ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

簡単にイケメンになれる!?ブサイクで理不尽な目に合わないためにやっておきたい事

 

 

 

どうも読書大好きたんたんです。

 

最近Amazonのprime readingで読書をしていて本を全く買わなくなって来たのですけどこの読み放題サービスで読める本でとても面白いと感じた本があったので記事にしたいです。

 

その本が藤沢さんの『イケメンはつくれる』です。

 

 

イケメンは、つくれる。: この物語の主人公「ユウキ」は、過去の僕の姿です。

イケメンは、つくれる。: この物語の主人公「ユウキ」は、過去の僕の姿です。

 

 

 

このブログでもセックスの事やファッションの事など女性に受けるための事を書いていますのでこの本に書いてあることは非常に参考になりました。

 

僕個人もイケメンはつくれると思っていて、最低限の身だしなみを整える必要はあります。

 

この本にはそういった方法が物語方式で書いてあって非常に分かりやすかったです。

 

今回はイケメン作り方について参考になる部分を書いていきたいと思います。

 

自分の骨格にあった髪で毎日スタイリングする。

 

f:id:fukai19930806347:20171101003346j:image

 

僕自身髪型はソフトモヒカンにしていて月に一回は1000円カットで切っています。

 

髪を短くする理由としては髪を洗うとき楽だしスタイリングが楽だから。

 

面倒くさがりな性格でもあるし、ソフトモヒカンが結構自分からしたらしっくりくるので、この髪型を続けています。

 

簡単に言うと思考停止ですね。

 

まぁそもそも背も高いし顔もくっきりしている方なのでどのような髪型もそこそこに似合うのだと思うのですけど、自分にとってのベストを尽くしていません。

 

本書では自分に合った髪型をお金を払ってでも上手い人に切ってもらってカッコよくなるスタイリングを聞く事が大事だと言われています。

 

スタイリングにしても、単にジェルやワックスをテキトーに付けるのではなくて、髪を少し湿らせて水分を含めたジェルを塗布することによってツヤ感を出すことがモテ髪になります。

 

髪に関してはツヤがあることによって、健康的な印象を与えられることができます。

 

僕も一応毎日スタイリングをしているのですけど、テキトーに短い時間で終わらせていました。

 

毎日いろんな角度から自分の髪を見て、ベストなスタイリングを練習することによってモテるようになるとの事です。

 

確かに顔のパーツがそこまで良くなくても髪が決まっていたら印象もだいぶ変わりますよね。

 

と言っても多分1000円カットは辞めるつもりはないです。

 

1000円カットもしっかり細かく具体的に注文すればうまく切ってくれますし、スタイリングのやり方も教えてくれますからね。

 

まぁでもなにも知らない間は美容院に行くべきかもしれません。

 

 

服は無難なモノ。ユニクロの黒スキニーと白シャツは必ず手に入れたいアイテム

f:id:fukai19930806347:20171101003712j:image

 

髪とともに大事なのはファッション。

 

とにかくオシャレに服を着るのはハードルが高いので、とにかく無難で相手に清潔感を感じさせるアイテムをチョイスしたいですね。

 

その中でも本書でオススメされているアイテムは黒スキニーと白シャツです。

 

当ブログでもこの二つのアイテムはよくオススメしていて、ぶっちゃけこの二つを起点にしてコーディネートをすれば間違い無いと思っています。

 

▷間違いないその他のアイテムに関してはこちらの記事を読んで頂ければ嬉しいです。

 

男子ミニマリストの僕が持っておくと非常に助かる安くて最高な服を紹介するぞ! - ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

 

基本コーディネートは二色を基本としてたまに差し色で一色を加えるのがオシャレにみえるので、ドレス寄りの黒スキニーに一色好きなトップスを合わせればだいたいオシャレに見られます。

 

色と一緒に大事にしたいのはサイズ感です。

 

スキニーは裾直しをしてダボダボにならないようにしたいですよね。

 

良いサイズ感の服を選ぶためにはひたすら試着をすることです。

 

メーカーによってサイズ感が違って人からの印象もだいぶん変わってくるので買う前は絶対に試着してください。

 

 

自分磨きをする事によって、自信がつく。その自信が女の子を惹きつける

 

f:id:fukai19930806347:20171101003833j:image 

そもそもイケメンというのは単に顔が整っているということだけではなくて、それっぽい雰囲気を漂わすという事です。

 

今回書いた服や髪だけではなく

  • 肉体
  • 話し方
  • 相手が気持ちよくなれるか(下ネタじゃない)

みたいな事もイケメンオーラを出すことにもなります。

 

イケメンになろうと努力をして、自分自身を磨いていくと自信がつきます。

 

その自信がイケメンオーラの正体です。

 

単に顔が悪いから諦めている人は一緒女の子と無縁な生活を送ることだと思う。

 

イケメンや美女が世の中で重宝されるのは、見た人を幸せにするからです。

 

嫉妬というなにもしてこなかった人からのものもあるのですけど、まぁそれはしょうがないです。

 

女の子にモテる以外にも自分に自信があれば仕事も上手くいくし人間関係だってスムーズになります。

 

僕はそこまで仕事がバリバリ出来るわけではないけど、見かけを良くしているおかげで他人から不快な思いをさせられずに生きていくことが出来ています。

 

それも自分磨きを行なっていた過去があったからだと思っています。

 

何もせずにブサイクのまま人生を終わろうとしていたら、理不尽な扱いを受けてしまう事は確かにあります。

 

僕の職場にいる人もダボダボなズボンや服に清潔感ない髪や顔まわりをしている人は仕事はちゃんとしているかもしれないけど、利用者さんや上司の機嫌を損ねたりする事があります。

 

それは自分の見た目が他人を不幸にしているからです。

 

そもそも顔のパーツが絶望的な人なんてそんなにいません。

 

ただ自分磨きをして清潔感のある見た目を目指すことをしていないだけです。

 

それはやっぱり勿体無いなと感じてしまいます。

 

女の子と付き合うという目標じゃなくてイケメンになることによって人生を楽しむことを目標にする。

 

f:id:fukai19930806347:20171101004032j:image

 

本書ではイケメンを作って女の子と付き合ったらゴールではなく、イケメン作りは旅と似ていて日々試行錯誤を重ねていくものだと書かれていて非常に納得しました。

 

そもそも女の子にモテるのだって人生を楽しいものにする上での事だし、付き合ったから自分磨きを卒業するのは違うのかなって思いました。

 

ちなみに僕の場合はもともと街をジャージで歩くような人間でしたけど、今の嫁と付き合ったときに「もっとカッコいい自分としてこの子の隣に立ちたい」という思いを持ち自分磨きを始めました。

 

髪型やファッションについても試行錯誤重ねながら勉強しました。

 

周りの女の子にも色々聞いたのですけど、やっぱり女の子は清潔感のある人が好きというのは万国共通でした。

 

今回読んだ『イケメンはつくれる』は僕が実際に今までしてきた事が書いてあって非常に共感したので記事にしました。

 

イケメンである事は人生において圧倒的なアドバンテージです。

 

ぜひ気になる方はこちらの本を読んで実践してみてください。

 

 

イケメンは、つくれる。: この物語の主人公「ユウキ」は、過去の僕の姿です。

イケメンは、つくれる。: この物語の主人公「ユウキ」は、過去の僕の姿です。