介護業界の悪しき風習

「化粧をするのがマナー」と会社が言うなら化粧手当を支給しないといけない理由

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

【口コミ・評判】無料で資格取得できる「かいご畑」のメリット・デメリットを徹底解析!! どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は最近多くの施設が「介護士は人と関わる仕事だから化粧をしろ」と指導するところをみて「それなら化粧手当を出すべきじゃない?」と思って記事にしました。

「女性は化粧をするのがマナー」なら手当を出すべき

 

先日以下のようなツイートをして多くの反響をいただきました。

「女性は化粧をするのはマナー」とか会社が言うぐらいなら女性にだけ『化粧手当』とか数万円出せばいいんじゃ無い?と最近思う。

 

最近マナー講座とかでも「社会人なら化粧をするのは当然」という話が出てきます。

特に僕が働く介護施設でも高齢者と近くで関わる仕事なのである職員の身だしなみの一種として化粧が重要視されています。

しかし化粧を求めるならそれなりの待遇を施設は用意すべきなのではないか?と僕は考えています。

上記したツイートを深掘りしつつ「女性職員への化粧手当の必要性」について解説していきたいです。

化粧を手当を支給しない事によって男女の収入に格差が生じる

 

しかしその化粧をする為にもお金がかかるわけでありまして、女性にだけ自己出費を求めることを強制するのは差別ではないか?と思います。

その差を埋めるためにも職場は女性の職員に対して「化粧手当」を支給する必要があるのではないか?と考えています。

化粧を求めるのならその化粧にかかるお金は事業運営する為に必要な経費です。

そのお金を払わないことによって実質収入の格差が生まれてしまいます。

例えば20日の出勤だとしたなら20日分の化粧にかかる

  • 化粧導入液
  • ファンデーション
  • リップ
  • 眉毛を描くペン
  • チーク・アイシャドウ(必要に応じて)
  • 日々のスキンケアの用品(洗顔・化粧水・乳液・保湿クリームなど)

などのお金は職場で負担すべきではないでしょうか?

それをしないと男性職員はその分の経費を負担しなくていいわけなのだから、職場で使う化粧関連品分収入が高い事になります。

それは流石に不平等ではないでしょうか?

化粧を求めておきながらお金を払わないのはどうなのか?

化粧を求めるならその分の対価を払うべきだと僕は考えています。

逆に化粧を強要し就業規約にも身だしなみの部分に化粧を求めている分があるのなら化粧をするための費用は会社が払わないといけない経費です。

その経費を支払わずに「手当をつけないけど化粧をしてね」というのはとても理不尽なことです。

手当を払わないのなら化粧をすることを業務命令する事はできないです。

結局お金は払わないけど素晴らしい仕事をしてほしいと言う経営側からの搾取でしかないです。

よく社会的に「化粧するのはマナー」とか言っていますけど、女性にだけ化粧の費用を求めておきながら男性には求めないと言うのも性差別ではないでしょうか?

必要な経費を払わずに個人的に金銭的な出費を要求するのは一企業がするべきことではないです。

もちろん好きで化粧をしている人やプライベートで化粧をしているのでそのコスメを使っている人もいますけど、それは関係ないです。

個人の好意に甘えているのはどうかと思いますよね。

「化粧手当」導入するだけで多くの入職者が見込める

 

多くの施設は化粧手当を導入していないと言う事実から、逆に化粧手当を導入し=するのはいい手だと思います。

求人とかでも『女性のために化粧手当を支給しています』と求人に記載すれば多くの介護職員が入職してくれる可能性はあります。

介護士は女性が多い職場でもあるので女性が嬉しいような福利厚生をつける事によって働きやすい職場というイメージを付けることができます。

他の施設との差別化を図るためにも化粧手当は非常にいい手段であると思います。

多くの施設が人手不足で求人を出してもなかなか職員が増えない現実からしても少しの額でも化粧手当を出すことでイメージアップに繋がるのでそこまで大きな出費ではないと思います。

まとめ・・・

 

はっきり言って化粧を求めておきながら手当を出さない企業はどうか?と考えています。

小さい事かもしれないですけどそういうところから男女の平等があるのではないか?t考えています。

もしこの記事を読んでいる経営者がいれば導入してみてくれると嬉しいと感じています。

こちらの記事もおすすめ!