ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

貯金をすることにデメリットはないと思う。無理せずに貯めれるならね

f:id:fukai19930806347:20171203205135p:plain

 

 

 

 

皆さん貯金はしていますか??

 

 

僕は基本的に毎月少ないながら貯金をしています。

 

 

別に貯金は絶対にしないといけないみたいなことは考えておらずその月に使い切れなかったお金を別口座に落としている感じですかね。

 

 

僕は田舎の介護職ということもあり結構絶望的な給料なんですけど、お金をかけずに楽しく遊べるコンテンツがあるので、そんなに今の給料でもお金が余るくらいですね。

 

 

【関連記事】友だちと遊ぶのにお金なんて必要ない。会って話をすればそれで満足なんじゃないの?

 

よく、「貯金してどうするんだよ?」とか「貯金してもいつ死ぬかわからないぞ」みたいなことを言う人が結構ネット上にいます。

 

 

確かに使いみちのない貯金はないも同然かもしれませんし、死んでしまったら意味がないと思ってはいます。

 

 

でも貯金にはそれらには変えがたい絶対的な安心感があると思っています。

 

 

結局余ったお金を貯金に回しているだけ

「貯金 フリー素材」の画像検索結果

 

 

僕の場合は「よし!貯金するぞ」と思って貯金しているのではなくて、ただ給料が余ったから貯金に回しているだけです。

 

 

別に貯金するためにやりたいことを我慢しているわけでもないし、少ないお金で生活する力を持っているので自然にそうなっています。

 

 

本当にやりたいことがあればお金は余らずに貯金に回すことはできません。

 

 

しかし、今の僕がしたいことはブログを書いたりネットをしたり本を読むといった比較的にお金のかからないものになっています。

 

 

そうなってくると自然にお金を使う機会も減って、貯金に回るお金が発生するわけです。

 

無理して生活を切り売って貯金をするぐらいなら貯金はしなくてもいいとは思っています。

 

 

しかし、貯金があることによって人生そのものに余裕が出てくる事も確かにあるので、貯金はするに越したことはないという結論にはなります。

 

 

自分が無理せずにお金を貯めれるシステムづくりを構築することって結構重要なことではないかと思う。

 

 

僕の場合はお金をそんなに使わなくても楽しめる趣味がある事や、自炊を楽しくしているから無理せずにお金を貯められていると思っています。

 

 

余剰資金を必ず自分自身の投資に使わなくてもいい。

 

「自己投資 フリー素材」の画像検索結果

 

よく「余ったお金は自分自身に投資しろ」っていう話は聞くのですけど、そこまで自分自身を意識高くして強化していきたいと思いません。

 

 

そこで投資してある能力が身についてお金が多くもらえたとしても、その多くもらえた分はまた投資するのですかね??

 

 

それって結局成長神話に囚われ続けていることにもなるし、別に成長しなくたって幸せに生きていくことは十分可能だと思っています。

 

 

逆に「成長しなくちゃいけない」という強迫概念が自らを縛り付けて、結果幸せとはほど遠い結果になってしまうことだってあります。

 

 

さらに僕の場合は趣味のブログと読書が自分自身を高めてくれている部分はあるので、楽しみながらやっていけることを見つけるというのが大事なのかなって思う。

 

 

本当にほしいものが出来たときのために蓄えを作っておく考えも非常に良いと思います。

 

お金は今の世の中においては万能のツールだし、それをいつでも使える状態を貯金によって作っておいてもいいと思います。

 

 

まぁその余剰資金を使わないのなら仕事を減らせという意見もありますけど、それは「確かにそうだな」とは思います。

 

 

今使わないお金のために多くの日を出勤するぐらいなら余剰資金はいらないから働く日数を減らすというのはすごく合理的です。

 

 

それでも僕は安心材料を作るために余剰資金を貯金するようにしています。

 

 

多分ある程度のお金がかかったら貯金はやめて半セミリタイア状態になってそこらへんをフラフラする生活をしたいですね。

 

多額の貯金を残して死ぬ事は別にどうも思わない

「貯金 死ぬ フリー素材」の画像検索結果

 

貯金があっても死んだら意味ないとは思いますけど、かと言ってそのために今ある安心材料を手放すわけにはいかないですね。

 

 

最悪いつ死んでもいいように貯金はまだ生きている家族や友人に渡すかクラウドファンディングに支援するみたいな事は考えています。

 

 

自分が死んだとしても周りの人は生きているわけなんだから、お金がなくて辛い人に少しでも助けになればとかとは思っています。

 

 

別に死んだらなんでもないわけなんだし、幸せに過ごせていれば残った貯金とかどうでもいいと思います。

 

 

結局我慢せずにためた貯金だからそこまで執着がないんですよね。

 

 

やりたいこと(ブログ、歌、本、たまに旅)は出来ているし、それ以上を望んだところでそんなに意味もなさそうだし、新しい自分を探したいなんても思いません。

 

 

いくら成長したって死んだら同じなんだし。

 

自分が満足するようにお金が使えればそれでいい

「お金 使う フリー素材」の画像検索結果

 

今の自分を我慢して将来に備える意味での貯金はクソだと思うけど、今が満足した上の貯金は正義だと思う。

 

 

僕の場合は後者にあたり、貯金をしなくちゃいけないという強迫もないし、ただ単に使いきれなかったら貯金しているぐらいが精神的に楽だと思う。

 

 

もし将来に海外移住したいとかそんなこと思い立ったときにまとまった資金があればすぐに行動に移せるのもいい。

 

 

人の気持ちって結構簡単に変わるし、一貫性があるようでないような部分もあるので、物事に飽きたときに貯金は力を発揮すると思う。

 

 

どのような状況になっても、満足するようにお金が使えるようにマネジメントするのはみんながした方がいいと思いました。