ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

「イケメンは性格悪い」より「ブサイクは性格が悪い」というケースが多い件について

f:id:fukai19930806347:20171116165558p:plain

どうもたんたん(@tantan4423)です。

 

今回もイケメン論について書いていきたいと思います。

 

今回は性格的な話にしていきたいと思います。

 

この話をする前提としてイケメンはイケメンになるための努力をしている人、ブサイクは何もしてきていない人ということで読んでいただくと僕の伝えたいことがまだわかりやすいかもしれません。

 

犯罪者の顔を見るとほとんどの人がブサイク

f:id:fukai19930806347:20171116163015j:plain

 

結構世の中には「イケメンはナルシストだから性格悪い」みたいな話を聞くこともあるのですけど、僕はいつも疑問に感じています。

 

基本的に犯罪を起こす人はブサイクだし、イケメンで女の子にモテて人生楽しいと思っている人が犯罪を起こす必要なんてないじゃないですか??

 

逆に僕が知っているイケメンはみんな自信にみなぎっていて心の余裕を感じていて言動も非常に落ち着いているように感じています。

 

それだけの事実でも僕はブサイクという事実が性格を歪ませている部分はあるのではないかと思ってしまうことがある。

 

別にみんながみんなそういうわけではないのは分かっているけど、実際にブサイクはイケメンの何倍も人生というゲームの難易度が上がっているわけでもあるし。

 

自分に自信がないと人と比べがちになってしまい、嫉妬感や焦燥感を感じてしまい、心の余裕がなくなってしまうのではないでしょうか??

 

もし犯罪者の顔がイケメンでちやほやされる人生を過ごしていたら犯罪を起こそうという気すら起きないと思う。

 

実際に僕のブサイクで女の子にモテない同僚だって、女性社員にストーカーしていましたからね。

 

【関連記事】仕事仲間にストーカーする男の話を聞いてブサイクは罪だと感じた

 

あと僕からすると別にナルシストっていいことなんじゃないかって思うんですよね。

 

自分に自信を持っていることだし、そのプラスの自信は幸せに生きていく上では必要なものですからね。

 

「俺はイケメン」って言ったところで不快になるのは自分に自信がなくて他人を攻撃するような人なわけだし、別にそれが性格が歪んでいるとは思わない。

 

それよりも嫉妬や焦燥で踏み越えてはいけないラインを超えてしまうブサイクな犯罪者のほうが圧倒的に性格が歪んでいるような気がする。

 

結構極端なことを書いたかもしれないけど、自分に自信を持つことは別に性格悪いわけではないと思う。

 

人と比べたり、無い物ねだりしちゃう人のほうが実際に社会において外になるケースのほうが圧倒的に多いような気がする。

 

美女、イケメンを悪に仕立て上げたい連中

f:id:fukai19930806347:20171116163143j:plain

 

そもそもイケメンが性格悪いって言う言葉自体、イケメンになろうとしていない人の嫉妬でしかないし、なんの根拠もない。

 

実際に犯罪者のブサイク率は高いし、周りの人間をマイナスにしてしまうのもイケメンよりブサイクの人のほうが多いような気がする。

 

何度も言うけど、全ての人がそうであるとは限らないからね。

 

そもそもその人がイケメンなのはその人が正しい方向に努力しているからであり、細かいところにも気を使ったりしているからだ。

 

職場でも清潔感のある格好をしていたり、レディーファーストだったりする。

 

自分の存在しているだけで他人に不快感を与えないための努力はしているのだ。

 

しかし、それをせずに上下ダボダボなジャージ、ボサボサな髪、他人へのコミュニケーションの一方通行感で他人を不快にしている人ほど「人間は顔じゃない性格だ」みたいなことを言っていて笑える。

 

そもそも自分の見かけに気を使えずに他人に不快感を与えてしまう人は中身すら見られないし、自分のメンテナンスも全然できない人が他人の心のメンテナンスができるのだろうかと疑問になる。

 

やっぱりイケメンのほうが人当たりもいい。

 

自分に余裕がある人間は性格も穏やかですべてを包んでくれる感じがして同性の僕からしても好感がモテる。

 

イケメンになるための努力をしていないくせに、結果だけみて嫉妬して「イケメンは性格悪いに違いない」って思うこと時点で歪んでいる。

 

あんたの知らないところで努力しているんだよって言いたい。

 

イケメンになろうとしている人はブスではない

「髪セット メンズ フリー素材」の画像検索結果 

僕がここで言っているブサイクはイケメンになることを放棄して嫉妬にまみれた人のことだ。

 

実際に自分のメンテナンスをするようになってから周りの反応が変わることって肌で感じることができる。

 

  • 女店員の笑顔が増える
  • 逆ナンされる
  • 女友達が増えた
  • 笑っていれば許してもらえることが増える

最後のはどうかと思われますが、実際にニコニコしていればちょっとしたミスをしたときに必要以上に責められなくなった。

 

逆にブサイクが俺と同じようなミスをしたときはめちゃくちゃ責められていた。

 

世の中理不尽だと感じるかもしれないけど、しょうがないかもしれない。

 

同じ仕事をしていてもイケメンかイケメンじゃないかによってお客様の反応も違うし、能力は低くても結果が出るようなことは結構ある。

 

結局世の中の人はブサイクよりもイケメン、美女のほうがいいのだ。

 

なら努力してそっち側へ行ったほうが人生のコスパはいいと思っている。

 

僕の場合はそんなにコストをかけずにイケていると思う。

 

服も全身無印かユニクロだし、髪だって千円カット、カットモデルで安く済ましている。

 

まぁ身長が高くて体型もスッとしている生まれ持ったアドバンテージがあると思うけど、他人に不快感を与えないためのことはそんなに難しくないと思っている。

 

さいごに・・・

 

 

またナルシスト全開の記事なってしまいましたが、イケメン、美女は性格悪いという声が結構あって、自画自賛することを性格悪いとされていますけど、自分に自信があることは他人に迷惑をかけたりするわけじゃないですからね。

 

逆に自分に自信がない人のほうがそのマイナスな感情を外に出してしまいがちなので、たちが悪いのではないかと思う。

 

結局自分のことを好きになれない人が多いわけなんだから、嫉妬の念をもってイケメンや美女を否定しているだけなんだなって感じました。