ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

社会保障が充実すれば出生率が上がると考える政治家って楽観的すぎない??

f:id:fukai19930806347:20171016174854p:plain

 

 

来週の日曜が衆議院選挙なので、ネットやテレビで情報を集めているたんたん(@tantan4423)です。

 

その中でよく出ていたのが企業の内部留保をどうするかとか実質賃金が下がっていて「これじゃ子ども産めないだろ」みたいな事です。

 

この間の日曜討論でも野党がそこら辺の事を与党に言っていたのですけど僕の感覚からするとお金があるないに関係なく子どもを産みたい人は産むと言う事です。

 

なんか国民が子どもを産まないのは政治のせいだみたいな論調が強いかもしれないけど、そもそも結婚や子作りが昔に比べてそこまで魅力的な人生選択じゃなくなったような気がします。

 

昔に比べていろんなことに挑戦しやすくなった世の中で、お金さえあればみんなが結婚して子作りするとでも思っているのかな??

 

もちろんお金の部分が不安があって子作りをためらっている人はいるのかもしれないですけど、だいたいが作りたいから作る。

 

お金のことは別に後から考えるみたいな人のほうが多いのではないでしょうか??

 

勢いでもないと子どもは作れないのではないか??

「女性に抵抗されつつも押し倒す勢いの壁ドン女性に抵抗されつつも押し倒す勢いの壁ドン」[モデル:大川竜弥]のフリー写真素材を拡大

そもそもみんなが将来や国のことを見越して子どもを作るわけではないでしょ??

 

だいたいが、その場の勢いに任せて思い切りカルピスをぶちまける事が原因だし、いきなり出来るからこそ喜びも多いんじゃないでしょうか??

 

独身率も年々上がってきているのはみんながみんな「お金がないから」ということでもない。

 

超絶に女の子の扱いが下手だったり、ずっと同じ人といるのが嫌だったり、そもそも結婚はコスパが悪いと思うような人が多いからでしょう??

 

なんかそういういろいろな原因で結婚したり子作りしない人がいるのに「お金がないからこうなっている」と考える政治家はさすがに馬鹿なのではないかと思ってしまいます。

 

まぁ政治的には働き手をたくさん揃えてたくさんの税を収めて欲しいという思いがあるとは思う。

 

だけど、子供の数が減るのって時代の変化上仕方ないことだと思う。

 

お金があっても結婚したくない層だっているわけなんだし、お金があるから結婚ってあまりにも夢がなさすぎるでしょww

 

なんか子どもが少ないことを問題にしているかもしれないけど、そんなの誰の責任もないのに独身や政治のせいにしているのはあまりにも思考停止なのではないだろうか??

 

そんなの自然の定理の一種でしょ。

 

時代に合わせて若者が好むものは変わってくる。

 

若者の◯◯離れ議論は時代の流れが読めていない人がするものだから無視安定 - ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

 

そのなかに結婚や子育てが入っていない話なだけな気がする。

 

その状況を改善する方向ではなくて今ある資源で何が出来るかを考えるのが政治家の仕事なんじゃないかなって思う。

 

働き手不足に悩むのなら、定年制の廃止、移民の受け入れを提言する人が出てきても良いのではないかと思う。

「おじいさん」の画像検索結果

少子化問題で働き手不足の問題が今後加速するなら、その改善策として移民の受け入れや定年制の廃止を提言する人が出てきてもいいと思っている。

 

なんか新しい命を生み出すというなかなか宛に出来ないことに期待するなら、多くの働き手を作れば良いのではないだろうか??

 

そうすれば税収も増えるし、仕事への生産性も上がるのではないだろうか??

 

先程書いたようにお金があればみんな子どもを作るといったらそうでもないし、逆にお金があることによって自分一人で生きていける感みたいなのが増しくるかもしれない。

 

収入が少ない二人が同じ家に住んで共同生活する事で、コストを抑えられる事ができるので、逆にお金がないからこそ結婚するモノだと思う。

 

その中でタイミングが良ければ子宝を授かる感じになるのだけど、そこでもお金がないから中絶したいみたいな事言う人いないでしょ??

 

結局お金があるなしにかかわらず子どもを育てる人は育てて、育てたくない人は結婚、子作りはしない。

 

いい社会じゃないか。自分で選択できる人生なんだから。

 

なのに社会や政治は結婚することを当たり前として税収を集めるためにその前提で無責任なことを言ってくる。

 

税収を集める為に少子化問題を解決しようとしてような気がする。

それなら移民や定年を廃止して老人に働いてもらうようにすればいいじゃないか。

 

少子化改善なんて今の段階で出来やしないことを悩むのはなんか違うようなきがする。

 

結論:やっぱり政治家は信用ならない

「信用出来ない」の画像検索結果

まぁそんなのずっと前から分かっていたけど、僕ら国民の役割としては立候補している人からいかにマシな人間を選ぶかということだけだ。

 

仕事中に居眠りしたり、自分の意見が通らないからパフォーマンスとして牛歩したり暴れたり、秘書にハゲって罵倒したりするやつはどんどん国民の手で突き落として欲しい。

 

政治家になろうとしているヤツでろくなヤツはいないって昔の名言があったのだけど、まさに真実のような気がする。

 

それと同時に僕ら国民がリテラシーが低いとそれに応じた質の低い政治家が生まれやすくなる事実もある。

 

選挙にいかないって行為は優勢勢力に1票入れるようなものだ。

まぁそこが分かって選挙にいかなかったり、白票を出すのは良いと思う。それも意志だ。

 

いかにやばいやつを選ばないか僕達がするのはそれだけだ。

僕も日曜は一国民として自分の意志を示しに行きたい。