ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

記事に一貫性なんて必要ない。書きたいことを書けているかが一番大事

f:id:fukai19930806347:20170721003945p:plain

どうもたんたんです。

僕のブログを良く読む方で「この人は結構毎回言っていることがバラバラじゃない??」と思う方が結構いるのではないでしょうか??

 

確かに僕も自分の記事を読むたびに「今とは大分違う考えだな。まるで別人みたい」夜思うことが結構あります。

 

というのもこのブログは勢いに任せて書いている部分が多く、すぐ書いた内容を忘れてしまうこともあって記事ごとに主張が転々として軸のないようなブログになっていると思います。

 

今回はこういった僕の心の叫びが詰まったこのブログの軸がない問題について書いていきたいと思います。

 

ブログに一貫性がなくたって大した問題じゃない

 

人って一貫性を求めたい生き物ですけど、ブログみたいな自分で好きなことを書いて気持ちよくなるメディアで一貫性を気にしなくたっていいという考えでいます。

 

「前はそう言ってたじゃんかよ」と言われても「考えが変わった」といえばそれでいいのです。その時その場所によって同じ物事でも考えることって違うし、別にお仕事しているわけでもないので過剰に一貫性を求めるのも息苦しくなってどうかと思う。

 

逆に一人の人が色んな意見を書いていたり主張が転々としている方が案外面白いようなきがする。

 

以前の記事で読者主体のブログ論について書いていたようにブログを書いているこっちからすると「好きなやつだけ読め!」状態なので僕は自分主体で記事を書き続ける。

 

【関連記事】読者第一のブログ運営が蔓延し過ぎて当たり前になっている件について話してみる - ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

 

逆に一貫性を求めた読者のための記事を作る価値観だっていい。結局自分の好きな通りに犯罪にならない程度のブログ運営さえできればそれでいいのではないだろうか??

 

読みたい人が読めばいい

 

少し前に面白いブログ騒動があったけど、面白いか面白くないかなんて人それぞれの感性によって違う。僕のブログだって嫌いな人も入れば、毎日読んでブクマまで付けてくださるモノ好きな人もいる。本当に嬉しい話だ。

 

そしてみんなに愛されるブログなんて存在しない。

どんなにいい記事を書いていても気に入らない人は現れてアンチと化す。ぶっちゃけそんな人相手にするだけ時間の無駄だ。

 

そもそも自分の価値と合わない人は何をしたって無駄である。嫌いなものは嫌いだしそれはしょうがない。合わないんだから無理に分かり合おうとする必要はない。

 

それよりも自分のブログを好きでいてくれる人を大切にすればいい。ブログの目的として自分の意見に共感してくれる仲間を集めることもあるのでその効力を最大限に発揮してほしいと思う。

 

完璧なブログを作ることが目的ではない

 

僕はブログで今感じていることをありのままに表現しようとしている。そして「書きたい」という気持ちを優先して思ったらすぐはてなブログを開いて記事を執筆する。

 

なんか僕は戦略を練って何かをするより、できるだけ多く行動して数を打つ戦法のほうが自分にあっている。基本的に器用な方じゃないので数でカバーする傾向があって、書けば書くほど力になるブログは僕にとって最適な手段だと感じた。

 

僕がブログをする目的は結構あるけど、思ったことを主張したいからだ。要は構ってちゃんであって自分の声を誰かに聞いて欲しい寂しがりやかも知れない。

 

そういった目的のある僕からすると、読者目線の記事よりも自分がいかに気持ちよくなれるかという記事のほうがいいような気がする

 

ブログは書いていれば形になっていき自分らしさも出てくると思う。とりあえずゴタゴタ言わずに手を動かせとだけは言いたい。

 

さいごに・・・

自己肯定するような記事でしたけど、たかがブログでマジになりすぎてるんじゃないのかと思うことはあります。

 

あくまで自分メディアなので好きなこと書いて気持ちよくなって欲しいと思った。