ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

若者の投票率の低さを身近に感じている話

f:id:fukai19930806347:20171023232313p:plain

 

 

日曜日衆議院選挙の投開票があって、自民・公明の連立が全体の3分2の議席を獲得して圧勝しました。

 

僕は選挙権を持ってから一回も欠かさずに、各候補者の情報や公約を調べて自分の頭で考えて投票に行っています。

 

今回もテレビや新聞やネットで各党の情報を集めたり、素人ながらTwitterで政治について呟いたり、投票の仕方みたいな記事を書いたりしました。

 

 

こういう行為が政治へのリテラシーを高める事につながっていくと思っているし、実際に政治はクソかもしれないですけど、自分の生活に直結することが多いので知っておくべきだとは思ってはいます。

 

身近で感じる若者の投票率の低さの現実を目の当たりにしている

 

僕の同世代の人ってそもそも政治に興味はなく、話の話題に政治が出てこないし、そもそも投票に行かない人が多いです。

 

まぁ選挙に行くか行かないかは基本その人の自由なのですけど、世の中に不満があるのなら選挙に行って自分の意見を示してほしいと思っています。

 

若者の投票率が低いという話はよく話題になるのですけど、実際に今年24歳の僕はその投票率の低い若者の真ん中にいるような世代です。

 

でも僕自身は政治に関して関心というかある程度は知らないといけないモノだと思っているので全く関心のない人が多いのはなかなか考えられませんでした。

 

しかし、実際に僕の周りでは「選挙に行ったところで結果は変わらない」「政治のことはよく分からない」という声とともに選挙に行かないという人は結構多いです。

 

逆に政治の話とかをしていると、「凄いね」って言われる始末。

 

この考え自体が老害なのかもしれないですけど、投票しないということはどのような政党にどのようなことをされても良いという意思表示みたいなものだと思っているので、やっぱり選挙に行かない同世代の人はなかなか理解しがたいところはある。

 

投票箱に行って投票するという行為はたしかに面倒くさい

 

今回僕は当日仕事があったので市役所に行って期日前投票を行なってきたのですけど、わざわざ外に出て投票しにいくということはたしかに面倒くさい。

 

わざわざ投票するのに大勢の列に並んで時間をかけて投票するというのは時間の無駄だし、時間をムダにするのなら投票しなくてもいいという人が現れるのは何か分かる。

 

若者の投票率に困っているのならネットを使った投票に切り替えてみてはいかがじゃないだろうか??

 

スマホで気楽に投票できるのなら、投票に関するハードルも下がっていいと思う。

わざわざ外に出なくてもいいし、時間をムダにしなくても済む。

 

僕もネット投票が出来たら絶対投票所なんて行かない。

 

投票所を作ることによって人権コストも増すし、人の混雑が予想されるのでもっといろんな投票の手段があってもいいと思う。

 

さすがに今の投票方法は効率が悪いし、多くの人の意見が反映されにくくなるので選挙の日になったら18歳以上の人が使うスマホに強制的に選挙の画面に飛ばすみたいなシステムを作っても良いかもしれない。

 

せっかくのテクノロジーを使わないと勿体無いしな。

 

投票に行くことを強制はしないけど、行ったほうが良いと思う

 

若者層の投票率が低いと若者層に向けた政策が少なく、逆に投票率が高い高齢者に向けた政策が多くのなるのは当然だ。

 

いくら若者にいい政策をしても肝心な若者は投票に行ってくれないし、逆に他の世代からの不支持を得てしまうことになるからだ。

 

少子高齢化において老人に対する政策より社会を支える役割の大きい、若者を助けるような政策を打っていかないといけないとは思う。

 

そのためにも若者は投票に行くべきだと思っている。

 

といっても僕的には投票した人の年齢層を公表しないほうが良いと思っている。何か年齢の統計をとって投票しやすい層を割り出してそこにひいきして政策を打ち出すような政治は流石にいらない。

 

社会全体を見渡して必要な政策を出していくのに、票を取りに行くための政策を打ち出すデータを政治に与えるべきではないと思っている。

 

でもそんなこと言ったってしかたないので、おとなしく選挙に行って自分に不益にならないようにしていくしかない。

 

国民が政治に関心が無いければ無いほど政治家のレベルは下がる

 

政治家のレベルと国民の政治リテラシーのレベルは比例すると思っている。

国民が馬鹿だと勢いで本当にどうしようもない議員を選んだりしてしまう。

 

安保法の可決時に野党がプラカードを掲げ暴動している姿をみて、「こいつらを選んだ国民がいるんだなぁ」って思ってしまった。

 

国会という場所で僕達が普通に働いていていたらするわけないことが行われていたのはハッキリ言ってショックだった。

 

政治家なら政策でぶつかりあってほしい。

まぁ無理なんだけど。

 

自分たちの代表として小選挙区から政治家を出す以上、しっかりした人を選びたい。

 

何か自分の周りに選挙に行っていない人をみて感じることがあったので思ったことを書いてみました。

 

変なタイミングですがこれにて終わります。