ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

終わりのない経済成長にずっと付き合う義務なんてない

 

f:id:fukai19930806347:20171030164119p:plain

社会の一員として働いて納税してと言うことを繰り返していると、「僕は何のために生まれてきたのだろうか?」と疑問になることが結構ある。

 

経済成長やGDPや売上やらが僕達を知らぬ間に窮地に追い立てている。

 

資本主義なんてそんなもんと言えば話が終わってしまうのだけど、この資本主義至上の世の中は僕達国民からしたらがんじがらめに自分の体を縛って幸せについて考えさせる。

 

強みを持つ、資格を持つ、他人に貢献するように、無言の圧力のように煽り立ててきてこれらが出来ない人に対しての風当たりは強い。

 

こういった世の中というか自分の人生もっと何とかならないかと思いこのブログを書いている部分も少しはあり、あらゆる人の生き方を知ることによって生きづらさから脱却していきたいなと思っている。

 

世の中は人のことを生産、消費する生き物としかみていない

ショッピング カート, ショッピング, スーパー マーケット, 購入, トロリー, ワゴン, 交通機関, 消費 

政治で経済について毎回熱い議論がかわされているのですけど、僕達国民の事を消費する為の媒体でしか思ってないんじゃないってなることがあある。

 

まぁ消費をして経済を回していかないといけないという使命があるのかもしれないけど、僕たちは一生懸命働いて納税してさらに消費をする。

 

それは当然の流れかもしれないけど、人に消費させるためならどのような手段も選ばない感じが嫌だ。

 

  • 雑誌やメディアの執拗な煽り
  • 劣等感をいだかせる
  • 人を騙す

何か消費させる手段としては有効なのかもしれないけど、人に不快な思いをさせて「お前はまだ足りない」と思わせてお金を使わせようとしている。

 

結局消費者のことをお金を払う媒体としか思っていなく、その人がどうなろうが知らないみたいなスタンスがあるので、お金のことが嫌いになる人が多くなったり、僕みたいにバカバカしくなってミニマリストになったり、隠居する人が出てくる。

 

より買うためにより働き、買っても買っても世間は不安を煽ってくる。この流れには終わりはないので自分でしっかり区切りをつけていくことが大切だ。

 

そもそも僕たちは一人ひとり意識を持った人間で幸せになる権利だってある。消費は経済を回すためにあるのではなく、自分自身が幸福感を持てるものだ。

 

僕たちは消費をするために生まれてきたわけじゃないし、モノを買い続けたところで、また満足できなくなって不幸になっていく。

 

もうモノで人や自分の事を評価することをやめよう。

 

出来ないことを目指す事はしなくていい

 アーキテクチャ, 超高層ビル, ガラスのファサード, モダン, スカイライン, 市, 高層ビル, ファサード

バブル並の経済成長なんて僕が生きている限りは無いと思っている。

 

今は物作りやサービスがカンストしつつあって、昔の高度成長期みたいに無いものを作るという事があまりできない。

 

人口が減少して、働く若者も少なくなっている今で経済成長しようなんて無理な話だ。

 

もちろんちょっとした成長なら出来るかもしれないけど、高度成長期ほどのものなんてない。

 

もし起こるとしたら、日本が戦争に巻き込まれたり、大きな自然災害で壊滅的な被害があったときぐらいだと思う。

 

でもそんなこと国民は望んでいないし、今あるモノで十分幸せだと思う。

 

問題なのは、この便利な世の中においてまだ成長し続けようと思っている、貪欲さだ。

 

でもこの国の流れを見ていても経済成長する要素なんてどこにもない。

 

消費だって人口現象やモノづくりのカンストから確実に減ってくると思う。

 

それは自然の定理で逆らうことが出来ない。そもそも今は何を目指して経済成長したいのかと言うことがまったくみえてこない。

 

給料アップさせるため??給料が上がるということはその分消費を上げるか国が税金を上げることしか解決策はない。

 

そもそも日本に流れている一定のお金を奪い合っている状況で誰かの給料が上がったら、誰かの給料が落ちるのは当然でしょ?

 

それが資本主義である。

 

みんな給料アップみたいなことばっか考えていても全体的にみると格差が出てしまう。

 

もう成長を目指してみたところで意味ないわけだし諦めてみるのはいかがかな?と思う。

 

成長をやめてみる。

 お金, ファイナンス, ビジネス, 金融, 現金, 通貨, 銀行, 投資, 富, ドル, コイン, 経済

 

僕自身も成長したいという思いがあったけど、成長と言ってもキリがないし、自分の上にはいつも沢山の人がいる。

 

その人達のなかで上位に着くというのは面白いゲームかもしれないけど、虚しさを感じてしまう。

 

自分のやりたいことを犠牲にしたり、自分の野望のために人を不幸にさせるのは本当にあるべき姿なのかな?って思う。

 

僕も多くのことを諦めてきて、あまり成長にとらわれないようにしていった。

 

別に自分にない部分だっても他の人が持っているわけだし、必要な時は手を貸してもらえる。

 

今はネットがあるので自分にないスキルを付け焼刃的に簡単に補うことだって出来る。

 

出来ないことに囚われてしまうのは何より1度きりの人生が楽しくなくなってしまう。

 

自分は生きることに精一杯でやれることはやった。それで良いのではないか??

 

頑張った自分を褒めて楽しく生きていくことのほうが圧倒的に大事だ。

 

人と比べるより人の良さを受け入れて仲良くやっていったほうが楽しい。

 

他人と比べたり、評価を気にしたりしてばっかりいるのでいつまでたっても「まだ足りない」と思ってしまう。

 

足るを知って自分の事を好きになって楽しく生きることに専念していただけたら良いなと思った。