ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

女性と関係を持てる男性は自己肯定感が高い説

どうもたんたんです。

 

あまり僕はブログには下ネタみたいな事は書かないんですけど、今回は書いてみたいと思っています。

f:id:fukai19930806347:20170902041851j:image

 

 

というのも夜勤中にミニマリストのしぶくんの性欲に関する記事を読んで非常に共感したからです。

 

物欲はミニマム、性欲はマキシム | ミニマリストしぶのブログ

 

 

というのも僕自身も結構性欲があるほうだと思っていますし、今の嫁に出会うまでは結構女の子と遊んでいた過去があったからです。

 

自分で言うのもあれですけど、僕は身長が高くて、女の子と話すのも抵抗もなかったし、顔もそこまで悪いほうじゃなかったので、基本的に誘ったらみんな快くオッケーしてくれた事がありました。

 

ぶっちゃけラッキーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ自分の話は置いといて、この記事を読んで行為や女性の交際について考えていたらこんな考えに行き着いたんですよね。

 

 

どんな関係であろうと女性と行為出来ている自分に対して自信がつくという仮説です。

 

僕なんか女の子大好きだったので、いかに女の子と遊ぶ事が出来るかによって男の価値が決まると思い込んでいた時期はありました。

 

実際に女の子とよく遊んでいる男の人は自信に満ち溢れていました。

 

女の子と親しくなる為にはいろんな努力が必要で・・・

  • 女の子が好きそうな話題のチョイス
  • 無難なファッション
  • スキンシップのとりかた

 

ここら辺をトライ&エラーを重ねながら身につけていく必要があると思っています。

 

あいにく僕は昔から女の子とたくさん話す機会があったし、コミュニケーション的な事は大丈夫でした。

 

でも実際にお互いをさらけ出す行為は別だと感じました。

 

いかに女の子に喜んでもらえるかという事を男子は考える必要があると思っています。

 

  • 安心感感じてもらうためにどのようにすればいいのか?
  • 逆に何をしたら嫌な気持ちになってしまうのか?
  • また次も会いたいと思わせる立ち振る舞いが出来ていたか?

 

僕は毎回女の子と関係を作っていくにあたってここら辺のことは考えていました。

 

どれも当然の事だとは思うのかもしれないけど、自分自身も楽しい時間を過ごしたいと思うし相手の女の子に対しても楽しい時間を過ごして欲しいという意識はありました。

 

こういう細かな積み重ねをして、初めて女の子に認めてもらったときに、自信がついてくると思います。

 

実際に女の子と良い関係になれたという結果が自信になり、それが自己肯定感に繋がっていくのだと思います。

 

 

 

まぁその関係が恋愛関係になるかお互いの性欲を満たすだけの関係になるかは本人達次第なんだとは思う。

 

そもそも相手のことを信頼していないと、自分の身体なんて見せないわけだし、いかにしてお互いの信頼を勝ち取っていくかが大事なんだとは思います。

 

ぶっちゃけ何の為にこの記事を書いたのかイマイチ分からないけど、たまにはこんな記事もいいかなって思いました。

 

というのもいつも肩苦しい記事が多い僕なので、大好きな下ネタが出せなくなってしまうのは悲しいのでこういう記事をたまには書いていきたいなとは思っています。

 

ということでこれにて終わります。