ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

クラウドファンディングで他人にお金を渡すという事を考えてみる

f:id:fukai19930806347:20171124145320p:plain

 

 

 

少し前の話なんですけど、大学生が出産クラウドファンディングをしたことが炎上していました。

 

 

クラウドファンディングでの炎上って結構あるのですけど、人からお金を集めて自分の目的を達成させるようなシステムなので仕方ないというのが僕の持論です。

 

 

【参考記事】雑魚がクラウドファンディングのやり方を知り、実施してはダメな理由 - ハックツ | 初心者から正統に稼げるWEBスキルを。わかりやすく・身近に・面白く

 

 

今回この記事を書こうと思ったのはこちらの相田ケイさんの記事を読んだからです。

 

タイトルは結構煽り気味で書いているのですけど、非常にいい記事だと思います。

 

良かったら読んでみてください。

 

多分今回の記事はそれとは少し違った考えで書いているので良かったら最後までお付き合いしていただけるとうれしいです。

 

 

どんな内容だろうとクラウドファンディングで支援を募るのは別にいいと思っている

f:id:fukai19930806347:20171124144539j:plain

 

 

 

僕自体クラウドファンディングに関してはネットの情報をみたぐらいで実際に参加はしていないのですけど、こういうサービスが実際にあるわけなのだから炎上した彼がどのような経緯があっても、支援をお願いしてもいいとは思います。

 

 

 

結局そういうふうにクラウドファンディングは出来ているし、支援する側は支援するかしないかは選べるわけなんで、そこは自己責任ではないのかなって思うところもあります。

 

 

まぁそうすると支援してから自分の意に反したことを募集した人が行ったりしたら、どうしようもなくなってしまうので、お金の振込日を締切日に設定していつでも取り消しができるようにすればいいとは思ってはいます。

 

 

今回の件に関しても、さきにお金を振り込んだのにあとになってその人に支援しなくちゃ良かったと思えるような言動をして炎上したわけなんだし。

 

 

そもそも何もない状態から善意でお金を集めるわけなんだから、それぐらいの事はしたほうが、立ち上げ者も自分の言動に気をつけたり多くの人を信用させるような説明をするような気がします。

 

 

せっかく支援するのに支援側が嫌な思いをするのは違うと思うからね。せっかく応援したいと思ったのにその気持ちを裏切る形にもなります。

 

 

ぶっちゃけ今回の炎上案件も『お金がなくて困っています。助けてください』って素直に言えばよかったと思う。

 

 

変に社会的な意味とか唱えてしまったから変なことになったと思う。

 

 

結局、お金がほしいからクラファンしている以上エゴでしかないので、そんなの割り切って物乞いみたいに『お金をください』っていえばよかったと思う。

 

 

実際に路上に立って物乞いをしなくていいわけだし、非常に簡単な物乞いがクライドファンディングやポルカみたいなサービスなんじゃないのか??

 

 

 

お金を他人にあげる行為自体に満足している

 

 

「お金を渡す」の画像検索結果

 

まぁ僕ならこの彼に出資して後になって、変なことを言ったとしても別に構わないと思う。

 

 

人間って人にお金をあげるという行為自体に喜びを感じる生き物であり、その人がどのようなことにお金を使おうと、自己欲求を満たすことができると考えている。

 

 

別に得した損したとかそういう話ではなくて、僕の場合は人にお金をあげて喜んでもらうだけで結構満足する。

 

 

1000円を自分の欲しいものを買うより、人に上げるほうが幸福度は高い。

 

 

値段が上がってしまったらその価値観は変わってくるかもしれないけど、自分に無理のない少額なら結構ハードルも低いし、感謝されるしでコスパいいんじゃないかと思う。

 

 

そう考えていると別にクラファンじゃなくてもポルカでもいいと思ったけど、ポルカにしてもクラファンにしてもみんなで力を合わせてお金を出すという本質は同じだし、別にどっちでもいいと思う。

 

 

どうやらクラファンは、目的を必ず達成するという感じの縛りが強そうなのでポルカみたいに緩くしたほうがいいのかなとは思う。

 

 

結局今回のことを炎上させている人は、出資をしていない人だと思うし、別に支援した人が満足いっているならそれでいいんじゃないかという事もある。

 

 

こういった人助けのサービスでリターンを求めるのはどうかとは思うけど、寄付をしてもらった人は感謝をし、幸せな姿を見せてくれたらいいのではないかとは思う。

 

 

お金を払った側が偉いみたいな文化

 

「偉そう」の画像検索結果

 

物乞いに対してリターンを求めること自体、意味ないんじゃないって思う。

 

 

リターンを求めてお金を払うなら、パチンコや競馬や株をすればいいわけだし、でもクラファンって単純に「この人の力になりたい」という思いで、出資している。

 

 

その関係性の中でお金を払ったほうが偉くて、払ってもらった側はなんでも言うことを聞かなくちゃいけないみたいなものはいらない。

 

 

そもそもクラファンはそういう場所じゃないことぐらい分かっているでしょ??

 

 

いいじゃん自分が力になったという事実だけあれば。

 

 

お金をあげた側は偉ぶらない。貰った側は感謝し嬉しそうにする。

 

 

これってとても大事なことなんじゃないかなって思う。

 

 

ぶっちゃけ今回の炎上だってそれに関係していない人間が起こしているし、別に放っておいたっていい問題だと思った。

 

 

支援者が満足して、ありがたくそのお金を使ってくれればそれで終わった話だ。

 

 

結局お金をもらう側はしっかり説明して誠実であって、社会性があって、信頼を集めないといけないのは何かハードル高い。

 

 

そもそもそれができる人間がお金に困ったりするのだろうか??

 

 

こういうサービスは誰でも使えるということがいいと思う。

 

 

まぁ変な詐欺とか、支援したけど相手が信用できなくなったというケースが発生したときのために支払いをすぐキャンセルする仕組みは必要だとは思うけど。

 

 

簡単に支援をキャンセルできるシステムを導入してみては??

「返金」の画像検索結果

 

道端にいる物乞いにお金を渡しても返って来ないですけど、ネット上ですべてを完結するクラウドファンディングだったら、返金するようなシステムを充実さたほうがいいとは思った。

 

 

実際に会った事ない人にお金を渡すということもあるけど、支援したことを後悔した人用に締め切り日までなら返金できるみたいな感じにした方がいい。

 

 

一回クラファンにお金を渡して、期間が過ぎたら支援者に振り込まれ、それまでなら簡単にキャンセルできるようにするのもいいと思う。

 

 

今のシステムでもプロジェクト失敗の際に返金する保障がついているのもあるのですけど、パトロン募集中に簡単にキャンセルできるようにすれば、信用できなくなったら取り消すみたいな感じもいいと思う。

 

 

もとはないお金なんだから別にいいと思う。

 

 

さいごに・・・

 

 

ネットを使って助け合うという文化は素晴らしいと思いますけど、こういう炎上の話とかを聞いているとなかなか難しいなとは感じています。

 

 

結局お金を介してしまうと、損得で考えてしまいます。

 

 

比較的新しい方のサービスなので人々の考え方も適応出来ていないかもしれないけど、支援側は損得考えずにお金を投げる気持ちを持つべきだと思うし、支援してもらう人は精一杯伝えるということが大事なのではないかと思います。

 

 

募集する側の意識もありますけど、それ以上に支援する側やその周りの人の考え方もあるのではないかと思った一件でした。