ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

「ごめんなさい」より「ありがとう」を多く言える人であり続けたい

どうもたんたん(@tantan4423)です。

 

みなさんは「ありがとう」と「すみません」どっちのほうが使う機会が多いですか??

 

僕は基本的に「すみません」や「ごめんなさい」という言葉は使わないようにしています。

 

何かこれらの言葉って発しただけで気分が落ち込んでしまうし、すべてが自分が悪いみたいな感じがして腑に落ちないじゃないですか??

 

それよりも「ありがとう」や「助かりました」という相手からしてもプラスになるような言葉を多く言うようにしています。

 

謝ってもらわないと気がすまない人って結構多いかもしれないですけど、全ての出来事が100%正しいとか悪いってことって殆ど無いわけですからね。

 

こういう言葉一つでも他人を思いやる心が大事なのではないかと思い、この記事を書きました。

 

言った自分も言われた相手も気持ちよくなれる言葉

f:id:fukai19930806347:20171102233504p:plain

僕は本当に自分が80%以上悪いと思った時以外には基本的に謝らない人間です。

 

こう聞くと凄くいやらしいやつに思えますけど、謝罪をしたところで何も解決しないし、お互いがギスギスしたままじゃないですか??

 

それって全然スマートじゃないですよね。

 

何か親が子どもに間違ったことをした時は謝ることが大事みたいなことを重点的に教えていますけど、それよりもしっかり「ありがとう」と伝えられるようにした方がいいと思います。

 

結構ありがとうが言えない人は多いです。

 

よくあるパターンが誰かに仕事を手伝ってもらったときに「すみません」って言うヤツ。

 

なにがすみませんなのか全然わからないし、手伝ってもらって申し訳ないという気持ちが先行しすぎてその人がしてくれたことに対して感謝の意をしっかり伝えようとしていないようなきがする。

 

誰かに何をする人はその人からのありがとうという言葉を聞きたいのにすみませんって言われたら何か距離を感じるような気がして悲しい気持ちになってしまいます。

 

別に自分が申し訳ないと思ったことをして誰かにフォローされたときもありがとうでいいです。

 

すみませんと言って相手と距離を感じてしまうのもあれだし、謝るということはその相手と対等でいられないということでもありますからね。

 

「ありがとう」を伝えればスムーズに関係を作っていく事ができるのではないでしょうか??

 

すぐ謝る人と謝罪を要求する人は信じられないし、関わりたくない

f:id:fukai19930806347:20171102234104p:plain

 

謝ることによって物事が解決するのなら良いのかもしれないですけど、逆に状況が悪化することが多いのではないでしょうか??

 

謝る方と謝られる方って上と下の立場に分かれてしまいますし、関係性においてそこからのやり直しってキツイようなきがする。

 

そもそも謝罪を要求する人なんか最悪と思っていて、関係をぶち壊しに来ているのかな?って感じる。

 

そもそも謝れば許すとか結構甘い世界だと思うし、謝るだけで何とかなるような問題なら重大度は低いようなきがする。

 

結局すぐ謝る人は「謝っとけばなんとかなる」という甘い考えをもって生きていると思うし謝罪を要求するような人はただ単に相手を蔑んで快感を得たいだけのような気がするから、基本的に謝る必要はないと思っている。

 

でも、世の中は問題が起こるとすぐ謝らせようみたいな感じになっていて、このような他人に超厳しい社会が生きづらさを感じてしまうような人を生み出しているのではないかと思う。

 

別に犯罪を起こしたわけじゃないのに謝るなんて僕には意味がわからない。

 

迷惑をかけたのなら「僕のために◯◯してくださってありがとうございます」でいいような気がする。

 

ほとんどの「ごめんなさい」は「ありがとう」に変換できる。

 

「ありがとう」を多く言える人が愛されるし、幸せな人生を送れる

f:id:fukai19930806347:20171102235443j:plain

 

結局僕も職場ではこのようなことを意識して人と関わっているので、比較的不快な表情をされることはない。

 

中には謝罪が欲しいみたいな人がいるけど、そんな人は無視でいい。

 

結局マイナスな空気に持ち込まない為にも自分だけでもプラスな言葉を出していきたい。

 

せっかく人と関わるのなら愛されるような人になりたいし、よりよい関係を作っていきたいと思う。

 

その上にも感謝は大事だと思う。

 

自分自身も社会を構成する一部分としてよりよい社会を作っていくためにもごめんなさいを封印して、ありがとうを多用していきたい。

 

もし僕のありがとうで救われる人もいるかもしれないし、ありがとうには無限の可能性があると思っている。

 

この記事を読んだあなたもありがとうを多く言えるような人生を過ごしてみませんか??