ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

寒いと家でラジオ体操するだけの引きこもりになってしまう

 

どうもたんたん(@tantan4423)です。

 

 

最近寒くなってきましたね。

 

 

今日から12月なので当然のことなんですけど、寒いのは本当に苦手ですww

 

 

小さい頃はそんなこと構わずに朝早く起きて近所をランニングしたり、学校に早く行ってサッカーの朝練を友達と一緒にやっていたのですけど流石に今は無理ですね。

 

 

強いて言えば、朝起きて仕事行く前にラジオ体操をしています。

 

 

最近はYouTubeのおかげで、どの時間にもラジオ体操ができるのでいいですね。もちろん家の中で行います。

 


ラジオ体操第一

 

基本的にはラジオ体操は第一のみしか行わないのですけど、気分のいいときは第二も一緒にして筋肉モリモリをしています。

 


ラジオ体操第1・第2

 

「ラジオ体操 第二 恥ずかしい」の画像検索結果

 

ちなみに僕の勤めている施設では毎日朝の11時になったら、体操やレクリエーションをするのですけど、ここでもラジオ体操やリハビリ体操を行うので、1日にラジオ体操を2回行うような日々を過ごしています。

 

 

基本的に僕は全力でラジオ体操をするので他の職員や利用者から体操の先生みたいな扱いを受けています(リズム感ないし、体が硬すぎる)

 

 

こういう体操をして出来るだけ体を動かすようにしているけど、やっぱり他の季節と比べて明らかにダルけてしまいます。

 

 

冬以外の季節では、夜に散歩に行くのですけど寒いと家から出たくなくなるし、こたつに入りながらインターネットをしたり本を読んだりをずっとしています。

 

 

これで仕事をしていなかったら確実に引きこもりまっしぐらですね。

 

 

まぁ引きこもりと言っても家でラジオ体操をしたり本を読んだり自炊をするので何かアクティブな人になってしまいますけど、周りからみたら分かりませんからね。

 

 

こういう時期になるといつも思うこととして、他のどうぶつはなんで冬眠するのに、人間は外に出て働かなくてはいけないのか?という疑問だ。

 

 

寒くて外出たくないのは人間も同じなのに、なんで寒い中大した行きたいと思わない職場に行くのだろうか?

 

 

人間にも冬眠休暇みたいにみんなが家でごろごろするような時期を設定してもいいんじゃない??

 

 

逆に仕事に行っているおかげで引きこもりが加速して他人と話せないみたいなことになっていないかもしれないけど、全体的にこの時期はみんな気持ちも暗くなって非生産的になりやすいので仕事の量を減らすみたいな感じになってもいいんじゃないかな?って思う。

 

僕自身も寒いとネガティブになったり、今いる場所から遠いとこに行きたくなったりすべてを投げ出したくなる気持ちになる。

 

 

たぶんこれは寒いから認知の歪みみたいになってなかなか冷静な判断ができなくなってしまうからかもしれない。

 

 

ついでにいうと休みの日も家にこもりがちになってくるので、インターネットが楽しいコミュニケーションの頼みの綱みたいな感じなってしまう。

 

 

でも別にそれでいいような気がする。寒いときは無理して何かをするのではなくて、「そろそろ動こうかな」って思えるようになるまで休みまくるのは大事なのではないだろうか??

 

 

そろそろ衝動的に架空の病気をでっち上げて合法的に仕事を休む季節がやってきたのだけど、できれば罪悪感なく思い切り休みたいので、「寒いよ休暇」みたいなものを取り入れてくれるありがたい。

 

 

そんなこと現実的に無理なんだけど、そもそものミニマリスト生活をしてそんなに働かずに生きていくみたいな感じになれば実現はしそうだ。

 

 

大原篇理さんみたいに