介護士の労働環境について

体調不良で休職や退職する介護職は心が弱いわけではありません

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説しますこのページでは「かいご畑」を利用するメリット・デメリット・口コミなどを細かくまとめています。是非じっくり読んでより良い介護士転職に活用してください。...

先日以下のようなツイートをしました。

毎年のように介護職の中で心身を壊して休職や退職に追い込まれる人がいます。

別に彼らは甘えていたとか元から心が弱いとかそういうことはないです。

ただ過剰に責任を負わせて、労働のルールを無視して働かせたり、その人の人権を軽視したから壊れたのです

介護のクソな体制が人の心を壊したのです

 

今回は上記のツイートに関して解説していきたいと思います。

今でも体調不良で鬱になった人に対して「甘えるな」と言っている介護士の人が多くて普通に悲しいです。

 

この記事で書いてあること

・「体調不良で休職や退職する介護士は心が弱い」が間違いである

・逆に退職や転職や休職をもっとしたほうがいいと思う理由

・世の中に合わせて考え方をアップデートしないといけない

それでは以下より解説していきます。

「体調不良で休職や退職する介護士は心が弱い」が間違いである

そもそも「心が弱い」というのは表現が間違っていて「心を壊した」と言ったほうがいいです。

元から心が弱い人がそんなに介護業界に集まっている訳ではないので、もっと反省すべきですね。

介護職を使い捨てしている事実

 

毎年新人介護士が入職をするのはいいけど、それ以上に退職をする慢性的な問題を介護業界は抱えています。

最近はその入ってくる新卒の新人も減っている施設が非常に多いです。

何故そのようになってしまうのかと言うと、「介護職をボロ雑巾のように使い捨てる」体質にあります。

この話をすると「そんなことはない。うちは職員を大事にしている」と反論されます。

しかし具体的に以下のような事を介護職に平然と行なっています。

・残業代を払わずに残業をさせている(サービス残業)

・人手不足を言い訳に一人の職員へ過剰に働かせる

・有給を使わせない

・休みの日に会議に参加させたりする

・利用者や家族の理不尽な行為に対して家族側を庇う

上記の事をしておきながら「職員を大事にしています」なんてよく言えるなと思いますね。

一般的にはこのような職場は社員の事を人間と思っていないブラック企業にカテゴリーされます。

その他の特徴は別の記事で解説しています。

ブラックな介護施設の21の特徴と対策を現役介護士が徹底解説しますこのページでは働かない方がいい「ブラック介護施設の特徴」について解説しています。この記事で紹介する項目が多く当てはまる施設で介護士が働くと不幸になってしまうので、この記事を読んで避けて欲しいと思っています。...

 

介護職を使い捨てする体質だから介護職員が体調を崩してしまう

 

実際に多くの介護士が心を病んでしまって退職や休職に追い込まれています。

中にはもう社会復帰できなくなってしまった人だっています。

そのような人を悪質な環境で作っておいて「体調不良で休職や退職する介護士は心が弱い」は何様なんでしょうか?

実際に以下の人を僕は今まで見てきました

・鬱になってしまって長い期間治療が必要になってしまった人

・妊娠中に心を病んでしまってストレスで流産に繋がってしまった日

・社会復帰ができなくなってしまった人

これらの人は介護業界で働かなかったら、こんなことにはなっていなかったと思います。

どう責任を取るつもりですかね?

責任を取るどころか「体調不良で休職や退職する介護士は心が弱い」と更に追い込んでいくのは心が腐っているとしか言いようがないですね。

介護士の労働環境では心を病んだりしてしまうのは当然です。

もう一種の職業病ではないのでしょうか?

介護士はストレスが溜まりやすい環境だと思う理由について解説していきます どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

 

介護業界で長く働いていると、人への思いやりがなくなる

 

そもそも「体調不良で休職や退職する介護士は心が弱い」とよく言えるなと思っています。

客観的に見たら介護士の働き方は「鬱になっても当然」のレベルです。

長く介護業界に働いているせいかそのおかしい部分を当たり前になっているだけではないでしょうか?

そして「私たちは普通。鬱になるあなたはおかしい」と思い込んでいるのではないでしょうか?

そう言った部分でも初心を忘れないで働いて欲しいと思っていますけど、忙し過ぎる日々では心の余裕も失われてしまいます。

心の余裕が無くなってしまうと働けなくなった人に対して厳しい言葉を投げつけてしまいます。

非常に悲しいことです。

何故介護士の中で同調圧力が生まれ有給や休みが取りづらくなってしまうのか? どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

逆に退職や転職や休職をもっとしたほうがいいと思う理由

個人的には心が病んで初めて退職や休職するよりも、そうなる前に職場に行かないという選択をしたほうがいいと思っています。

たった1つの職場で一生を棒に振る必要はないです。

どんどん損切りをしていきましょう。

心を病んで何もできなくまで働く必要はない

 

先ほど書いたように鬱になって社会復帰できなくなっても介護施設は責任を取ってくれません。

そして施設は自分がやばそうな時に「少し休みな」とは言ってくれません。

なので自分の体調は自分で責任を持ってコントロールをするべきなのです。

「体調管理は社会人の常識」の言葉通り、ストレスが大きな介護施設で働き続けること自体体調管理ができていないのです。

そしてあくまで仕事は生活をする上での手段なので、生活が破綻するまで働く必要なんて全くないです。

それがいくら福祉で利用者の支援をする介護士でも同じです。

介護職として長く働きたいなら「嫌な事を避ける」という事を重視して働いたほうがいいです。

介護職を長く続けるための秘訣は「苦手なこと嫌なことを徹底的にしない事」である どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

介護施設は山ほどあるので不安になることはない

 

介護施設はどの街にもありますし、その施設の多くは人手不足で悩んでいます。

・常に求人を出している地元の介護施設

・知り合いの介護士が「うちで働かない?」という

・人材派遣会社に多額のお金を払って人を集める施設

このような状況で心を病みそうな程クソだと思う介護施設に固執する必要はあるのでしょうか?

多くの施設が「あなたを待っています!」と言って今よりいい待遇であなたが来るのを待っているのです。

なので別に今の環境を抜け出しても全然オッケーです。

そしてあなたが心を病みながら働くよりも、違う施設で楽に働いていたほうが喜ばす事ができる利用者さんの数も増えます。

退職後の不安の対処としては別の記事で解説していますのでもし良かったら読んで見てください。

介護職の退職後の不安への対処法を何回も転職を経験した現役介護職が解説 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

環境を変えることが物事への解決において最短である

 

僕は基本的に今の環境に不満があるならまずはその環境から飛び出す事をオススメしています。

「次行ったところでも同じだったらどうしよう・・・」という人も多いですけど、その時はまた飛び出せばいいのです。

今の時代は人手不足ということもあるので「逃げグセ」をつけておくことは結構大事です。

「逃げ」というとネガティブな印象が強いので、「行動」と言ったほうがいいです。

結局同じ環境で働き続けても現状が改善される可能性は非常に低いです。

しかし環境を変える動きをすることでその確率は上がっていきます。

「履歴書に傷をつけたくない」という人は派遣で働くことで履歴書を傷つけずに済みます。

安い給料で奴隷のように働く介護士はすぐ転職しましょう【まずは逃げましょう】 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

世の中に合わせて考え方をアップデートしないといけない

 

平成時代も終わって令和時代に突入するのに「体調不良で休職や退職する介護士は心が弱い」って古いと思います。

その考えは昭和の考えでそれから全然介護業界が変わっていないという事ですよね。

だからこそ介護職はブラックの象徴みたいな扱いを受けますし、いろんな人が避ける業界になっているのです。

誰も「体調不良で休職や退職する介護士は心が弱い」という人が多い業界で働きたいなんて思わないです。

なので今の時代に合わせた、これからの大きな労働力にあるであろう若者に合った形に介護職の働き方や環境をアップデートする必要があると思います。

一つの施設で働き続ける意味はないです

 

僕自身派遣として働いているのですけど、同じ施設で働くことは意味がないと思っています。

その分変化がないということですし、収入を上げたり労働環境をよくしたい時に同じところで働き続けても仕方ないです。

特に介護士は人手不足なので転職前提でキャリアを立てたほうがいいです。

僕自身は派遣でいろんな施設を巡りながら多くの事を学んで生かしていきたいと思います。

僕のしている派遣のメリットは以下の通りです。

 

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣のメリット・デメリットについて現役派遣介護士が解説しますこのページでは介護派遣を活用して年収をアップさせた経験から、介護派遣のメリット・デメリットや上手に活用する方法を解説しています。...

 

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい3つの介護転職エージェント

 

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • マイナビ介護職
  • きらケア介護派遣

です。これらの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い

「かいご畑」未経験の方には絶対にオススメの介護派遣会社です。

これから資格をとってステップアップしたい方からしたら非常に嬉しいですよね。

詳しく解説した記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説しますこのページでは「かいご畑」を利用するメリット・デメリット・口コミなどを細かくまとめています。是非じっくり読んでより良い介護士転職に活用してください。...

マイナビ介護職

マイナビは転職の王道中の王道。
 
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
転職に安定性を求めたい人はぜひ登録してみてください。
 
 
 
 
 
マイナビ介護職の特徴

  1. 大手で非常に安心できる
  2. キャリアカウンセリングが非常にありがたい
  3. 大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 非公開求人が非常に多い
  5. 介護施設側の信頼が絶大

大手の安心感が欲しい人は「マイナビ介護職」がオススメです。

「マイナビ介護職」について詳しく知りたい方は別の記事で解説していますのでもし良かったら読んで見てください。

『マイナビ介護職』の評判・口コミはどうなの?現役介護士が解説します『マイナビ介護職』の「評判」や「口コミ」や「サービス概要」を現役の介護士の視点でまとめた記事です。転職エージェント選びをしている方は参考にしてみてください。...

 

 

 

きらケア介護派遣

 
きらケアは転職の王道中の王道。

 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

きらケア介護派遣は資格を取得して「給料あげたいな」という方にオススメの派遣会社です。

時給1700円代の求人を置く取り揃えています。

気になる方は解説記事がありますので良かったら読んでみてください。

【まとめ】『きらケア介護派遣』の口コミ・評判・メリットを現役介護士が解説介護派遣で比較的に評判の良いきらケア派遣の良いところだけではなくて、悪い口コミや評判やメリットやデメリットに関して現役介護士がリアルな視点で徹底的に解説していきたいと思っています。...
 

オススメ介護派遣会社に関してのランキングの記事もありますので良かった一緒にどうぞ。

【2019年】現役介護士がオススメする介護派遣会社ランキング|人気大手会社の人材派遣会社の口コミ評判|高時給・お得なサービスも紹介します 「介護の派遣会社が多くてどこに登録していいかわからない・・・」そんな介護士の方は多いように思えます。 実際に国内に介護派遣求人を取...

この記事のまとめ

 

この記事のまとめ

・「体調不良で休職や退職する介護士は心が弱い」が間違いで、そうさせているのは介護業界である。反省すべき

・逆に退職や転職や休職をもっとしたほうがいいと思う理由としては、選択肢は豊富なのに一つの施設に固執する意味がないから

・世の中に合わせて考え方をアップデートしないと、どんどん人はいなくなる。2025年問題どころではない

労働環境や風習などは職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

 

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

 

正社員として働きたい介護職の人は「マイナビ介護職 」をお勧めします。

 

マイナビ介護職に無料登録