ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

社会に求められる姿に無理してならなくても良いんじゃないかな?

 

 

 

 

どうもたんたん(@tantan4423)です。

 

生まれてから今まで将来の夢というハッキリした未来図を持っていない。

 

いい感じに言えば過去や未来に固執しない生き方が出来ているということなんだけど・・・

 

www.tantandaisuki.com

 

 

多分僕が見通しをするのが苦手という特性を持っているということがあったのですけど、学校の授業での「将来の夢」という作文を書くときはいつも悩んでいた。

 

 

その時はテキトーに取ってつけたサッカー選手とかそういうことを書いていたのですけど、大人になった今でも将来自分がこうなりたいっていうものが全然見えてこない。

 

 

まぁそれでもここまでなんとか生きていくことが出来たし、将来の夢というものがなくてもまぁ良いんじゃないって最近思うようになってきました。

 

 

別に社会から求められる姿になろうとしなくてもいい

 「社会 フリー素材」の画像検索結果

 

  • 社会に貢献しなくちゃいけない
  • 好きなことを仕事にして生きていこう
  • いろんなことを勉強しなくちゃいけない

 

みたいな社会から求められる人間のあるべき姿があるのだけど、無理してその姿にならなくても別に生きていくことはできる。

 

だからこそ、他人の言うこと全てしようとしなくてもいいと思う。

 

 

www.tantandaisuki.com

 

 

社会に求められることをしなくちゃ幸せになれないなんて、そんなにこの世の中は単純でもないと思うし、自分が今幸せならそれで良いんじゃないのかな?

 

 

でも社会から求められる姿になるということは、多くの人が目指していることであり、実現したら多くの人からの承認を得ることができる。

 

 

将来の夢がないといけないっていうのも夢を持って行動するということが結果的に社会の求められる姿になるということだ。

 

 

しかし、僕の場合は別に自分自身が満足して生活できていればそれでいいという考えを持っているので、無理して周りに合わせる生き方を選択しなくてもいいということがある。

 

 

まぁそこの感性も人それぞれであるので、自分にあったやり方で幸せを感じていただければいいと思っている。

 

 

だからこそ今の世の中で多くの支持を受けている生き方が合わなかったらしなくてもいいと思うし、それを無理にして病んでしまうのは意味がないのかなって思う。

 

今さえ良ければそれでいい

「楽しい フリー素材」の画像検索結果

 

小さい頃から僕は今幸せに感じるならそれでいいという考えを持ってきていっていて、今現在もそこは変わっていない。

 

 

未来のことを考えても仕方ないし、その未来がちゃんと訪れるかどうかもよく分からないのに、考えたところで仕方ないと思っている。

 

 

例えば頑張って働いて、お金をためて優雅な老後を送ろうと思っていても、そのときに自分が交通事故にあって死んでしまう可能性だってゼロではない。

 

 

自分が思ってもないことが起こったときに「あのときこうしていれば良かった」みたいなことを思いながら死んでいくのは嫌だ。

 

 

人生自体死ぬまでの暇つぶしと考えると好きなことをして生きていったほうがその暇つぶしも楽しくなると思う。

 

 

www.tantandaisuki.com

 

 

だからこそ今という時間を幸せに生きるということを最重要課題にして、いつ死んでも大丈夫なように生きていきたいと思っている。

 

 

まぁそういう感じに生きていると将来困ってしまうかもしれないけど、まぁその時はその時だし、何とかなるだろうと思っている。

 

 

現にそうやって生きてきて、今の姿があるのだけどそんなに困ったことはない。

 

 

たぶんそれはこれからもそうだと思うし、そうなって死んでしまいそうなら自分のやりたいように生きてきたのだから仕方ないって諦めもつくと思う。

 

 

人間のすることなんてやってもやらなくてもいいようなことばかり

「社会 フリー素材」の画像検索結果

 

 

そもそも人間のすることなんてやってもやっていなくても地球や宇宙からしたらそんなにたいしたことないと思っている。

 

 

絶対にするべきこともそんなに無いと思っている。

 

www.tantandaisuki.com

 

 

自分のやったことなんて数年したらみんな忘れてしまう。

 

 

大事なのは自分で考えてやりたいことをする、やりたくないことはしないっていう選択をすることなのではないかと思う。

 

 

どうせやってもやらなくても大したこと無いのなら、自分のやりたいことだけやって生きていった方がいいと思う。

 

 

働きたいくないなら、労働を最小限にしてダラダラする時間を増やしてもいいと思うし、働きた人はどんどん働けばいいと思っている。

 

 

絶対に働かないといけないみたいな強迫感をもって生きていても、息苦しくなってしまうし、それなら働かないっていう選択肢があっても良いのではないかと僕は思う。

 

 

どうせ何をやっても死んだら同じなわけだし。

 

さいごに・・・

 

 

僕の場合は全く働かないみたいな感じの生き方よりもそこそこ働いて生活水準を落として、余裕を持った生活をしたいって思っている人間ではある。

 

 

やっぱりある程度のお金を持っていたほうが安心感を持って生活をすることができるし、お金というリソースを気にして無理な生活をするのはやっぱり違うのかなって思ったりはする。

 

 

でもそれを実現するのって結構難しいと思う。

 

 

だからこそ、自分の満足の水準を落とすということも大事になってくるし、お金に関する知識も身につけて出来るだけ身軽になるべきかなって思う。

 

 

そして「社会がこうだから」みたいな感じではなく、「自分がこうしたいから」という自分の意思で行動に移していける人間になりたいとこの記事を書きながら思いました。