ワーキングプアの問題を解決をする為に必ずしておきたい事とは??

 

 

どうもたんたん(@tantan4423)です。

 

 

ツイッターを眺めていたら貧困について拡散されたツイートを見つけました。

 

 

 

 

 

 

確かにそうだなぁって感じてしましたし、僕自身実際に貧困層のことをそこまで考えていなかったので、本当に毎日の生活すらキツイ人間が存在していることすら信じられなかったです。

 

 

貧困を恥ずかしいことだと思って隠すのもよく分からないですし、この国で働いたり生活保護という制度がある以上生活に困ることがあるのか?って疑問自体は全然ある。

 

 

単にお金の使い方や稼ぎ方が悪いだけなのではないのか??それは本人たちの自己責任なんじゃないのか??っていう側面もある。

 

 

 

働いているのに収入が低い場合は環境を変えるという選択肢を持ったほうが良い

 

f:id:fukai19930806347:20180321080815j:plain

 

 

働いていなくてお金がないのは分かる。しかし働いているのに生活できないってぶっちゃけ意味がわからない。

 

 

月にフルタイムで働いて月10万もいかないならしょうがないかもしれない。

 

収入が低いのなら生活水準を落としてお金を作っていくという戦術をしなくちゃいけないのにそれをせずに破綻するのはあまりにもお金に無頓着なのではないかって思う。

 

 

給料が少なかったら転職をして給料の良いところに行ってもいい。

 

それか僕みたいに単価が高くて仕事の数がある東京に出て仕事をしていれば月に15万ぐらいの収入は普通に手に入る。

 

 

それをせずに頑張って働くのに収入が少なくて生活が出来ないって流石にヤバイって思わないのか??

 

僕の場合も田舎の介護職で手取り15万だったけど、今の東京に移って働いたら手取り25万になった。

 

 

同じ仕事でも環境を変えたら収入は上がるから給料が少ないと感じたら転職すればいい。

 

都会に出ればドコモ人手不足で自分という人間を求めてきてくれる。

 

 

生活水準を落としているか??ミニマリスト生活のすすめ

 

f:id:fukai19930806347:20180321081009j:plain

 

僕は手取りが25万ぐらいなのですけど、家賃が35000円(光熱費、水道、雑費、ネット込み)のシェアハウスに住んでいて月に10万を超えないぐらいの生活費でそこそこ幸せに生きている。

 

www.tantandaisuki.com

 

一般的に生活費10万って「貧しい暮らしをしているんだね」って思われそうだけど、別に僕自身は全然貧しいと思ったことはない。

 

 

その10万の中で好きな人と会って食事をしたり、オフ会したり、旅をしたりというお金も全部含まれていて充分楽しんでいる。

 

 

こういうのはよくミニマリスト用語的には「満足の水準を下げる」っていうことになるのだけどこれがないと、いくらお金をもらっても満たされないと思っている。

 

 

僕の場合は家は別に寝れればいいし、服は好きだけどたくさん買わなくてもいいし、旅行はゲストハウスの旅が良い。

 

 

社会がいう幸せ像みたいなものが水準が高すぎてそれに当てはまらないと不幸に感じてしまう人が多いからもっと、足るを知って必要以上の出費を抑えることだってできる。

 

 

結局貧困ってお金のリテラシーの低さや満足の水準をプライドで下げられていないからこそ感じるものなのではないかって思ってしまう。

 

 

節約意識を持つ

 

f:id:fukai19930806347:20180321081146j:plain

 

結局、貧困になってしまうのはお金に対するリテラシーが低いからなのだと僕は思っています。

 

 

お金に対するある程度の知識を持っていれば、自分である程度お金をコントロールして幸せに使えるようにするはずです。

 

 

何も考えずになんとなく出費していては楽しく使うことが出来ません。

 

  • 家賃を落とす
  • 格安SIMを使う
  • カットモデルで無料で切ってもらう

 

など毎月出てくる固定費を落とせばある程度生活に余裕が出てくると思います。それでも生活がきつい場合はもう仕事を変えたほうが良いと思っています。

 

 

 

 

 

 

基本的に最低賃金で20日働いて月10万生活をすればなんとかなりますよ。貯金もできますよ。

 

 

僕みたいにシェアハウスに住んで東京で働くと結構貯金ができますよ。

 

 

お金がないなら介護をすれば?? 

 

  

後何もスキルがないと思っているなら介護の派遣は結構オススメです。都会では時給も1500円ぐらい行っているし。

 

 

ここでアフィを貼るのはあれだけど、介護派遣の大手ベネッセでは時給1500円の介護の仕事が多くあります。

 

 

資格に関しても簡単に取れる『介護職員初任者研修』を取ってしまえば選びたい放題ですからね(資格取得には8万かかった)

 

 

僕も未経験で介護の仕事を始めてもう3年になって上京を機に介護の仕事を探したけどどこも「来てください」状態になっていた。

 

 

少子高齢化社会において介護の仕事は安泰だし、どこに行っても安定して働ける。

 

 

ちなみに介護職の給料の低さは正社員側のコスパの低い働きから来てるので介護をするなら都会で派遣が一番いいですよ。

 

さいごに・・・

 

僕の場合は

  • 都会で家賃の安いシェアハウス住み、格安SIMを使うなどして固定費を節約
  • 都会で単価の高い仕事をする
  • その浮いたお金で満足度を高める

 

 

みたいなことをしてお金と付き合っている。10万で生きていく術を身に着けたらそんなに貧困なんて感じないと思うんですよね。

 

 

なお、働いているのに貧困って流石にお金の使い方が悪いから見直したほうが良いと僕は思います。

 

 

まずは固定費を落としてあとは細かなところに手をかけていけば良いのです。

 

 

結局お金に余裕がなくなると心に余裕がなくなるので他人から見て貧乏みたいな生活をしてもお金に余裕があれば大丈夫だと思います。