介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します
介護士の副業について

【副業】年収300万円以下のオワコン介護士ができる収入アップ方法

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し現在は介護派遣にて有料老人ホームで夜勤を月に8~10回する生活を送っています。

現在は島根に帰省して大手のマイナビ介護職で継続して夜勤専属として働いています。

収入は落ちてしまいましたが、副業の存在もあって全然生活を成り立たせる事ができています。

マイナビ介護職公式ページ

 

今回は年収300万円以下の介護士はどのようにして収入を上げていけばいいのか?と言うことについて書いていきます。

年収300万円以下で何もしない介護士はやばい

 

 
月に25万円を貰えばボーナスなしで年収が300万円になるのですけど、この水準の給料をもらっている介護士ってどれくらいいるのでしょうか?
 
 
以前勤めていた特養で年収300万円クラスの介護士さんは数える程しかいなかったです。
 
 
僕の場合は毎月の給料が20万円を切っていました。
 
 
それにボーナスを加えたとしても300万円はいかなかったです。
 
 
さすがにそれではいけないと思って僕は上京をして働き方や生活を大幅に見直しました。
 
 
そうしたら毎月の収入は40万円を超え、貯金も余裕でできるようになりました。
 
 
こんな事を言うのは失礼かもしれないですけど、年収300万円以下なのに何も収入を上げる努力をしていない介護士は普通にやばいと思っています。
 
 

普通に200万円台でも生活はできるかもしれないですけど、その額じゃできる事は限られてくると思います。

そこから税金や生活をするための固定費が引かれたらあなたが自由に使えるお金ってどれくらいになるのでしょうか?

ある程度自分で楽しくお金を使うためにも稼ぐ必要はあると思います。

介護士という仕事柄稼ぐという感覚で仕事をしている人は少ないかもしれないです。

でも収入を上げる為にいろいろ考えたり、行動を起こしたりしない限りは今のままです。

最初は年収300万円はどういう額なのか?という事を書いていきます。

年収300万円は時給1500円で働いても達成できない額

都内の派遣での介護士は時給1500円という比較的に高額な部類に入って他の地方の介護士と比べても多い額だと思います。

介護派遣は都市部では時給1500円派遣で働く事ができる事実を伝えたいどうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

しかしよくよく考えてみると

1500×8×20×12=288万円

と一般的に普通と言われている300万円をいくことすらできていません。

ちなみにほとんどの常勤で働いている介護士はこれより少ない給料をもらって生活しています。

介護士からして多いと思われている時給1500円ってそんなもんなんです。

でも常勤の場合は残業とボーナスでこの額を突破することはありますけど、時給換算したら最低時給並みになってしまいます。

給料がたくさん貰えたとしてもたくさんの時間を犠牲にする働きをしてやっと世間的に普通と言われてる収入になるのはどうかと思っています。

年収300万円を越えるための手段

 

いかに自分の時給をあげて少ない時間や労力で300万円を突破してくか?について考えていくべきです。

僕自身も時給1500円で働いているのですけど、夜勤という仕事をこなしているので全然年収300万円を突破する事ができています。それに加えて副業も機能しているのでさらに上乗せする事ができると思っています。

以下の項目から

  • 夜勤
  • 副業

を駆使する事について書いていきたいと思っています。

夜勤専従をして給料を伸ばしていこう

僕の場合は1回3万円ぐらいの夜勤を月に8〜10回しています。

以前は11回入っていたので月に33万円あったのですけど、最近は仕事の量を減らしたいとのことで月に8回(週休3日)という形で働いています。

夜勤の仕事内容について知りたい方は別の記事がありますので参考にして見てください。

介護夜勤の仕事内容・メリット・デメリットを夜勤専従介護士が徹底解析しますどうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。 ...

夜勤の場合は日勤と比べて夜勤手当というもんがあって時給にプラスしてこの手当が入ってきます。

基本的に夜勤手当含めて一回の夜勤で27000~30000円の収入を得る事ができます。

年収300万円は月に25万円を得る事ができれば達成できる額なので月に10回勤務をすれば達成する事ができます。

夜勤の単価が高ければ高いほど達成するために必要な出勤回数が違いますのでできるだけ高い単価の仕事を選んだほうがいいです。

もちろん夜勤専従ではなくて日勤をメインにして月に数回夜勤を入るような生活をしていれば年収300万円を越える事ができます(時給1500円の場合)

なので介護の仕事のみで年収300万円を越えるために大事なのは

  • 時給が1500円の案件を探す
  • 夜勤を数回入れる

ということです。

ちなみに正社員の場合は自分で働き方を制限できないために残業を多くしたら突破するかもしれません。

時給換算したら低いのでボーナスや残業をして時間を使う事で多くの給料を得る事ができると思っています。

個人的にはそれは次に記述する副業の妨げになると思ってあえて派遣を選択してできる範囲で介護の仕事を減らすようにしています。

副業をして年収を底上げしていこう

 

僕の場合は副業としてブログアフィリエイトで当サイトを運営して本業と同じぐらいの収益を得る事ができています。

以前から書いてはいましたけど、夜勤専属をして出勤回数少なくして自由時間を作る事ができた為本腰を入れる事ができました。

今では立派な収入源の一つで、僕の年収を底上げしてくれます。

と言っても僕は月に10万円あれば生活する事ができる(今では島根で彼女と同棲している為月5万で生活できる)ので基本的に副業の収入や本業の収入の半分ぐらいは貯金や投資信託に回っています。

副業に関してはまとまった時間がないとなかなか始めたり収入を得る仕組みを作る事ができないので、労働時間を減らすようにした方がいいです。

本業でフルで入りながら副業するのは流石にきついですし、さらに自分を追い込む結果になるので本業を削ってその時間を副業に当てるのがいいと思っています。

もちろん頑張れば必ず収入が上がるようなものではないですけど、本業と並行してその知識を生かした副業なら最短時間で結果を出す事が可能だと思っています。

ちなみに副業の選択に関しては

  • 自分の本業に近いもの
  • 自分の得意分野
  • 自分の好きな事

という感じにストレスなく続けていけるものを選んだ方がいいと思っています。

僕の場合は文章を書いて表現する事が好きだったので、ブログアフィリエントという形の副業をしています。

どちらかというと副業の方が頑張れば頑張るほど成果が出るので一つのゲームとして楽しむ事ができています。

介護士は他の業種より収入が低いのですけど、工夫次第で全然稼げます。

そう言った意味でも少し介護士はお金に執着していいと思っています。

収入を上げたい介護士は副業にチャレンジしてみてはいかがですか?どうも介護士のたんたん(@tantan4423)です。 現在は派遣にて夜勤専属という働き方をして生活をしています。 しかし介護士の給...

副業はこれからの時代必須なので、副業をする時間を作れる派遣はマストな選択

 

しかしなかなか無経験でそこそこの給料をもらうのも大変だと思いますし、介護士なら都市部で働けば確実に時給1500円で働くことができます。

派遣として働けばその余った時間を使って副業で収入を上げる事だって出来ます。

この事実を多くの介護士に知っていただければ介護士も増えていくと思います。

いくら頑張って働いたところで給料の水準が低い介護士で300万円以上の年収を狙うのは時間と労力がかかり過ぎてしまいます。

だからこそ頑張れば頑張るほど還元しやすいサイドビジネスを始めることによって隙間時間を使って本業と同じぐらいの収入に持って行く事は十分に可能だと思います。

僕が掛け持ちを進めないのは1時間働いたら1500円もらって終わるみたいな働き方だけをしていると自分の体が思うように動かなくなったりした時に大きなリスクになるからです。

だからこそリスクの分散の意味でも時間給ではない収入源を作る事は大切だと思います。その為のアフィリエイトはいいのではないか?と思ったりしています。

副業をしたい介護士は派遣で働くのがベストだと思う

 

介護士という仕事が好きでまだ続けたい人は働きやすい環境で働くことが大事です。

実際に介護業回は人手不足ではあるのでどこの園も喉から手が出るほど欲しいです。

そうなってくると派遣という働き方がとても美味しくなります。

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

委託している人に不利益を被る形になるので介護施設もあまり強気に出る事ができません。

実際に介護士の派遣をしている人ってそこまで多くなくてなかなか派遣という文化が薄いので理解してくれないところはあります。

しかし派遣会社に雇われているので自分のことを守ってくれます。

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します

僕自身も保育士をしている時に派遣として働いていたら介護士という仕事をせずに保育士で働き続けていたかもしれないです。

次から現役介護士がオススメする派遣会社や転職サイトを紹介していきます。

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい2つの介護派遣会社

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • きらケア介護派遣

です。これら二つの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い
 

無料で資格取得公式ページ

 

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
 

きらケア介護派遣

きらケアは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

詳細ページ公式ページ

現役介護士が「きらケア派遣」の口コミ・評判・感想からメリット・デメリットを徹底解析します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

マイネビ介護職
マイナビは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

マイナビ介護職の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい

詳細ページ公式ページ

 

介護士は自分の置かれている立ち場について考え直す必要がある

 

介護士が他職種に比べて低収入であることを介護士自身が考える必要があります。

300万円を超えない収入で結婚をして子供を作って楽しい生活をしていく自身がありますか?

もちろん出来ないことは無いかもしれないですけど、やっぱりお金が無い事によって大切な人に不便な思いをさせたく無いという思いが強いと思います。

なので自分で現状への不満に対して何かしらのアクションを起こす必要があると思います。

国や他人のせいにしても自分の生活は変わりません。

そのためには思考停止て正社員で働くだけ働いて他に何もしないという状態からの抜け出して個人で稼げるスキルを磨いていくことが大事だと思います。

こちらの記事もおすすめ!