介護士は薄月給で生活できないと思い込む前に出来ることを伝えたいです

f:id:fukai19930806347:20180505052657j:plain

 

どうも介護士のたんたん(@tantan4423)です。

 

介護士は薄月給ということもあって「こんな給料じゃ生活できない」と職業の選択肢から外す人も多いと思います。

 

実際に僕のいた職場でも給料が低くて家族を養うことができずに工場に転職した上司がいました。

 

フルタイムで働いているのに生活できないというのは働き方を変えることによって改善されることが多いです。

 

僕も以前は手取り15万で実家で生活することを余儀なくされていたのですけど、今は実家から出て手取りで25万をもらって生活しています。

 

介護の給料は一気に上がることもないので早いうちに稼げる環境に身を置くことが大事だと思います。

 

今回はその方法をこの記事で共有して介護士の生活の向上に繋がってくれたら良いなと思っています。

 

介護は首都圏だと時給が桁違いなのでまずは都会に出るべし

 

「いきなり都会に出ろってそんなのできないよ」って言われそうですけど、田舎と都会では給料が全然違います。

 

はっきり言って田舎で介護の仕事はしてはいけないと思います。

 

基本田舎の介護や保育の仕事の給料設定は実家で生活すること前提で設定されていると言っても過言ではないです。

 

しかし都会に出て実感するのですけど、月給が普通に20万を超えます。

 

田舎でこの額を出そうかと思うと相当の役職をつかないと手に入れることができません。

 

都会はその分家賃高いとか言われそうですけど、家賃の金額以上の開きが給料にあります。

 

僕の場合は手取りが10万も違います。

 

独身介護士の人で一人暮らしをしたいなら首都圏(神奈川、埼玉、東京、千葉)で仕事を探すことを勧めます。

 

その4つの県は他の地方とは比べられないほど時給換算したら高いです。

 

埼玉の方が大阪より時給が300円ぐらい違います。

 

時給換算の仕事をしよう

 

介護をするなら都会に出ることを先ほど述べたのですけど、働くにあたって1時間あたりどれくらいの金額を稼ぐかというものがわかっていた方が良いと思います。

 

正社員だと自分の労働時間のコントロールが効かないので、逆に働いた時間に合った給料がもらえていないことに気づかないことが多いです。

 

そして都会では介護職自体が30万人以上不足しています。

 

正社員になりたいと思っている人が少ないので施設は高いお金を払って派遣を雇っています。

 

介護士不足も都会の方が深刻なので時給がつり上がって1500円がデフォです。

 

東京の最低賃金が958円ですので500円以上の開きがあります。

 

デモで「時給を1500円にあげろ」って言っている人がいますけど、介護の世界では実現しているのです。

 

そして僕の場合は夜勤専属という仕事ということもあって時給換算すると1850円です。

 

同じ介護の仕事でやっていることも同じなのにこの給料の開きです。

 

最初に述べた「田舎では介護をするな」という理由はこの開きに集約されます。

 

しかも僕が住んでいた島根の最低賃金は740円で介護職でも800~900円ぐらいだったと思います。

 

もう田舎では介護できないですね。

 

 

固定費の節約をして資金に余裕を作る

 

ここで少し介護の仕事から外れるのですけど、僕が実施している戦略は単価の高い介護派遣の仕事をして多くの収入を得るとともに節約をするということです。

 

僕の場合はシェアハウスには入っていることもあって、月に8万あれば生活できることがわかっています。

 

そして毎月10万円以上の貯金と投資をしています。

 

 

一人で暮らすということは自分の責任でリスクヘッジをするということになるので、貯金と投資は大事だと思います。

 

もし結婚をしても貯金と投資は役に立ってくれます。

 

そもそもお金に余裕のある生活は精神的にも身体的にも健康な生活を送ることができます。

 

高単価の仕事と節約は組み合わせると強力です。

 

まずは給料を上げられる範囲であげることが大事です。

 

都会に出られないのなら介護の仕事をしているうちはお金に不自由な思いをしてしまうことが多いです。

 

田舎は車の維持費もあって固定費が上昇しやすい傾向があります。

 

節約の基本は固定費の節約なので都会に住んで車の必要のない生活を手にいれた方が良いです。

 

単価の高い案件は派遣会社選びが大事

 

単価の高い仕事を選ぶ際に大事になってくるのは、派遣会社選びです。

 

いくら都内が時給が高いと言っても派遣会社によっては多くもらえるものももらえないケースがあります。

 

なので基本的に多くの案件を扱っている派遣会社がお金を多く払ってくれるという認識で良いと思います。

 

お金の面で考えれば僕はベネッセMCM をお勧めします。

 

ベネッセといえば子供から大人が知る大企業。その大企業が力を入れて行っているのが介護派遣です。

 

他の派遣会社では実現できないほどの高単価の案件を多く扱っています。

 

僕は派遣を始めた時期が2月だったので、単価が抑えられていたかもしれません(4月に新入社員が入ってくる関係)

 

だいたい新入社員が辞めてくる8月ぐらいに単価が上がる傾向があるので、その時期に乗り換えをするつもりです。

 

中には35000円を超える案件もあるので介護が薄月給とは言われないですよねぇ。

 

時間給で高単価の案件を探すのならベネッセが良いです。登録会に行けば未公開の求人を見ることができますので近くに会場がある人は1度行ってみて欲しいです。

 

詳しくは公式サイトを確認してください。

 

 
ベネッセMCMの感想の記事もありますので読んでいてください。
 
 
 
ちなみに介護をするにあたって絶対必要な資格である「介護職員初任者研修」はかいご畑 で無料で受講することができます。
 
無資格から介護を始める人からしたら非常に心強いと思います。
 
僕の中の戦略としては
  1. かいご畑で「介護職員初任者研修」を無料で取得
  2. 資格があれば単価の高い介護の仕事ができるのでベネッセMCMに登録
  3. 経験を重ねて、信頼をあげてさらに単価をあげてもらう

が非常にコスパの良い働きなのかな?って思っています。

 

 

さいごに・・・

 

介護士が薄月給であるという事は否定できない事実だとは思います。

 

しかし介護士全員が薄月給ではないです。

 

働き方によって多くのお金を手に入れることが可能です。

 

派遣という働き方を知るということも大事かもしれませんね。