ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

ノープラン尾道旅日記

 

どうもたんたん(@tantan4423)です。

 

 

 

衝動的に明日どこかに行きたいと思ったから行きます - ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

 

前回のこの記事を書いているうちに、宿を予約して尾道に行っています。

 

 

ちなみに衝動的な感じで勢いで何も考えずに予約をしてしまったのですけど、当日は7:00~16:00までの勤務でした。

 

 

僕の住んでいる島根から尾道まで車で2時間ぐらいかかるのですけど、朝起きてちゃんと運転できるか不安になりました。

 

 

ちなみに仕事は今日は入浴をしたのでいつもより疲れるハメに・・・

 

 

働きたくないでござる〜

 

 

でも予約をしたし、旅に出たいという思いが収まることを知らずに疲れている体に無知をうって大雨の中尾道に向かいました。

 

f:id:fukai19930806347:20171207220503j:plain

 

 

ということで僕の大好きな尾道の大人気ゲストハウス『あなごのねどこ』です。

 

 

以前も一回行ったときにめっちゃ居心地良かった のでもう一回きちゃいました。お金も比較的に安いので貧乏旅行には最適ですね。

 

生まれて初めて尾道にひとり旅で行ってきた話 - ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

 

生まれて初めて尾道にひとり旅してきた話part2 - ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

 

生まれて初めて尾道にひとり旅をしてきました! 〜完結編 - ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

 

前回は朝食を和食セットにしたのですけど、今回は洋食セットにしました。

 

f:id:fukai19930806347:20171207221109j:plain

 

なんかこの札可愛いですねぇ(笑)

 

あなごについたら荷物の整理と寝床を作ったらすぐ共用スペースにあるこたつに引きこもりパソコンを開始。ツイッター楽しい

 

 

そうしていると徐々に他のゲストさんがこたつに集まってきて、自分の好きな作業をしたり話したりと好きなことを始めました。

 

今回は僕と同い年ぐらいの男の人が2人いてその人といろいろ話したりしました。

 

地元の話しや言った旅先の話をしたりしましたが、ここで新たなる旅情報をゲットしましたww

 

 

 

ゲストとの会話をしているとお腹が空いてきたので散歩がてら街を散策。

 

 

僕のアイコンの猫ちゃんはまだ生きているかなぁ。前回行ったときはまだ生きていたけどなぁ。

 

と思いながら歩いているとラーメン屋を見つけたので入ってみることに・・・

 

f:id:fukai19930806347:20171207221845j:plain

 

今日はお腹も空いていて特別なものが食べたいということもあったので、チャーシューメン大盛り(850円)を食べました。

 

f:id:fukai19930806347:20171207222012j:plain

 

もちろん美味い。尾道に来ると絶対尾道ラーメンを食べているけど、毎回美味しくいただかせていただいています。

 

今回は名前もよく知らない店でしたけど、普通にうますぎました。マジ贅沢。

 

 

お菓子を買ってゲストハウスに帰って、またこたつでダラダラしながらゲストハウスで無料で飲食できるお菓子やコーヒーやみかんを食べていたけどマジサイコー。

 

 

パソコンやスマホでいろんなコンテンツをみながら、たまにゲストと交流するこの緩やかな感じ大好き。

 

 

いつも島根にいたから頭が狂ってしまいそうになっていた僕なんですけど、本当に尾道ゲストハウスに行って良かったとすでに思える。

 

 

旅に求めていることとしていつもと違う環境に身を置いて日常を見つめ直すということがあったのですけど、ゲストハウスに行けばそれにプラスされて、幸せな気持ちになれるんですよね。

 

いろいろ嫌なことあったり、今の生活にうんざりしていたのですけど、こういう違う場所に行くと冷静に自分を見つめ直すことができるのでいい。

 

結局、僕は多様性が薄い田舎にうんざりしていて、その田舎から飛び出したいのだ。

 

無理して今の環境にいても仕方ないと思うし、田舎は僕を幸せにしてくれない。

 

だからこそ、今ある問題を素早く片付けて、早く出ていきたい。

 

その決意は固くなった。

 

別に僕は間違っていない。そもそも間違いも正解なんて人生にないのだから好きなように生きればいいと思った。

 

 

ということを今回の旅で感じた

 

オマケ