ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

十分なお金がないと生きていけないっていう思い込みを捨てよう

f:id:fukai19930806347:20171209201339p:plain

 

どうもたんたん(@tantan4423)です。

 

 

以前にお金がなくても楽しいことはたくさんあるという記事を書きました。

 

 

【関連記事】友だちと遊ぶのにお金なんて必要ない。会って話をすればそれで満足なんじゃないの?

 

 

僕自身もブログと読書と時々旅に出るという感じの趣味を持っていますけど、こういうお金の掛からない趣味を持つことによってお金をたくさん稼がなくても、楽しく生きていくことはできるのではないかと思っています。

 

 

「お金をたくさん手に入れれば自由が手に入る」っていう考えもあるかもしれないけど、それってお金至上主義の中だけの自由であってそれ以外の自由があっても良いんじゃない?って思います。

 

 

お金がないと幸せになれないって流石にこの世の中不便すぎるし人生そんなにマゾゲーじゃないと僕は思っています。

 

 

お金に追われる生き方を追い求めすぎても仕方ないしお金がなくても幸せになれる方法について考えることって大事なんじゃないかって思っています。

 

 

みんなが金持ちになれるわけじゃないという大前提

 

「お金持ち フリー素材」の画像検索結果

 

この国に出回っているお金の数なんて限りがあるわけなんだし、そのお金をみんなが奪い合っている。

 

 

そういう仕組みだからみんながお金持ちになることなんて不可能じゃないだろうか??

 

 

しかし、その世の中では「頑張って働けば幸せになれる」みたいな感じの価値観が溢れかえっていてお金がない人に対して「自己責任だ」といって突き放すことがある。

 

 

でも資本主義においてお金は奪い合いになるわけなんだから、お金持ちになる人がいるならその一方でお金がない人が出てくるのは当然の話だと思う。

 

 

世の中そういう感じになっているのにお金がないことをその人の責任にするのはちょっと違うような気がする。

 

 

でもこういう勝ったものだけがお金をたくさんもらえる世の中においてお金をもらえない人はみんな不幸になっていいか?って言われたらそんなことはない。

 

 

みんなが幸せになる権利もあるわけなんだし、お金がないからって自分の幸せを諦めてしまうって1度きりの人生なのに何かもったいないような気がする。

 

 

それならもっと頑張ってもらえるお金を増やすより、少ないお金で幸せになる方法を探していくほうが良いような気がする。

 

 

そもそも日本人はただでさえ他の国より働きすぎなのに、これ以上頑張って働いても体を壊すだけでしょう??

 

いくら頑張ってもそんなにもらえるお金が増えないのなら意味がないでしょう。

 

 

少ないお金で幸せに暮らす方法さえ覚えていれば無敵になれる

 

「ミニマリスト フリー素材」の画像検索結果

 

僕は給料自体は低いけど、お金をそこまでかけなくて楽しく生活しています。

 

 

その楽しさは趣味が充実しているということが僕にとっては結構大事なことだと思っていて、好きな趣味があるから仕事もがんばれますし、なんか嫌なことがあっても趣味に救われるということが多いです。

 

 

しかし、趣味もたくさんあってお金がかかる趣味もあればかからない趣味というものがあります。

 

お金がかかる趣味をしている人はその分お金を稼がないといけなくなるので、辛くなってしまうことだってあるし、お金がないときに趣味を我慢しないといけなくなってしまうのは辛いと思います。

 

 

僕の場合はブログと読書が主な趣味でブログも年会費さえ払ってしまえば後は好きなように使えますし、本は図書館や古本屋やprime readingを活用すればタダで読めるのでコスパは高いですね。

 

 

まぁ気になる新刊や、手に持っておきたい本があればそのときにブックオフとかアマゾンの中古とかで買うのですけど、基本的に僕の趣味にかかるお金って月に5000円位なんですよね。

 

 

食事も自炊して安く済ませますし、通信料もネット環境とスマホ合わせても5000円前後なのでこれで自分が好きなように趣味を楽しめるのなら良いのではないでしょうか??

 

 

お金を必要としない生活に慣れておけば、いざお金が多くてに入ったときも散財することもないし、その分貯金に回していざというときに備えることだって出来ます。

 

 

もちろん生きていくためには最低限度のお金は必要だとは思いますけど、働けない人でも社会保障によってその最低限度のお金をもらうことは出来ます。

 

 

結局自分の満足の水準を下げて、少ないお金で幸せに生きていくことさえできれば何が合ったときも不幸せにならずに済むのではないかと思っています。

 

 

幸せをお金に依存した生き方は、お金がないときに破綻する

 

「破綻 フリー素材」の画像検索結果

 

自分の幸せをお金があるかないかということを基準にして考えてしまうと、お金がないときに不幸せになってしまい「僕はなんてダメなんだ」みたいな気持ちになって心を病んでしまったり自殺をしたりするのかなって思う。

 

 

そうならないためにもお金以外の幸せの拠り所を作るということが大事なんじゃないのかな??

 

「お金がないなら死ぬしかない」という弱者には厳しい社会なんですけど、お金がなければ生きてはいけないってそんなことはない。

 

 

それこそお金の奴隷になっていると思うし、すべての人間が幸せに生きる権利があるってことが日本国憲法生存権にも記載されている。

 

 

だからこそ、お金に自分の幸せを左右されないセフティーネットみたいなサードプレイスやミニマリスト生活などを作っておくと生きるのが比較的に楽になる。

 

 

ゲストハウスに行けばHPを回復できるので、安心だ。

 

ノープラン尾道旅日記 - ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

 

僕は尾道に何回は救われているww

 

さいごに・・・

 

お金があって幸せなのは当然ではあるけど、お金がなくても幸せになるって何かかっこいいような気がする。

 

 

お金なんて状況に合わせて増えたり減ったりするものだと思っているので、無理して増やそうとして心を病んでしまってもしょうがない。

 

 

お金がなくても楽しく生きていくことができることは選択肢を増やすだけで楽しく生きていくことができると信じて僕はミニマリスト生活に励んでいます。

 

ということでこれにて終わります。

 

閲覧ありがとうございました。