キラキラ介護士について

介護士に適正を求めている事が人手不足と悪質な環境を作っている理由

 

どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。

僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。

最初の3年は島根県で法人内のショートステイと従来型特養とユニット型特養で経験を積みました。

その後上京し介護派遣にて有料老人ホームで夜勤専従として働いた後に島根に帰省し現在は老健に勤務しています。

これからのキャリアとしては近いうちに都市部に再び戻るつもりです。

かいご畑で実務者研修の資格を無料で取得して国家資格である介護福祉士を取得するつもりです。

かいご畑で無料で資格取得

かいご畑に関しても詳しく解説している記事がありますので良かったら読んでみてください。

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

今回は介護士の保育士の仕事は「好きじゃないとやっていけない」という声が多いのでそんなことないということを記事にしていきたいと思います。

何故か中で働いている人間が新規参入の障害を作ってしまう現実

 

先日以下のようなツイートをしました。

なんか保育士や介護士って『好きじゃないと続けられない仕事』というイメージが定着しすぎて別にそこまで好きじゃないけど働いてみたい層を無意識に排除しているような気がする。 そもそも頭数が不足しているなら逆に「誰でもウェルカム」みたいなキャンペーンをしたほうがいいと思うけどな

 

福祉の仕事ってなんか「好きじゃないとやっていけない」というのが常識的に考えられているような感じがします。

でも中を見てみると別にそこまで仕事が好きじゃなくても働いている人もいますし、そういう人たちが優秀な福祉の担い手ということは結構あります。

もちろん好きで仕事をしている人は休みの日とかでも熱心に勉強をして優秀な人材になっているというケースだってあります。

しかし別に好き嫌いとその人材が優秀か優秀じゃないか?って直接的に関係はしていないんじゃないのか?と思っています。

逆に介護士という仕事に「好きじゃないといけない」という参入障害を作ってしまうのはどうなのか?と思っています。

上記のツイートを掘り下げて解説していきたいと思っています。

人手不足で人を選んでいる余裕はあるのか?

 

もちろん明らかにやばい人間を入職させるのは大きな損失に繋がるので無いと思うのですけど、普通に業務をこなせる人材はいいのではないでしょうか?

別に福祉の精神がなくたって、熱い想いがなかったりしたいケアがなかったとしても十分な戦力になります。

しかし経営者というのは欲張りで

  • 優秀なスキルと知識を持つ職員
  • 協調性を持つ職員
  • 安く働いてくれる職員
  • 職場の方針に口を出さない職員

を求めていて勝手にハードルを上げているような気がします。

特に人手不足が酷いところほど即戦力を求める傾向がありますけど、人手不足ということは優秀な人材が退職した可能性が高いです。

優秀な人材が少ないということは優秀な人材が働きにくい職場ということを意味しています。

なので仕方なくそこまで優秀じゃなくても業務がある程度できる職員なら採用されます。

もうすでに介護業界は人を選んでいる暇がないような深刻な状態になっているので、ある程度業務ができる人からしたら嬉しい限りじゃないでしょうか?

そこに「介護の仕事が好きか?」みたいなものは入り込む余地はありません。

そんなこと言っていたら誰も採用できなくなりますからね。

適正関係なく充実した教育システムがあればどうにでもなる

 

そもそもなんですけど、即戦力を求める気持ちは分かりますけどそれ以前に優秀な人材を育成すればいいのではないでしょうか?

規模の大きな施設だと教育体制がしっかりしていて3年働けばどこの施設でもリーダー級の仕事ができる優秀な人材が育ちます。

実際に僕が最初にいた大規模の特養でも教育体制が充実していてほとんどの職員が他の施設に行けばリーダー級の仕事をこなせる優秀な人材が多かったです。

特養にいた当時はそれが普通かと思っていたのですけど、他の施設に転職した時に職員のケアや知識の質の低さに驚きました。

自分たちが当然にしていたケアが普通にできていないところをみると、施設によってケアの質が大きく変わってきていていかに教育が重要か?と思い知らされました。

即戦力をやけに欲しがる施設は職員の教育に全然力を入れておらずに使い捨てにしているので、一向にケアの質も上がっていません。

流石に

  • オムツの2枚当て
  • 口腔ケアの用具が揃っていない(入れ歯なのに入れ歯用のブラシが完備されていない)
  • 定期的なカンファレンスが行われていない
  • 会議でなぜか人手不足の話が出る

は驚きました。

即戦力を採用じゃなくて自分の施設でしっかり時間とお金を使って育てる思考がないと労働環境はブラック化してケアの質は低いままだと思いました。

「誰でも出来る仕事じゃない」ではなく出来るような環境を

 

もちろん介護士という仕事は適性があるかもしれないですけど、良い人材は職場で育てればいいのではないか?と思っています。

そもそも介護士が不足しているわけだしまずは多くの方が介護士の仕事をしてもらう事の方が大事なのではないでしょうか?

もちろん現在介護職をしている人にもプロとしてのプライドがあるのかもしれないです。

しかし介護士の人手不足の問題は社会的な問題であってまずは頭数を確保することを最優先すべきです。

その確保した人材をいかに職場で良い人材に育てられるか?ということがこれから大事になっています。

はっきり言って多くの施設が人手不足を理由にしっかり新人に高いスキルや知識が身につくような教育体制を整えることができていません。

介護士に向いているか向いていないかなんて実際に働いてみないとわからないわけですし、あまり中で働く人間がハードルを上げて門前払いをするのはいかがなものだと思っています。

教育の意識の薄い施設ほど即戦力を求めるのですけど、即戦力の人材は教育の質のいい施設で育つのでなかなか転職市場には出回りません。

そして多くの介護士が勘違いとして「教育=仕事の業務を教える」と思っていることです。

結構介護の仕事をするにあたってメンタル的なことが大事だったり、細かなケアの質を上げるために先輩が指導するのは大切なことです。

先ほど書いた転職後の施設は介護技術や意識に対する教育がしっかりしていなかったので一つ一つのケアの質が低いです。

業務をこなしつつ、その職員が手に職をつけられるための教育を施設でしていく必要があると思っています。

そこをせずに元の素質や個人の時間を使った努力に頼りきっている時点で先はないと思います。

良い環境で介護士の仕事がしたい人は派遣で働くことをオススメします

介護士という仕事が好きでまだ続けたい人は働きやすい環境で働くことが大事です。

実際に介護業回は人手不足ではあるのでどこの園も喉から手が出るほど欲しいです。

そうなってくると派遣という働き方がとても美味しくなります。

派遣として働くメリット

  • 残業は基本ない
  • 残業があってもしっかりつけてくれる
  • 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる
  • 高時給の案件が多い
  • 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる
  • 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能

委託している人に不利益を被る形になるので介護施設もあまり強気に出る事ができません。

実際に介護士の派遣をしている人ってそこまで多くなくてなかなか派遣という文化が薄いので理解してくれないところはあります。

しかし派遣会社に雇われているので自分のことを守ってくれます。

介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。

介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。

介護派遣で働くメリット・デメリットを現役派遣介護士が徹底解説します

僕自身も保育士をしている時に派遣として働いていたら介護士という仕事をせずに保育士で働き続けていたかもしれないです。

次から現役介護士がオススメする派遣会社や転職サイトを紹介していきます。

現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい2つの介護派遣会社

僕自身が非常にオススメしているのは

  • かいご畑
  • きらケア介護派遣

です。これら二つの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。

特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。

僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。

かいご畑

 
 

これから介護士を始めたい方に必須の資格『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。


普通に取ると10万円近くかかってしまうので是非登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑の特徴

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担(10万円)
  2. 1万を超える求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では大手なのでコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度がある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートが手厚い
 

無料で資格取得公式ページ

 

『かいご畑』の内容・口コミ・評判・メリット・デメリットをまとめて解説します どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...
 

きらケア介護派遣

きらケアは転職の王道中の王道。
 
豊富な案件と転職のプロによる手厚いケアを受ける事ができます。
 
 
派遣は多くの会社で比較するものなので是非選択肢として入れておきたいところです。

 

 

きらケア介護派遣の特徴

  • 大手なので多くの施設が安心して求人が出せる
  • アドバイザーが多くて安心
  • 非公開求人が多い
  • アドバイザーが介護業界において詳しい
  • コンサルが優秀

詳細ページ公式ページ

【きらケア派遣まとめ】口コミ・評判・感想・メリット・デメリットを解説 どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました...

まとめ・・・

 

2025年には38万人の介護士が不足すると言われるのですけどその中で人を選ぶよりも来るものを受け入れて優秀な人材に育てた方がいいんじゃね?と思っています。

別にやりがいを感じれない人でもそこまで介護の仕事が好きじゃない人でも、介護はできます。

その人の素質関係なく施設での教育体制がしっかりしていたらその人の特性を生かした介護をしてくれます。

介護が好きじゃない人でも優秀な人材は多いです。

変にハードルを設けて新規参入を減らして業界を衰退させて行くのはどうか?と思ってこの記事を書きました。

労働環境や風習などは職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。

そういうときは転職エージェントを利用するのがいいと思います。

個人的にオススメはかいご畑 です。ここでは

  • 資格取得が無料
  • 優秀なコンサルが多い
  • 特に若い介護士さんにオススメ

という感じです。なのでお金と労働環境のいい環境を望んでいる若い人は多いので、そう言う方に寄り添ったコンサルをしてくれます。

特に資格なしで介護を始める方は無料で資格を取得できるかいご畑 は本当にオススメです。

いつ無料の資格講習が終わるかわからないので早めに登録する事をオススメします。

こちらの記事もおすすめ!
介護業界の悪しき風習

「お金にこだわる介護士はダメ」という間違った認識を無くさないと介護業界は一向に良くならない理由

2018年9月12日
派遣介護士の最強の働き方
どうも現役介護士のたんたん(@tantan4423)です。 僕は現在25歳で4年前に保育士から介護士に無資格、未経験で転職しました。  …