最初に紹介した記事を読めば理解が深まります。

https://www.tantandaisuki.com/%e3%80%90%e4%bf%9d%e5%ad%98%e7%89%88%e3%80%91%e3%80%8e%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e5%a3%ab%e3%81%ae%e8%bb%a2%e8%81%b7%e5%9f%ba%e7%a4%8e%e3%80%8f%e3%81%ae%e5%ae%8c%e5%85%a8%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%9e

それではこれで終わりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。