介護士の悩みの解決

【介護士必見】職員同士の飲み会が嫌で行きたくない人がするべきこと

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

先日以下のようなツイートをしました。

多くの若い人が社会人になる懸念である
▶︎飲み会
▶︎残業
▶︎満員電車

とかって

▶︎働く場所
▶︎業種
▶︎強い意志

があれば回避可能です。

この地獄にハマるのは自分の頭で考えずになんとなくて職場を選んで他人に流されやすいだけですからね。

上記のツイートを掘り下げつつ、『飲み会の費用対効果の低さ』について解説していきたいと思います。
 
 

飲み会は避けて通れないのか?

 

施設での大きなイベント(夏祭り・敬老会など)が終わると必ずと言って飲み会が発生しています。

それに加えて新年会、忘年会、歓迎会と名前を変えて多くの飲み会が発生しています。

お酒飲めずにそこまで職場の人と深く関わりたくない僕は社会人になってから際最初の数回の飲み会に参加したきり意味ないと悟って一回も参加していません。

実際に多くの人が参加したくないけど参加せざるを得ないみたいな人がいますけど、今回この記事で説明することを実践すれば嫌な飲み会から解放されます。

はっきり言ってこれらのイベントは環境と自分自身の意志の力によって簡単に変えることができます。

 

飲み会が無駄であると考える理由

飲み会のよくないところって

  • 大切な時間を拘束される
  • 安くないお金が出費される
  • お金と時間を使うのに接待する
  • 人が多い

ということじゃないですか?

これらのことを少し掘り下げて書いて行きます。

大切なお金と時間を使ってすることではない

 

職場の人の交流なら飲み会じゃなくてもできますし、お酒を飲んで冷静な物事の判断ができない人に何かを得ようという考え自体が間違っています。

その人たちと楽しい時間を過ごしたいならいいかもしれないですけど、その人たちが接待を求めてきている時点で破綻しています。

そうじゃない飲み会も多いとは思いますけど、職場内の関係をそのまま飲み会に持っていこうとする人がいた時点でその飲み会は破綻しています。

そこから得るものといえば「もう二度と飲み会は行かない方がいい」というものです。

飲み会は自分が一緒にいたいメンバーを誘った方がいいです。

誘われてももし気に入らない人やつまらない人がいた時点で断ったほうがいいです。

少し厳しい基準かもしれないですけど、大切な時間とお金を使っているのでそれぐらいしていいと思います。

「お金にこだわる介護士はダメ」という間違った認識を無くさないと介護業界は一向に良くならない理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

もちろん大好きで尊敬する人やいろんな事を学びたいと思えるような人が参加する飲み会ならいいかもしれないですけど、それなら個別に誘えばいいと思います。

基本その場にいない職員の悪口のオンパレード

 

介護士はストレスを大きく抱えながら働いている職業です。

そういう人と深く関わりたくないという完全に偏見なのですけど、後日参加した職員から個別に話を聞くと参加していない人の悪口です。

飲み会をストレスの発散にしているので、悪口が出てくるのも分かります。

上にも述べたように大切な時間をお金を使って人の悪口を聞くなんて流石にもったいないと僕は思います。

人の悪口を聞いたところで僕は頷くことしかできないし、逆に「こういう場で悪口とかやめましょう」とか言ってトラブルになるのは必至です。

なので参加しない方が精神的に穏やかになりますし、いいと思います。その時間を使って自分に有意義なことに使ったらいいと思います。

会社関係の飲み会を避けるための環境作り

 

飲み会に参加しないという事は自分で「参加しない」という強い意志を持っていれば大丈夫ではありますけど、なかなかそうはいかないことが多いです。

他の職員と近すぎない距離で関わる

 

仕事はあくまでお金を稼ぐ手段であるのでそこの人と一緒に馴れ合いをする必要もないと思います。

社畜の介護士が「給料は安いけど仕事が楽しいからいい」と考えてしまう理由 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

馴れ合いのせいでせっかく稼いだお金が無くなってしまうのは意味がないと思います。

なので自分の稼いだお金を奪われないためにも同僚同士と仲良くしすぎない事は大事だと思っています。

実際に人間関係が近すぎるとトラブルが起きやすいところもあります。

チームとして仕事をしているのでやるべき事はするべきですが、そのために行きたくない飲み会に参加する必要はないです。

それで何かを言ってくる人がいれば、その人自身がチームの輪を乱そうとしているだけであって行かない事は何も悪いことではないです。

だからこそそう言うトラブルにならないためにも距離感を大事にしていきたいですね。

何回か断り続けていれば誘われなくなる

 

僕の場合は正社員で働いている時もとにかく同僚からの誘いは全部断っていました。

最初の方は断るこっちも心が痛かったですけど続けていると、周りもだんだん「この人に言ってもしょうがない」と思われるようになりました。

ここまでくれば飲み会に誘われることもなくストレスフリーで働くことができます。

この方法を説明すると社会不適合者みたいに思われるかもしれないです。

しかし別に飲み会ぐらいを断ったぐらいでその人を低く評価することがいかに合理的ではない事はわかると思います。

もちろん断り方もあります。相手に刺激を与えないように断る技術は必要です。

別に付き合いの悪い人でいいと思います。それぐらいの覚悟は必要です。みんなに好かれつつ自分のしたいようにする事は不可能です。

なので自分の意志を貫いて失っていたはずの時間とお金を取り戻すべきだと思います。別に奪われてはいないですけど。

 

派遣として働く

 

派遣として働くことによって雇用体系が違うので施設の人から飲み会に誘われることがぐっと減ります。

正社員だと嫌でも毎日顔を合わせないといけないですし、しょうがなく参加せざるを得ないということが多いです。

そういうのが好きな人からしたらいいかもしれないですけど飲み会は時給が発生しません。

本当に目の前にいる職場の人とプライベートでも遊びたいんですか?

僕はそう思わなかったので他の施設と少し距離を置いて関わりたいと思うようになりました。

派遣なら強制的な飲み会のイベントはないですし、断って何か言われた時は派遣会社に報告して注意してもらえばいいです。

会社のめんどくさいことを避けたいと思う人は派遣として働くことが最適解だと思っています。

以下の項目からは現役介護の僕がオススメする派遣会社について書いていますので、参考にしてみてください。

飲み会を回避するために派遣になることは有効な策である

 

僕自身も派遣として働いているのですけど、飲み会に参加することは一回もありません。

結構周りの職員が気を使って誘ってくれなかったりするのでそれがありがたかったりするんですよね。

それ以外でも派遣という働き方は都合のいい事が多いです。

派遣として働くメリットをまとめると・・・

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

委託している人に不利益を被る形になるので介護施設もあまり強気に出る事ができません。

実際に介護士の派遣をしている人ってそこまで多くなくてなかなか派遣という文化が薄いので理解してくれないところはあります。

しかし派遣会社に雇われているので自分のことを守ってくれます。

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します

次から現役介護士がオススメする派遣会社や転職サイトを紹介していきます。

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい2つの介護派遣会社

 

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • きらケア介護派遣

です。これら二つの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い
 

無料で資格取得公式ページ

 

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
 

きらケア介護派遣

きらケアは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

詳細ページ公式ページ

【きらケア派遣まとめ】口コミ・評判・感想・メリット・デメリットを解説 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
マイネビ介護職
マイナビは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。
 
 

 

マイナビ介護職の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい

詳細ページ公式ページ

まとめ

いかがだったでしょうか?さいごにまとめると・・・

飲み会に参加したくない人がするべきこと

  • 職員と仲良くしすぎないよう意識する
  • 誘いを断りまくって「誘っても来ない人」という思ってもらう
  • 派遣として働く

という感じになります。

僕自身もこれらのことをしてから職場の人から飲み会に誘われることがなくなりました。

飲み会は時間もお金も取られるのに楽しい時間も過ごせないし、学ぶものが少なすぎて行く意味ないと本気で思っています。

そもそも有益な情報を与えられる介護士って圧倒的に少ないです。飲み会に行くよりそのお金と時間で自由学習に当てた方がいいと思います。

2〜3時間と4000円ぐらいあれば本が3冊ぐらい変えますし、気になるオンラインサロンやnoteや講演やセミナーにも投資することだってできます。

投資すれば絶対に自分の糧になるとは限らないですけど、明らかに飲み会に行くよりかは有意義な時間になると思っています。

そう言った意味でもこの記事を読んでぜひ行動に移してもらえれば嬉しいと思います。

労働環境や風習などは職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

こちらの記事もおすすめ!
介護士の悩みの解決

安い給料で介護士が不満を持って働き続けるぐらいなら転職をサクッとした方がいいと思う理由を解説します

2019年1月15日
派遣介護士の最強の働き方
どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。  …