ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

身体の悲鳴を上手に使いこなして、自分の思いのままに生きよう!!

f:id:fukai19930806347:20170814234020p:plain

どうもたんたんです。

 

僕はこのブログではけっこう強く書いていますが、けっこうメンタルが弱い方だと思っています。人に怒られる事が大嫌いだし、このブログに愚痴を書くほどです。

 

と言っても僕はちょこちょこ病んだり、体調を崩したりしています。そこまで大きな病気になった事もないし、いつもヤバイと思うときはすぐ逃げて休むので重大化せずに済んでいるかもしれません。

 

でもそういう話をしても「それって大した事ないじゃん」みたいな事をよく言われますけど、自分の身体の事は自分が一番分かるし、何事も早めに手を打たないと手遅れになりますよ。

 

ということで今回はメンタルがあまり強くない僕がうまくストレスに付き合っていく方法や、溜め込んで鬱になったり、死んでしまったりする人について思う事を書いていきたいと思います。

 

我慢のし過ぎ問題

涙をこらえている人のイラスト(女性) 

我慢は身体に毒」と言う言葉があるのに、それに従わず平気で自分の限界を超えてしまうのは恐ろしいと思う。我慢する事が美徳みたいな空気もあって、「もう無理!!」言えないようなところもあるかもしれない。

 

それはその人のプライドがそうさせているところもある。僕の場合はすぐに弱音を吐いて休む。

 

それを世の中では「甘え」と言われるかもしれないけど、僕のそういった所がこれまで大きな病気をしなかったり、なんやかんやで生きていけているところでもあるかもしれない。

 

我慢をしないという事は自分の身を守る事にもなる。実際に人の為に我慢したところでその人はそんな事知らずにヘラヘラしている。結局は自分が壊れてしまった方が多くの人を心配させる結果になるし、自分自身がとにかく辛くなる。

 

そうなるくらいなら何かいつもより変だと感じたら休むように意識した方がいいと思う。我慢は美徳じゃなくて破滅への道筋だ。

 

嫌な事を口に出すのがあれなら、逃げてしまえばいい。別に逃げたところで大した事にならない。とにかく大事なのは自分のメンタルを自分である程度コントロールする必要があるという事だ。

 

www.tantandaisuki.com

 

その為にはまずは、自分がストレスを受けた時にどうなるかとかを知る必要があると思う。いかに爆発せずにガス抜きできるかにかかっている。

 

 

ちょこちょこ病んで休むを繰り返そう

 熱がある人のイラスト

僕の場合はよく体調を崩すのでその度に休んでいる。そのお陰か分からないけど、大惨事にはなっていないので、この弱い身体も結構便利なんじゃないかと思うようになっている。

 

www.tantandaisuki.com

 

上に書いた我慢する人は自分の体調が悪いのに無理して頑張ってしまい、余計悪化してしまう。実際に心を病んでしまったりするとなかなか回復しなくなる。

 

別に長い人生のちょっとした時間を休む事ぐらい大した影響はない。逆に少し休む事によって大事に至らず楽しく生きていけるのなら安いものだ。

 

人は未来を考えて不安になるのに、未来を考えて楽しく生きていくための戦略を練るのが本当に下手だと感じる。僕は最近意識して休むようにしている。

 

ストレスを感じている意識が出れば、大好きなカラオケに行ったり1人で過ごす時間を持つようにしている。こういった細かなメンタルのケアをもっと徹底的に行う事が大事なのではないでしょうか。

 

ちなみに会社を休む事に関してもそこまで申し訳ないみたいな意識はなく仕事自体自分の休みたい時に休めるのが当たり前という意識を持っていて、もし自分がいなくても他の誰かが穴を埋めてくれる。

 

結構周りの空気的に休むことを許してくれない所があるけど、それはフル無視でいい。仕事はあくまで幸せに生きるための手段だと割り切れていれば、自分が幸せになるための選択が自然と出来るようになる。

 

職場とは程よい距離感を保って、自分の精神をすり減らしすぎないようにコントロール出来たらいいと思う。

 

ストレスに弱いならそれに合った生き方の選択をしよう

喜ぶ会社員たちのイラスト 

「それが難しいから困ってるんだろ」という声もあるとは思いますけど、難しいからといって自分らしく生きる道を諦めるのは勿体無い。

 

せっかく一回きりしかない人生で自分らしく生きられないのはつまらない。どうせいつか死んで何もなくなるのなら、我慢して苦しむより、適切な対処をして自分に合ったメンタルのケアをしていきたい。

 

ストレスへの耐性も人それぞれ違うこともあり、良い方法は人それぞれだ。僕の場合はストレスに敏感ですぐ身体が悲鳴をあげるから、その声に逆らわずに休ませてあげる。

 

そこに罪悪感を持っていては自分を守る事ができない。我慢を積み重ねているといつか爆発してしまったときの被害が甚大ではない。

 

そのための努力は惜しまない方がいい。ましては今の時代は「嫌な事」で心を病んだり自ら命を絶ったりする人がいるくらいなので、我慢することのコスパの悪さが半端ない。

 

本当は社会全体的に他の人に対して寛容というか、常に監視するような感じを和らげていくべきだと思うけど、なかなかそういう雰囲気は変わらないから自分で意識したほうがいい。

 

要は嫌なことで死なないように立ち回ればいいのだ!!

 

という結論が出たところで終わります。閲覧ありがとうございます。

たまには全て忘れてはっちゃけないとね!!

 

関連書籍