勢いで会社を辞める前に読んで欲しい‼︎会社から一定の収入が入ってくることのありがたさ

 

どうもたんたん(@tantan4423)です。

 

社会人になって働いていると1度は「働くことを辞めたい」と思ったことはあると思います。

 

ネット界隈ではサラリーマンで働いている人を「消耗している」とか「情弱」とか言っている人がいます。

 

「消耗しているから早く逃げろ」という話も出てくるけど、少し待って欲しいと僕は思っています。

 

というのも僕自身が会社に勤めてサラリーをもらって生きているけど、本当に安心感に満ち溢れて生きていけています。

  

当たり前ですけど、働いてさえいれば毎月一定の収入が入ってくるんです。

 

 

労働者を不幸にする会社もあるとは思うけど、それでも労働することはそんなに悪いことではないのかなって思ったりします。

 

 

 

働くことが出来ること自体が最大のリスクヘッジ

 

f:id:fukai19930806347:20180307232435j:plain

 

 

 

もちろん働くことに対して没頭しすぎて精神的に病んでしまうのは良くないです。

 

だからと言って労働そのものを辞めてしまう必要はあるのだろうか?って思うことがある。

 

労働にもいろいろな種類があって、派遣やパートや非正規などその人のライフスタイルに合わせて柔軟に働き方を変えることができます。

 

正社員に固執してしまうのが消耗するということでもあると思っている。

 

 

フリーランス的な生き方も良いかもしれない。

 

だけど会社員が消耗したからフリーランスに逃げたみたいな人ってただ単に労働でも多様的な働き方があるということを知っていないだけな気がする。

 

それこそ、正社員至上主義みたいな感じになっているのではないだろうか??

 

 

もっと労働ということを軽く考えても良いようなきがする。

 

派遣とかまさにそういう意味では労働の流動性が高い仕事で多くの仕事が経験できるし、試行錯誤がしやすいということが大きい。

 

 

人は働くと疲れる。

 

それはフリーランスにしても会社員にしてもそうだ。

 

結局強いのは、いろんな働き方を経験していることであって、行ったり来たりすることができるという点であると思っている。

 

その上で自分でしたい事にコミットすれば良いのではないか?別に無理に好きなことを仕事にしなくても良い。

 

結局多様な働き方の選択肢がないとフリーランスにしても会社員にしても消耗しきってしまって一気に人生がつまらなくなってしまう。

 

だったらフリーランスでも良いのではないか??って思うかもしれないけど、別にウリーランスはいつでもなれる。

 

副業と言った形で他のことでお金をちょこちょこ稼げばいいと思っている。

 

わざわざ社会的に立場の低い場所に行ってしかも安定的に入るお金を捨てる意味って全くない。

 

自分を追い込むためという精神論はぶっちゃ意味がわからない。

 

収入は分散しといたほうが言っておきながら一番安定している労働収入を手放すのは分からない。

 

ただ単に労働をする才能がないっていうは働くことが出来ないだけであると僕は勝手に思っている。

 

 

 

会社に所属するだけで面倒くさいことが少なくなる

 

f:id:fukai19930806347:20180307232518j:plain

 

 

 

はっきり言って会社に勤めることによって面倒くさいことはだいたい会社がしてくれるので楽だ。

 

派遣なので社保と厚生年金の加入までの期間は国民年金と健康保険を払わないといけない。

 

先日区役所で手続きをしたけど、こんな手間隙かけるのはまじで時間の無駄なような気がした。

 

これを会社でやってくれるのは非常に楽だし、社保は安いし、厚生年金はリターンも多いし半分企業が負担してくれるから何か得した気分だ。

 

 厚生年金で企業が負担している額って本来自分の給料に入っていたお金と考えると損でしか無いですよね。

 

 年金制度は崩壊してベーシックインカム一本にして欲しい。

 

物を買わない人間からしたら消費税を増やして欲しい気分だ。

 

それはさておいて、働いているととにかくだいたいのことを会社がしてくれるので本当に楽だ。めんどくさいし確定申告もしなくて良い。

  

これを「自分でやっていないからダメだ」みたいな輩がいるけど、面倒くさいことは誰かにやってもらったほうが僕は良いと思う。

 

 

ベーシックインカムが導入されても働かなくなることはない

 

f:id:fukai19930806347:20180307232607j:plain

 

 

最近ベーシックインカムハウスの見学とかそこそこ勢力的に動いているのですけど、僕自身はベーシックインカムは今現在働いている人間のための制度とすら思っている。

 

 

一定の給付があることによって、働いているけどビンボーみたいな層が少なくなった。

 

無理にブラックな仕事をしなくて良くなるし、労働者にも消費者にも優しい企業が残ってくると思う。

 

僕自身は『働ける人間は貧困にならない』とマジで考えているのですけど、お金に対して結構無頓着な人間が多い。

 

お金について学ぶ機会がない事が背景にあって、賢い消費や節約や足るを知る生活が出来ていない。

 

なかにはブラック企業の件があるけど、それは労働者消費者で撲滅していくしか無いようなきがする。

 

逆に言ったら働ける人間がもっとお金の使い方について真剣に考えて比較検討して、足るを知ったら一気にワーキングプアは解消されると思う。

 

 

 

 

福祉業とかはAIが導入されたとしても需要は減らないから全然安泰だと思っている。

 

このまま人手不足が続いたら、どうせ給料が上がる。

 

しかもこの仕事をするだけで立派な社会貢献でもある。

 

そこにベーシックインカムを導入したら老後や自分の人生の幸福度を高めることにも使える。

 

  

 

僕自身もベーシックインカム入ってきたら労働自体は減らしていくとは思うけど、基本的に働いてダブルの収入で生活していく。

 

労働収入っていう働いてさえいれば毎月入ってくるお金は本当に偉大だ。

 

 

派遣だと半年ぐらい働いて有給をもらって、休んで辞める(会社都合)そして職業訓練校に行きながら失業手当をもらうのが最強だ。

 

 

 

 

とりあえず働くことによって得られるメリットはフリーランスになるよりも大きいと思う。副業もどんどん解禁になっているので、追い風になりそうですね。

 

 

会社に勤めながら好きなことをするのが最強

 

f:id:fukai19930806347:20180307232645j:plain

 

一定の収入があれば心の余裕を持って生きていくことがある。

 

僕の場合はシェアハウスに住んで固定費を圧縮して貯金をしたり旅をしたり友達と一緒に美味しいものを食べに行ったりしている。

 

確かにフリーランスはやり方次第では会社員の収入を大きく超えることができるかもしれない。

 

しかし、そのぶん自分でいろんなことを考えてビジネスを展開していくのは疲れる。

 

 

会社勤めができる人は需要のある業界に移っていくことが可能です。

 

今はそもそもどこの業界も人手不足の状態なので働く気さえあればなんとかなってしまう。

 

それは結構豊かなことであると思っている。

 

結局お金にしても自分がしている趣味や仕事にしても自分でコントロールできることが一番大事になってくる。

 

それができそうじゃない場所から逃げて自分にあうような働き方を検討するべきだと思っている。