ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

人手不足な介護職を襲う育たない後継者について書いてく

どうもたんたん(@tantan4423)です。

 

ここ最近、多くの施設の人が集まって医療的な行為(たんの吸引と胃ろうの管理)の研修に行っていました。

 

せっかくいろんな施設から職員が来ていたので各施設での話を聞いていたのですけど、どこの介護施設も人手不足で悩んでいるそうです。

 

全国的に介護職の人口が足りていないということもあるのですけど、今いる介護職員が辞め、人材育成が上手くいっていないという話も多く聞けました。

 

  • 少ない給料
  • 職員関係の悪さ
  • 圧倒的な生産性の低さ

こういうことももちろんあるのですけど、そもそも大体の施設が職員が安心して働けるようなシステムの構築がなされていないことが多いです。

 

例えば前回の記事で書いたような、責任の所在が分からないところだったり、個人への責任が掛かり過ぎている所もそうですね。

 

www.tantandaisuki.com

 

そういう多くの問題をいつまでたっても野放しにしているからこそ人材育成が上手くいかないと同時に多くの離職者で介護職全体的なレベルが低下しているのではないかと僕は考えています。

 

今回は介護職の人手不足と言うこと現場で感じていることを少し掘り下げて考えていきたいと思います。

 

業務に追われ、後継者育成の環境や余裕がない

「バスケットで育つパクチーバスケットで育つパクチー」のフリー写真素材を拡大

僕の今いる部署でも人材育成が上手くいっていません。

 

ユニットというシステム上そうなのですけど、一人である程度の業務を回せるようになるにはある程度の複数人での業務で練習するんですけど、人がいないので何も正しい知識もなしに業務に入って問題を起こしたりするケースがあります。

 

この間利用者への暴言の問題を起こした人も未経験で入ってきたのに長い間充分な指導がされずに現場にい続けたことが原因でもあるかもしれないです。

 

まぁその人の人間性とか疑ってしまいましたけど、ある程度の教育もないまま現場に放り込まれるのは本当に怖いです。

 

利用者さんだってその家族だってそんな施設に自分の家族を預けることなんてしたくないです。

 

業務が忙しい⇒教育の時間をかけれない⇒問題を起こす

 

この負のスパイラルにはまっているところって結構あるかもしれないです。

 

まぁ僕的には自分から色々聞いてしっかり学んで、スキルを身に着けろと言いたいところなんですけど、そんなことができる人間なかなか介護業界には入ってこないですからね。

 

後、年功序列で進んでいっているのでなかなか古い考えが抜けずに「頑張ればなんとかなる」みたいな考えを持っている人は結構多いです。

 

しかし、つらい状況を乗り越えるのは安易に質の低い人をかき集めるのではなくて、充実した教育の機会を与えることだと思っています。

 

みんながみんな自分で考えて必要なスキルを身につけているわけではないですからね。

 

ちゃんとしたスキルを身につければその人はどこの施設に行っても働けるし、ずっと食べていけるスキルになっていくわけです。

 

一方スキルを身に着けなかった人はそこを退職して他の施設に行っても使い物になりませんし、いずれ辞めてしまいます。

 

介護業界全体で考えても就労した人にスキルを身に着けさせるような教育をすることによって他の施設でも働けるようになるから業界自体の介護職の数は減りにくくなります。

 

まぁその基礎となる後継者育成がうまく行っていない現状破綻の道を辿っているかもしれませんね。

 

 

育った人材も少ない給料や劣悪な人間関係、システムの不備によっていなくなってしまう

「上着を持つネクタイ姿のビジネスマン上着を持つネクタイ姿のビジネスマン」[モデル:恭平]のフリー写真素材を拡大

 

と言っても今の人手不足では何をしてもうまくいかないので事業を縮小するか業務改善をして時間を生み出していくかしないと破産してしまいますね。

 

みんなそこの場所に執着して働いているわけではないので介護施設側もこの施設で働くメリットを提供できないと人も離れてしまいます。

 

現状介護士の労働状況を見ると割に合わないと思っている人が明らかに多くて、それなら他の仕事に行ったほうが良いと思って能力が高い介護職員が他職種に流れていっています。

 

僕の施設でも役がついている上司が給料の少なさから退職し、工場に行ってしまいました。

www.tantandaisuki.com

 

ぶっちゃけこんなことって介護職に国や施設がしっかり給料を払っていたら起こらなかった問題であって、起こるべくして起こった問題だったと思います。

 

ついでに給料だけでなく、職員が安心して働けるような環境が整っていなくて、大きな責任を現場の人間に課されたする。

 

人手不足なのに職員の働き方に関する業務改善をしようとしない姿は自らこの業界を潰そうとしている自殺行為にしか見えない。

 

僕に関しては別にどこの施設で働いても良いのだけど、まぁ今の職場はけっこう自分の好きな感じに理想の介護を追いかけることができる部分もあって結構気に入っているのだけど、介護好きじゃなくて介護をしている人からしたら辛いだけだ。

 

でもなかなかシステムの不備によって現場の人間が痛い目をみているケースをよくみているので、無理のない事業所計画と業務改善をしていただきたい。

 

まぁ人に任せすぎるのはあれなので僕も最大限に協力するので作っていこう。

 

結局給料だけでなく劣悪な環境で働いていることによることによって人がやめている部分も結構ある。

 

そんなことで人がいなくなってしまうのは勿体無い。会社側も単なる損失だ。

 

 

介護業界全体のモチベーションが低いままだから何をしてもうまくいかない

「住民がいなくなった社宅住民がいなくなった社宅」のフリー写真素材を拡大

 

実際にこういった課題が多くあるのに施設や国はなかなか解決策を提示しないから、どんどん破滅の道を辿っていっている。

 

後継者を育てたいけど育てられない職場は長持ちしない。決まった人間だけで行う社内政治には限界がある。

 

実際今は会社側が労働者にお願いして働いてもらうような時代に労働者に対しての価値が提供できない職場は潰れていく運命だ。

 

社内の状態が悪いと全体的なモチベーションが下がってしまい、どんなことをしても上手く行かなくなってしまう。

 

今のうちの部署や他の施設の話を聞く限りこういった話は多い。

 

どんどん人を雇おうとするのもいいけど責任を持ってしっかり育て上げて欲しい。今回みたいに問題起こされて職員全体の信用の低下になってしまうことは辛いし、やる気がなくなってしまう人もいる。

 

介護業なんてこれから大活躍するはずの業界なのにもうすでにオワコン化が進んでいっているようなきがする。

 

田舎の施設でもこんな状態だから都会はもっと悲惨な気がするけど、そこがどうなのか気になる。

 

まぁそれを断ち切るには

  • お金
  • 教育
  • 業務改善

しかなさそうだ。

もう意識や努力でどうにかなる次元は越えた。

 

そろそろこの三つに踏み切ってもいいと僕は思う。

 

というわけで今回の衆議院選挙ではここのところを明確にできている議員に一票入れたいですね。

 

さいごに・・・

 

なんかまとまらないような内容になりましたけど、後継者の育たなさは結構どこの施設でも抱えている問題ですね。

 

人手不足だから入ってくれればなんでも良いみたいな感じになっています。

あくまでプロとして利用者さんをみている僕からするととても悲しいことだなと感じてしまいます。

 

でもシステム上育成が難しいのでそういう体制になってしまうのは分かるけど、しっかり育成ができる環境を整え、新規参入者も安心できるようになって欲しいと感じました。