この本を読めばベーシックインカムの事は完璧‼︎波頭亮さん著『AIとBIはいかに人間を変えるのか』を分かりやすくまとめてみました。

 

この記事ではベーシックインカムの教科書だと僕が勝手に思っている『AIとBIはいかに人間を変えるのか』を分かりやすくまとめています。

 

基本的のベーシックインカムの基礎はこの本から来ています。

 

すでに多くの記事をこの本から書いています。

 

この記事ではその記事をベーシックインカムの勉強がしやすいようにまとめてみました。

 

 

 

 

 

AIがどのように社会に影響を及ぼすのか??

 

AI囲碁がプロに勝ったという話は比較的新しい話題だと思いますが、AIは思った以上に発達して私たちの生活に溶け込んでいます。

 

この項目ではAIについて知っておきたい

 

  • AIの弱点
  • AIがもたらす弊害

 

について書いた記事の紹介します。

 

AIの弱点

 

AIが来たら多くの仕事を奪われるという懸念があります。

 

確かに現在の仕事のほとんどはAIにとって変わるかもしれません。

 

しかし、そのことに悲観する必要はないと思います。

 

AIに出来ずに人間だからこそできることがあります。

 

それは人の感情を扱う仕事です。

 

AIと人間が対立するのではなく共存してくことが大事だということを記事にしました。

 

 

AIが仕事を奪うことによって起こるリスク

 

こちらではAIが仕事を奪ったあとに、人間がAIに全てを任せてしまうことに対する弊害を書きました。

 

今まで自分たちでいろんな問題に向き合ってきたのですけど、AIがその問題を解決するようになってきます。

 

そうなってくると人間が持っていた柔軟な問題解決能力が失われる可能性があります

 

それはなかなか避けられないかもしれないですけど、新たな価値を生み出してくれると期待を込めて記事を書きました。

 

 

ベーシックインカムがどのように社会に影響を及ぼすのか??

 

ベーシックインカムの章では実際に導入してみたらどのような問題が解決するとか、現状の社会保障についての欠陥について書かれています。

 

そのなかでもベーシックインカムが与える社会への影響がとてもわかりやすく書いてありました。

 

ベーシックインカムの役割

 

ベーシックインカムはとてもシンプルな社会保障でありながら、国民にフリーマネーを直接支給する制度です。

 

フリーマネーを直接与えた方が、国民は有効に活用する過去の実験のデータがあります。

 

そしてベーシックインカムを導入したことによって全体の所得を押し上げるだけでなく、ブラック企業を無くすこともできます。

 

みんなお金がないからブラック企業に仕方なく働いているのですけど、フリーマネーがあれば満足しない仕事は切り捨てることができる。

 

そうすれば善良なホワイト企業が残るという話だ。

 

その他にも現在、介護や保育や医療は低賃金で働いているのですけどこれらの仕事の価値が一気に上がっていくと思います。

 

本当に必要な仕事が残るという構図は社会を豊かにするのではないでしょうか??

 

ベーシックインカムの役割の詳しい内容は下記の記事から読んでいただけると嬉しいです。

 

 

 

ベーシックインカム導入のメリット

 

ベーシックインカムを導入するメリットは数え切れないほどあるかもしれません。

 

単純に役所の仕事が減るということ所得全体を押し上げるので貧困解消に一役買ってくれると思います。

 

大体国民の生活でお金がないことによって起こる問題はベーシックインカムによって解消されます。

 

それほどフリーマネーの威力はすさまじいです。

 

他のメリットに関しては下記の記事から読んでいただけると嬉しいです。

 

 

ベーシックインカム導入の障壁

 

そんな夢のようなベーシックインカムが現在実現していないわけは、正しい理解をしていない人が多いということもあります。

 

そもそも日本という国は働かずにお金をもらうことをあまり良いこととしない思い込みが激しいのでその考えを解いてあげるところから始めなければいけない。

 

あと現在の社会保障の見直しや増税などの対応もあるので既得権益を得ている人からしたら反発が来るかもしれない。

 

しかし国民(特に現役世代)が全体的に貧しくなっているので、現在多くの資産を築いているものも足をすくわれる可能性もある。

 

上の世代の理解がまず必要なのかなって思う。

 

 

ベーシックインカムの実現できるかについて

 

ベーシックインカムって夢物語だと思われがちだけど、適切な運用さえできていれば充分実現可能だと思う。

 

しかし先ほどの項で書いたようにこの国ではベーシックインカムに対しての理解が低く、不安が先に行ってしまう。

 

結局制度を運用する側の問題になってくるので、厚生労働省の世代交代は急がれると思う。

 

 

さいごに・・・

 

いかがだったでしょうか??

 

この本から得るベーシックインカムの話は多くの場で使えますし、人に説明するときも伝わりやすいです。

 

特にこの本は日本人の方書いている本なので、自分たちの生活からかけ離れていなくて近いうちに起こることだと感じさせてくれました。

 

これからの社会保障のあり方について考えていきたい方や、ベーシックインカムに興味がある人は必読です。