ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

高齢者は病気の話しかしないから老後の為に今を犠牲にする意味は無いんじゃないかと思った

f:id:fukai19930806347:20171027105550p:plain

どうもたんたんです。

 

先日僕の母親の仏壇を拝みに父方と母方のおじいちゃんおばあちゃんが家にやってきました。

 

その時に話していた話がだいたい病気の話・・・

 

僕も介護士として高齢者と関わっているのでおじいちゃん、おばあちゃんの相談に乗っていました。

 

みんな歳を取ると体が弱くなって病気に悩まされるんだなって当たり前なことを考えながら、僕達が目指している定年後の生活って必ず華やかなものではないって思いました。

 

よく若いうちから老後の資金を貯めて、「定年したら旅する」みたいな事を夢見ている人がいますけど、「そんな事考えず今しろ!!」なんだよね。

 

今回は老後の事を考えるより今を充実させろという感じの記事です。

 

 

歳を取ると体が動かなくなって昔のようにはいかない

 

当然ですけど、人間は歳を取るとどんどん体が自分の思うとおりに動かなくなってきます。

 

それは自然の定理であって逆らうことが出来ないのですけど、老後のために蓄えるという考えは体が思うどおりに動かせない未来に投資するという行為になってきます。

 

でもここで気をつけたいのが、自分のやりたいことを定年後まで我慢して、定年したら好きなことをするみたいな考えです。

 

何かをする時は若い方がいいに決まっています。

 

例えば同じ旅行で同じお金お金を払って行ったとしても体力がある若者のほうが老人よりもたくさん動くことができ、旅から学ぶことも多いです。

 

そもそも歳をとって体が悪くなったら、旅をしようという気持ちにすらなりませんからね。

 

自分の体調は気持ちにまで影響するだろうし、体力がある若いうちに好きなことをお金を払ってでもしたほうがいいという考えを持って僕は生きています。

 

体力がある若いうちにいろんなことをしておくといろんなスキルや知識の定着も早いし、結局若い時の積み重ねで食べていっている人もいるぐらいです。

 

後、歳をとった後はとった後でやりたいことなんて自然に見つかってくるわけだし、老後の蓄えなんかしなくてもこの国にいれば生きていくことが出来るわけですからね。

 

元気な若者はそれだけで価値を秘めているので、その時期に何をするかが大事であって、今を犠牲にしていい理由なんて無いです。

 

病気に悩ませれていない今だからこそやりたいことをしろ!!

 

年をとったら病気の話しかしない年寄りをみて「何が楽しいんだろ??」と思うようになりますよね。

 

体調が悪くなったら気持ちも沈んでしまう部分もあるとは思いますね。

 

先程書いたように、元気な若者はそれだけで無限の価値と可能性を持っているわけなのだから、体調が悪くなって何もすることが出来ない未来のために今を犠牲にしてやりやいことを我慢するって僕には出来ません。

 

何か日本人ってリスクヘッジが大好きで将来困らないために今を犠牲にするみたいな思考が強いと思っています。

 

でもよくよく考えると、将来「あのときこうしてれば良かった」という後悔が襲ってくることが結構あります。

 

安定した未来を手に入れられたとしてもやりたかったことができなかった時間は取り戻すことが出来ません。

 

それこそ、未来へのリスクヘッジになっていないと思います。

 

別に今のうちから頑張って将来への蓄えをしなくてもこの国に住んでいる限り餓死することなんて無いわけなんだし、その蓄えだってどうせ未来のためと言って何も使わないんだろ??

 

孤独死した高齢者の貯蓄の平均が数千万という話を聞いた時に「このお金があればいろんな楽しいことが出来たのに・・・」と思いました。

 

なんか今を犠牲にして未来に備える人って結局、死ぬまで未来に対して不安を感じていて何をしてもムダなんだと思う。

 

それよりかは今を全力で楽しむスタイルを展開して、楽しい思いをして死んでいきたいという思いがある。

 

元気な今だからこそ、自分のやりたいと思う事は実行した方がいい。

 

後回しにしていると、体調が悪くなってそれをする力もなくなってしまうのは非常に勿体無い。

 

もちろん、健康であり続けることは大事

 

もちろん健康であり続けることは大事です。

 

元気さえあればなんでも出来るとアントニオ猪木の言葉は本当に真意だなとよく感じる。

 

でも、健康て食生活や運動だけではなくて、ストレスを溜め込まないという事ももの凄く大事なことなのではないかと思う。

 

ストレスを感じない環境に身を置き、やりたいことをやる人生を過ごしていれば特に問題はないですけど、けっこう未来志向が強い日本人は未来に対して不安に感じてしまいリスクヘッジをする意識が高いので無理をしちゃうんですよね。

 

一回未来に関する不安を取り除いていく事が大事なのかもしれないですけど、なかなか難しいですよね。

 

それでも今を全力で楽しむというスタンスを持って生きていれば将来にも繋がるのかなって僕は思っています。

 

今を犠牲にする生き方は100害あって1利なしだと思っていますので、自分の意志に出来るだけ身を任して生きていきたいなと思っています。