AIとベーシックインカムによって淘汰されるのは人を不幸にして稼いでいる仕事

 

どうもたんたん(@tantan4423)です。

 

僕が最近ベーシックインカムに関して本で読んだり、色んな人と話をする中で一緒にAIの話も出てきます。

 

実際にベーシックインカムハウスに住むのび氏もAIを使ったダイエット食事提案アプリ「CALNA」をリリースしています。

 

jp.techcrunch.com

 

このように目の前でAIの発達とベーシックインカムハウスの活動の様子をみていると、多くのことを考えさせられます。

 

そのなかで最近良く思うのは、AIが発達して人間の仕事を奪うという話です。

 

ベーシックインカムやAIの導入によって多くの職を無くすことは安易に想像できます。

 

「好きなことを仕事にしないと生き残れない」的な発言が多く出回っていて「なんで?」って思っています。

 

今回はそんな疑問と、どういった仕事が生き残っていくかを自分なりに考えていきたいと思います。

 

 

AIが奪う仕事は人のためにならない仕事

 

f:id:fukai19930806347:20180320081019j:plain

 

その発言は結構プロブロガーさんに多いのですけど、ハッキリ言ってブログを通したお金稼ぎだってAIに奪われる可能性があると僕は思っています。

 

商品やサービスを他人に紹介することに関しても、実際に使っていないのに記事を書いたり、転職経験がないのに転職のアフィリエントを貼ったりして炎上することがあります。

 

そういう仕事って顧客のためにもならないし、むしろ信憑性にかける生きていない情報を提供をしていることになります。

 

そういう仕事はハッキリ言って世の中になくてもいい仕事ということになります。

 

その他にも

  • 人々の不安を煽ってモノを買わせようとする広告業
  • 他人のプライベートで飯を食っている週刊誌や新聞などのメディア
  • 凶悪犯罪を犯した、個人や企業を弁護して軽い罰にしてしまう弁護士
  • 政治資金を悪用する政治家

 

基本的に悪いことを助長したり、人々の不安を拡大させている職業はAIによってどんどん淘汰されます。

 

別にその仕事を好きでしていても、結果的に困る人が多く出た場合は無くてもいい仕事です。

 

そういう仕事は人間がやるよりもAIやロボットに変えていく流れが出てくると思います。

 

特にお金の管理とかに関しては人間より機械のほうが信頼が置けるのではないでしょうか??

 

いくら銀行の仕事が好きだからと言っても、機械がしたほうが正確で早かったら、そんなの関係なくクビを切られます。

 

そこに好きとか嫌いとかの感情が入ってくる余地はないです。単に人間のする仕事に需要がないだけなんですから。

 

 

AI時代に残る仕事はマンパワーが必要な仕事

 

f:id:fukai19930806347:20180320081101j:plain

 

「だったらお前はどうなんだ??」って言われそうですけど、僕の介護の介護の仕事に関しては僕が死ぬまでの間は安泰だと思っています。

 

何故かと言うとマンパワーが必要な仕事で社会から圧倒的な需要があるからです。

 

実際に今の段階でも介護職は30万人以上不足していますし、これから需要が更に増していく業界です。

 

AIに関してもおむつ交換や移乗や食事介助に関しても人間がしたほうが安全です。

 

早い。高齢からしてもロボットに自分の身を全部世話をしてもらうのはなかなかキツイと思っている。

 

こういう面から考えても介護はAIが浸透してもマンパワーが必要になる仕事だと思う。

 

もちろん所々で、医療器具や記録に関するモノや掃除などの雑務はどんどん技術を取り入れて楽にすることが出来る。

 

しかし、肝心の利用者との関わりは人間でなくちゃならないと思う。

 

介護だけではなく、教師や保育士や看護師みたいな仕事はAIに仕事を取られない仕事だと思う。

 

結局人間がして需要のある仕事が生き残る構図になってくと思う。

 

 

好きな仕事をする人が生き残るのではなく人を幸せにする仕事をする人が生き残る。

 

f:id:fukai19930806347:20180320081225j:plain

 

もちろん需要がなくても、その人自身が懸命に仕事に取り組んでいる姿は客にお金を払ってもらうことにもある。

 

それが顧客に対して誠実さでもあると思う。

 

それこそ最初の方に書いた、客を不幸にさせてしまうようなビジネスはどんどん淘汰されるけど、徹底的に客のことを考えたビジネスは生き残っていく。

 

後はやっぱり需要だと思う。

 

「好きなことを仕事にしなくちゃ生き残れない」みたいな発言はさすがに知識不足で、人を不安にさせお金を巻き上げようとするビジネスである。

 

きつくて、苦しくて、ダルくて、汚い仕事はAIに任せればいというのは分かるけど、本当に需要があるのはそういう仕事なんですよね。

 

アフィリエイターとかプロブロガーはいなくなっても国が全然困らないけど、介護士とか保育士とかがいなくなってしまう大騒動ですよね。

 

そしてそういう仕事ってAIに全任せできないんですよ。

 

こういう仕事をしている人は国もひどい待遇にはしないと思いますし、他の職業より未来がある仕事と言っても過言ではないと思っています。

 

とにかく世の中が困っていることに人間ならではの視点でコミットできるお客様ファーストな人間が生き残ります。

 

人々不安にさせる炎上マーケティングをしている暇があったら、人々を幸せにするビジネスや技術を身につけてるべきです。

 

さいごに・・・

 

僕自身はAIやベーシックインカムが導入されても介護の仕事は多分します。

 

さらにお金を上乗せすることが出来るし、単純に利用者様や国から感謝されるような仕事はなかなか無いですからね。

 

この仕事をしているだけで、自分は社会にプラスの影響を与えているんだという前向きな気持ちになります。

 

そして、自分である程度マンパワーが必要な需要のある仕事のスキルを身につけることによって未来を楽に生きられるかもしれません。

 

何回も言いますけど、好きなことを仕事にせざるを得ない世の中は訪れません。その言葉にまんまと騙されて、搾取されないようにしてほしいです。