介護士の人間関係

介護職の新人が困ってしまう「先輩介護士によって指導がバラバラ」という事について

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからかいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

先日、以下のようなツイートをしました。

先輩によって指導がバラバラ問題に新人介護士が困っているという声をよく聞きます。

そこで大事なのが

・自分のメンターを見つける
・メンター以外の先輩のいう事を鵜呑みにしない
・そのメンターがいないと感じたら他の職場に転職する

ということです。

職員の業務の統一ができていない証です。

 

上記のツイートを掘り下げつつ『上司によって言っていることが違う問題』について解説していきたいと思います。

多くの介護士が自分なりの方法論を持っている

 

僕も介護施設に未経験・無資格で就職して先輩介護士の指導に対して疑問に感じたことはあります。

  • Aさんは2人介助で移乗と言ったのにBさんは「1人でできるから1人でいいよ」と言い
  • 経験が多い人ほど職場内で決めたケアの統一を拒否する
  • 自己流のやり方が絶対的に正しいと思っている上司

などなど人によってケアが違って介護を始めたては右も左も分からないのに何を学んだ方がいいか分からないという状況に陥ってしまいます。

もちろん経験に基づいて自分なりの介護技術や考えを養っているのはわかるのですけどこっちからしたら「万人ウケするケアを教えて欲しい」と思うわけなんですよ。

自己流のやり方を覚えてもその施設以外で使い物にならないことも多いですからね。

特に新人の場合はよく分からずに混乱することがあるので指導をする介護士は限定させた方がいいと思っています。

「人によってやり方が違うからね」と指導をする施設が多い

 

中には指導の際に「私のやり方を鵜呑みにしないでね。人によってやり方違うからその時に臨機応変に合わせてね」みたいなことを言う介護職員もいます。

その臨機応変が難しくて悩んでいて、何が正しいか分からないまま仕事をする苦痛を感じたことないのか?と思ってしまいます。

人によってやり方が違うって介護施設からしたら情報や技術の共有が上手く行っていない証ですし、そんな施設で新人を受け入れるってどんな神経をしているのでしょうか?

それって「うちでは正しい指導ができません」って言っているようなものです。

そんな施設で誰が新人として働きたいのでしょうか?

それならせめて「うちの施設ではこうしている」と言う風に施設での決め事や多くの職員がやっている事を伝えるべきです。

自分だけの方法とか教えられても何も知らない人からしたら混乱するだけなのでその施設で働くにあたって必要な知識や技術を教えるべきではないでしょうか?

 

誰が正しいかよく分からなくなった時にして欲しいこと

 

上記した施設が結構多いと数多くの施設に行って新しく学ぶ機会がある僕は感じていますがどうやって対処しているのかと言うと

 

  • メンターを見つけてその人から学べるように掛け合う
  • メンター以外の上司の言う事を鵜呑みにしない
  • メンター候補がいないと感じた時は転職を検討する

ということです。

上記の3つの方法論に関して以下より解説していきます。

メンターを見つけその人から学ぶ

 

僕はとにかく「誰から学ぶのか?」ということがとても重要だと思います。

  • 未経験
  • 無資格
  • 年齢が若い

みたいな人は吸収力もあって体力もあるわけだから就く指導者によって化けるか化けないかが大きく変わってくるのです。

だからこそ自分で「この先輩すごい!」という人を参考にしたり積極的に教えてもらった方がいいと思っています。

僕自身の場合は施設の教育体制がしっかりしていたので

  • 最初の期間は就く職員を固定する
  • 毎月メンターと面談する
  • チェックリストを活用する

みたいな感じで自分から働きかけなくてもメンターになる職員がいたのでそこまで苦労をすることはなかったのです。

しかしシフトの余裕がない施設はその日にいる職員に代わる代わるメンターをさせるみたいなところがあります。

そういうところでは自分で信じるメンターを決めてそれ以外の人の自己流を聞かないようにするのも大事です。

メンター以外の上司が言う事を鵜呑みにしない

 

僕の場合はその施設で優秀な人材を見つけて教えを請うようになったら他の職員の自己流の話は結構無視します。

その自己流を覚えてしまったことによって将来業務に支障が出てきても困ります。

周りから優秀だと思われている介護士に教わってある程度のことが身につけば、将来に業務に支障が出ることは少ないように感じます。

最初は自己流は難しいです。

人によって言っていることが違う場合は自分が思う優秀な人の言うことしか信用しないスタイルでいいと思います。

 

メンターにするべき人がいない場合は転職を検討する

 

信用できると感じた介護士が少ない場合はその環境のレベルが異様に低い可能性が考えられます。

残念ながら多くの施設を渡り歩いてきて、「人を育てることができない施設」というものにも多く遭遇してきました。

  • 教育のシステムがなっていない
  • そもそも職員の教育が整っていないから教えられない
  • 外部研修が少ない

みたいなところは職員のレベルが異様に低くて新人を雇うに値しない施設です。

そういう施設に長くいても時間の無駄になってしまいますので、転職を検討した方がいいです。

介護士で技術やスキルを身につけたい人は転職サイトでプロの目線で選んでもらうべき

 

そもそも何ですけど、これから介護士を始めたい人は「いかにやばい施設を踏まないか?」ということが非常に重要になってきます。

レベルの低い施設を踏んでしまうと介護士としてのスキルや経験を積むことができなくなるのでそのときは転職をした方がいいと思います。

そしてその時に大事なのが「プロの手を借りる」と言うことです。

  • ハローワークで見つけた
  • 人の紹介で始めた
  • 求人誌をみた

というのが動機で介護を始める人もいますけど、それはあまりお勧めできません。

そうなると内部の情報をわからないまま入社してしまう羽目になってしまうので悪い施設に当たってしまう可能性もあります。

だからこそ転職のプロである求人サイトのコンサルを第三者として置いて良い施設を客観的に判断してもらった方がいいと思います。

転職をして福利厚生や収入を上げて自由時間を増やしていこう

 

介護職は比較的低賃金で整っていない福利厚生で働いている人が多いのですけど、中にはしっかりした給料と福利厚生がある施設も存在します。

なのでそういう施設に行き着くまで転職を重ねる事をオススメします。

「転職を何回もすると履歴書に傷がつく」という声があるのですけど、その時は派遣を使っていろんな施設で働いてみるのがいいと思います。

中の職員に年収や福利厚生の事を聞いて「ここいいな」と思ったら派遣会社に「ここで正社員で働きたい」

僕自身派遣として働いているのですけど、同じ施設で働くことは意味がないと思っています。

その分変化がないということですし、収入を上げたり労働環境をよくしたい時に同じところで働き続けても仕方ないです。

特に介護士は人手不足なので転職前提でキャリアを立てたほうがいいです。

僕自身は派遣でいろんな施設を巡りながら多くの事を学んで生かしていきたいと思います。

僕のしている派遣のメリットは以下の通りです。

 

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣のメリット・デメリットについて現役派遣介護士が解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい3つの介護転職エージェント

 

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • マイナビ介護職
  • きらケア介護派遣

です。これらの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い

「かいご畑」未経験の方には絶対にオススメの介護派遣会社です。

これから資格をとってステップアップしたい方からしたら非常に嬉しいですよね。

詳しく解説した記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

マイナビ介護職

マイナビは転職の王道中の王道。
 
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
転職に安定性を求めたい人はぜひ登録してみてください。
 
 
 
 
 
マイナビ介護職の特徴

  1. 大手で非常に安心できる
  2. キャリアカウンセリングが非常にありがたい
  3. 大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 非公開求人が非常に多い
  5. 介護施設側の信頼が絶大

大手の安心感が欲しい人は「マイナビ介護職」がオススメです。

「マイナビ介護職」について詳しく知りたい方は別の記事で解説していますのでもし良かったら読んで見てください。

【転職】大手マイナビ介護職の評判・口コミをまとめました どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

 

 

きらケア介護派遣

 
きらケアは転職の王道中の王道。

 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

きらケア介護派遣は資格を取得して「給料あげたいな」という方にオススメの派遣会社です。

時給1700円代の求人を置く取り揃えています。

気になる方は解説記事がありますので良かったら読んでみてください。

【きらケア介護派遣】口コミ・評判・メリットを現役介護士が解説する介護派遣で比較的に評判の良いきらケア派遣の良いところだけではなくて、悪い口コミや評判やメリットやデメリットに関して現役介護士がリアルな視点で徹底的に解説していきたいと思っています。...
 

オススメ介護派遣会社に関してのランキングの記事もありますので良かった一緒にどうぞ。

【2019年】現役介護士がオススメする介護派遣会社ランキング|人気大手会社の人材派遣会社の口コミ評判|高時給・お得なサービスも紹介します 「介護の派遣会社が多くてどこに登録していいかわからない・・・」そんな介護士の方は多いように思えます。 実際に国内に介護派遣求人を取...

結論:まずはメンターを探してその人の介護を参考にするところから始めよう。

 

この記事のまとめ

  • ケアの統一ができていない施設は職員によって指導内容が変わる
  • そういう場合にはメンターを作ってその人の言うことだけを信じる
  • 良いメンターがいないと思える質の低い施設は転職することをオススメする
  • 最初の施設はめっちゃ重要!!

新人特有の悩みではあるのですけど、この悩みは施設が良いケアと教育が出来ていれば怒らない問題でもあります。

なので最初の施設が本当に大事で、その施設を選ぶためには第三者のプロの目線が必要だと考えます。

そう言う意味で

  • 資格取得支援制度
  • 多くの新人介護士をコンサル

してきたかいご畑 は非常にお勧めです。

資格が無料で取れるのは本当にありがたいですよね。

とは言え大人気のサービスなのでいつ終了するか分からないので、早めに登録して利用してみることをお勧めします。

 

正社員として働きたい介護職の人は「マイナビ介護職 」をお勧めします。

 

マイナビ介護職に無料登録

こちらの記事もおすすめ!