地方の介護士について

【賃金格差】介護職の給料が地方と都市部で違うのは差別ではないのか?

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

先日以下のようなツイートをしました。

普通に考えたら地方によって最低賃金が違うというのは普通に差別なんじゃないか?という事

背景としてはその地方の財力が影響しているのだけど、結果低い最低賃金を設定すると弱い財力を持つ企業を低い賃金で働かせる事で維持させてしまう貧しい方向に行くから即刻廃止すべきだと思っている

 

今回は上記のツイートについて解説していきたいと思います。

僕自身は「介護士は都市部で働け!」という主張をブログでしているのですけど、これもおかしいな話なんですよね。

地方の賃金が都市部よりも圧倒的に低いから人がいなくなる

 

はっきり言って最近地方の人口が減少しているニュースが出ていますけど、普通に地方の賃金が低すぎる事が原因だと思います。

普通に地方が都市部と同じ給料なら別にお金を稼ぎに東京に行く意味はないですからね。

でも現状は介護士は都市部に行って働いたほうが圧倒的に豊かになれます。

地方の介護士時代と都市の介護士時代では給料が10万円も違う

 

僕自身は地方では手取りが15万円ぐらいだったのですけど、東京で有料老人ホームに勤めていた時は手取り25万円でした。

この10万円って地方側はどう埋めるのでしょうか?

いくら東京が物価が高くて家賃が高いにしても10万円も差がつきません。

逆に僕みたいに月3万5000円のシェアハウスになんか入ってしまったら毎月15万円ぐらいの貯金ができます。

ちなみに格安のシェアハウスは『ゲストハウスバンク』で探す事ができるのでオススメです。

シェアハウスを探している人は『ゲストハウスバンク』が格安で駅近の物件が多くていいぞ どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

この10万円という壁は非常に大きいと思います。

東京の人は地方の人よりも10万円多くのお金を使えるという事ですからね。

時給換算しても地方では時給1000円の案件は少ないけど都市部では1500円の案件は非常に多いです。

介護派遣は都市部では時給1500円派遣で働く事ができる事実を伝えたい どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

この現実を知った介護士は普通に地方で働くのが馬鹿らしくなります。

実際に僕自身も都市部の働き方を知りたかったのと高い賃金を求めて上京しました。

今はネットで稼ぐ事ができるようになって島根に帰ってきましたけど、やっぱり都市部の介護職はいいものでした。

地方はネットで完結する仕事持っている人には最適

 

僕自身は今は島根県という全国で二番目に人口が少ない県に身を置いているのですけど、はっきり言ってこれはネットで稼げるようになったからです。

ネットで稼げなかったら、今でも東京に住んでいました。

しかしどこでも仕事ができるようになって介護の仕事が副業みたいになってしまったので、生活費の低い地方で生活するようになりました。

僕みたいに場所を問わずに仕事ができる人は逆に落ち着いていて生活費の安い地方のほうがいいケースがあります。

しかし労働でお金を稼いでいる人は単純に生活の質も下がるわけでいくら安い物価や家賃でもきついものがあります。

なので最近の地方はフリーランスの聖地みたいになっています。

しかしそれでは人口は減って行く一方です。

雇われの労働のみで地方で自立して生活するのは難しい

 

先ほど書いたように手取り15万円で何ができるの?という話です。

僕自身はあまりものを買わなかったり生活費が10万円も行かないみたいな感じですけど、普通に子供ができたとかを考えると普通にきついと考えてしまいます。

実際に地方にいる介護士の方を見ていると

  • 結婚したけど実家にお世話になっている
  • 一人ぐらいしたいけどお金がもったいない

みたいな人が多かったです。

一人暮らしが正義ではないのですけど、せめて一人暮らしできるぐらいの給料は払ったほうがいいのではないか?と思っております。

結局一人ぐらいしたい人は賃金の高い都市部に流れて地方の人材が不足するようになってきます。

田舎(地方)の介護士は都市部の施設で働いたほうがいい理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

物価・家賃が安いから賃金が安くていいというのはオカシイ

 

よく「地方は物価や家賃が安いから賃金が安いんだ」とか言いますけど、それは関係なと思います。

単に経済力のない企業を低い最低賃金で守っているだけです。

結局その賃金の低さが原因で優秀な人や若者が集まらずにどんどん潰れている企業が多いのも事実です。

最低賃金とか言いながらその最低賃金では生活できないって最低以下です。

家賃が低いのだって人がいないからであって、その人がいないのは賃金が低い企業が多いからです。

結局経済力の弱い企業を生き残らせているから低賃金で働く人が増えてしまいます。

それならそういう企業は全部最低賃金をあげて潰して資本力のある企業を誘致して行けばいいと思います。

今はネットもあるのでいろんな仕事が簡潔化されています。

同じ仕事をしているのに給料が住んでいる場所が違うだけで差があるのは差別ではないか?

 

単純に同じ国に住んで同じ内容の仕事をしているのに給料が違うのは差別ではないか?と思っています。

介護の仕事に関しては地方も都市もすることは変わらないです。

だからこそ同じ仕事をしていると言ってもいいと思います。

そして特養とか老健に関してはそこまで利用料も変わらないわけなので、職員の給料もあげればいいと思うんですよね。

僕自身も「介護士は都市部に行け」と言っていますけど、これもおかしな話です。

都市部に行ったら仕事が難しくなるわけでもないです。

どちらかというと地方の方がお金がない人が利用する事が多くて、その少ないお金の元を取り返そうと理不尽な要求をしてくるのは地方です。

サービス残業や有給の未消化も地方の方が起こりやすいので都市部よりも地方の方が仕事をする難易度が高いと感じています。

ちなみに地方で派遣をするのは悪しき風習から遠ざる意味ではいいですけど、仲間が少なくて派遣に対する理解が薄すぎるのが問題ですね。

地方の介護派遣で気をつけたい事を地方で派遣をしている僕が伝えます どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

現状都市部で夜勤専属するのが一番介護士で儲かると思う

 

いくら差別とは言っても都市部が圧倒的に優っている点は否定できません。

なので今の所は都市部で働いて変化があれば地方に移り住めばいいのではないか?と思っております。

ちなみに今介護職で一番稼げるのは派遣の夜勤専属でうまくすれば手取り30万円は行けます。

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣のメリット・デメリットまとめ!それぞれの特徴を徹底解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい3つの介護転職エージェント

 

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • きらケア介護派遣
  • きらケア介護職

です。これらの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い
 

無料で資格取得公式ページ

「かいご畑」未経験の方には絶対にオススメの介護派遣会社です。

これから資格をとってステップアップしたい方からしたら非常に嬉しいですよね。

詳しく解説した記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
 

きらケア介護派遣

きらケアは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

詳細ページ公式ページ

きらケア介護派遣は資格を取得して「給料あげたいな」という方にオススメの派遣会社です。

時給1700円代の求人を置く取り揃えています。

気になる方は解説記事がありますので良かったら読んでみてください。

【きらケア派遣まとめ】口コミ・評判・感想・メリット・デメリットを解説 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

きらケア介護職

 
こちらのきらケアは正社員になりたい方にオススメの転職サイトです。
 
派遣をしたい方にもオススメですけど、正社員になりたい方にも手厚いコンサルタントの支援を受ける事ができます。
 
 
 
 

 

きらケア介護職の特徴

  • 経験豊富なコンサルタント
  • 介護業界を熟知している人が多い
  • 各施設との信頼感が厚い
  • 良い案件を沢山紹介できる
  • 介護士の気持ちを理解してくれる
 
 
 
 
 
資格を取得して「正社員で働きたいな」と思う方にオススメの転職エージェントです。
 
 
とにかく高い給料の案件を多くありますのでオススメです。
 
 
気になる方は解説記事を読んでみてください。

 

【正社員】『きらケア介護求人』の口コミや評判などを徹底的に解説していきます。 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

オススメ介護派遣会社に関してのランキングの記事もありますので良かった一緒にどうぞ。

【2019年】現役介護士がオススメする介護派遣会社ランキング|人気大手会社の人材派遣会社の口コミ評判|高時給・お得なサービスも紹介します 「介護の派遣会社が多くてどこに登録していいかわからない・・・」そんな介護士の方は多いように思えます。 実際に国内に介護派遣求人を取...

この記事のまとめ

 

この記事のまとめ

・現状介護士は都市部に行った方がいい

・地方の介護士の給料は自立できないもの

・本来は地域によって賃金は違うのは差別じゃないのか?

・経済力の弱い施設を性賃金で甘やかす意味はないのではないのか?

労働環境や風習などは職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

こちらの記事もおすすめ!