男性介護士について

【介護職】子持ち職員と独身職員との対立が激しい理由を解説します

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

先日以下のようなツイートをしました。

「子持ちがたくさん働いています」を売りにしていて

一見子持ちに優しい職場っていい職場だと思われがち

実際の中身は子持ちばかりの中で独身・子無しからの搾取で成り立っているだけ

それですぐ辞めるから結果的に子持ちだらけに

子持ちにだけ優しくてそのしわ寄せが子無しに来ているだけ

上記のツイートを深掘りしつつ、介護職員の子持ちと独身との対立について解説していきたいと思います。

介護士は比較的女性に優しい職場になっている

 

男性介護士が増えたとは言え、介護士は女性の比率がまだ過半数を占めていることから介護士は女性からしたらとても働きやすい職場であると言えます。

産休・育児休暇の充実

多くの企業が育児休暇や産休があるのですけど、女性の多い介護職は

  • 女性の経営者
  • 女性の管理職
  • 女性の上司

が多いので、そういった部分に関して非常に理解があるので、本当心強いと思います。

中にはギリギリまで力仕事をさせたり夜勤をさせるような不届きな施設がありますけど、だいたいはしっかり配慮したシフトを組んでくれます。

出産は女性の人生において非常に重要なイベントでもあるのでしっかり望める環境を整えてくれるのは有り難いですよね。

それが男性が多い職場だと女性の気持ちがわからずに無理をさせてしまうことが多いので、そう言う点では介護士は女性に優しい職場であると思います。

シフト制なので時間の融通が効きやすい

 

子供がいる方や出産を控えた方は

  • 子供の送り迎えがあるので日勤がいい
  • 夜勤は家を空けるので出来ない
  • 急な病気で休みが必要

というように普通に不規則な働き方が出来なくなります。

普通ならそういう方は、仕事を辞めないといけなくなると言う問題が発生しますが、介護職の場合はシフトの調整によって働けるような配慮をしてくれます。

僕の周りでは

  • 夜勤を外してもらった
  • 早番のみの勤務にしてもらった
  • 時短勤務にしてもらった

ということがあります。

ここはシフト制の仕事である介護職の強いところではないでしょうか?

逆に独身や子なし社員へのシワ寄せがきている事実も

 

しわ寄せとか書いてしまうと申し訳ないですけど、その子持ちの方がそのライフスタイルに合わせてもらっている一方でその埋め合わせをする人間がいるのも事実です。

  • 夜勤の回数が増える(僕の場合は嬉しいが)
  • 連勤が続く職員が出てくる
  • 休日出勤する職員が出てくる
  • 業務の負担量が上がる

本当なら豊富な人材を確保してしっかり穴埋めができればいいのですけど、他の職員の負担量を増やすことで解決しようとしてるのが非常に残念です。

そういうと「それぐらい子供を育てていない人なら当然じゃない?」とか思う人はいるかと思います。

しかし仕事って子育てしているとかしていないとか関係ないんですよね。

あくまで労働者である僕たちは経営側からしたら子持ち独身関係なく休むことなく働いてくれることを求めているワケですし。

子育てをしている職員を受け入れることで国や市町村から補助金の増額があって、そうじゃない職員に還元できればいいのですけど。

単に子供を持っていない介護士が負担だけ増えてなんの旨味もないというのはどうなのか?と独身ながら考えています。

負担の増えた介護職が離職することも考えられる

 

負担が増えた介護職が離職をすると言うことは普通にあるので、子持ちに優しいだけではなくそうじゃない職員にも手厚い補償をすべきだと思います。

  • 休日出勤させられる
  • 急なシフトの変更がある
  • 業務の負担が上がる
  • 休むことが認められない

みたいなことが続くと「ここで仕事する意味なくない?」と思ってしまうのは当然かと思います。

みんなその職場にいるのは自分にとって得だからいるのであって、その旨味がなくなったら転職するのは当然です。

そのような職員が増えていけば、職場の維持は難しくなってきます。

実際に独身の職員は使い勝手がいいですし、そのような職員が減ることは施設からしたらとても痛手なんですよね。

そして職員が辞めればその分負担がさらに増してさらに人が辞めていく・・・

結局子持ちの方だけが働きやすい職場であることが問題なんだと感じています。

「子持ちが悪い」とかではなく、問題をカバーできない施設にも大きな問題はある

 

普通に考えたら、子持ちの職員に手厚い待遇をする際にそうじゃない職員の負担が増えると考えるのは普通なのではないでしょうか?

その負担が増えれば離職が進むのも当然ですから。

そしてその問題がわかっておきながら何も手を打たずに「そういうものだから」で押し通してしまう施設はどうなんだろうか?と考えます。

独身側からしたら自分に何もメリットのないことを受け入れる意味がないだろうし、それなら「女性の少ない職場で働こう」となるのは結構合理的な判断な気もします。

だからこそ子供がない職員への待遇も一緒に上げるべきなんじゃないでしょうか?

  • 子供を持っている人が休んでも大丈夫なぐらい普段から多くの職員を配置できる人材の確保
  • 休日出勤や業務が増えたらその分手当を加算する
  • 有給が取れるように細心の注意を働く

これぐらいしないと女性を多く雇っている施設ほどどんどん不利になっていきます。

「子持ちに働きやすい職場」というものが「子供を持っていないと理不尽なことが起きる職場」と同時に存在するシステムこそが悪いのだと感じています。

 

今の職場が子供がいない人に不遇なら転職を考えた方がいい

 

個人的には自分に旨味がない施設はすぐ退職していいと考えています。

子育て家族を助けるという施設の考えは素晴らしいですけど、それにわざわざ付き合う必要はないんですよね。

結局何かをしようとすると犠牲はつきものですけど、それを受け入れて働く意味はないと思います。

ちなみに僕は今現在派遣で働いていてやけに男性や子供がいない人に不遇な施設があればすぐ他に移るようにしています。

それ以外にも派遣だと大きなメリットを享受することが可能です。

 

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

委託している人に不利益を被る形になるので介護施設もあまり強気に出る事ができません。

実際に介護士の派遣をしている人ってそこまで多くなくてなかなか派遣という文化が薄いので理解してくれないところはあります。

しかし派遣会社に雇われているので自分のことを守ってくれます。

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣のメリット・デメリットまとめ!それぞれの特徴を徹底解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい3つの介護派遣会社

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • きらケア介護派遣
  • きらケア介護職

です。これらの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い
 

無料で資格取得公式ページ

 

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
 

きらケア介護派遣

きらケアは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

詳細ページ公式ページ

【きらケア派遣まとめ】口コミ・評判・感想・メリット・デメリットを解説 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

きらケア介護職

 
こちらのきらケアは正社員になりたい方にオススメの転職サイトです。
 
派遣をしたい方にもオススメですけど、正社員になりたい方にも手厚いコンサルタントの支援を受ける事ができます。
 
 
 
 

 

きらケア介護職の特徴

  • 経験豊富なコンサルタント
  • 介護業界を熟知している人が多い
  • 各施設との信頼感が厚い
  • 良い案件を沢山紹介できる
  • 介護士の気持ちを理解してくれる
 
 

 

【正社員】『きらケア介護求人』の口コミや評判などを徹底的に解説していきます。 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

結論:子なし職員への優遇も同時に進めるべき

 

この記事では「子持ちの職員が悪い」とか「子持ちを優遇するな」みたいなものではなく、待遇の面で差を作るのはどうなのか?と言う問題提起です。

このままだと、子供がない人材を集めた施設に人が流れてしまって良いことをしているはずの施設が追い込まれてしまいます。

特別扱いをせずにその穴を埋めている職員にもしっかり待遇を上げいていくことが重要ではないでしょうか?

職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

こちらの記事もおすすめ!