ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

顔出しをしないと信用されないって本気で思っていますか??

f:id:fukai19930806347:20170717223558p:plain

どうも匿名ブロガーたんたん(@tantan4423)です。

 

最近匿名ブロガーより顔出したほうが情報の信用性が上がるよというキャンピングカーの人の記事をみていたのですけど、僕は少し違った考えを持っているので記事にしてみました。

 

僕は匿名で記事を書いているのですけど、やっぱり顔出しした方がいいのかなと言うのは何回か思ったことはあります。顔出しにおけるメリットとして

  • 顔を知ってもらえれば信頼される
  • 親しみが出るかも??
  • 信頼されれば商品やサービスを買ってくれる

みたいなところがあると思います。といってもこれらのメリットをみても僕は匿名でブログをするほうが気持ち的に楽な部分があり、今も匿名で活動しています。

 

この考え方は人それぞれですが、まぁ「お好きなように」としか言い様がないかもしれません。

 

読者はその人の顔より記事をみる

 

ブログだから当然ですよね。いくら顔出ししていても記事が面白くなかったりタメにならなかったら、すぐ離脱してしまいますよね。

 

僕は基本的に顔出しするのが恥ずかしいし顔出しするメリットが匿名でするメリットに勝てないから匿名でしている。

 

そもそもブログは自分が自慰的な記事を書いて勝手に気持ちよくなっているだけなのに自分の顔を出して発信する必要はない。だからマネタイズが上手くいかなかもしれないけど、僕はそういった側の人間よりブログ狂なだけだ。

 

記事を読む人はその人の人がどんな人というよりかはその記事がどういったものかによってリンクを踏むのではないかと思う。

 

固定ファンを付ける意味では顔出しがいいかもしれないけど、質の高い記事をかけるほうが圧倒的に成功する確率が高い。

 

逆に顔出しとかそういったことを気にするのってブロガーだけではないでしょうか??

読んでくれる人からすると有力な情報が欲しいだけなんだし。

 

顔を出すのといい記事をかけるのかは話は別

 

僕が顔出しをしたところでたいした記事の質は変わらないと思う。逆に極端な記事を書いていることもあるので身バレした時に大変かもしれない。

 

まぁその時はそいつらとは距離を取ればいいだけの話かもしれないけど、顔出ししなくていいものなら匿名のまま記事を楽しく書いていきたいと思う。

 

顔出ししたとしてもその人が書く記事によって、その人が信用される人なのかは変わってくる。まぁ顔をだすことによって、退路を断つ的な意味ではいいかもしれないけど、個人をブランド化出来なかった時の代償は大きいような気がした。

 

そもそも顔を出すか、出さないか悩んでいる暇があるのなら1つでも多くの記事を更新して自分という人を多くの人に知ってもらう事をした方がいいと思う。

 

僕みたいな初心者だった人はとにかく書きまくることによってブログを知ってきたみたいなところはあるので、ある程度の人気を手に入れてから顔出しする戦略はいいようなきがする。

 

とにかくまずは自分の書きたい記事を書いていたらだんだんいろんなこと分かってくるのでそこで、自分というブランドを作っていくのはありだ。

 

顔出しをしなければ記事が読まれないとかものが買われないということはない。まずは自分で記事を書いて自慰に励むのがブログの面白いところだと僕は思っている。

 

結論:顔出しするかなんてどうでもよくて自慰して気持ちよくなれるかということが大事。

 

なんか内容がまとまらない感じになってしまいました、顔出しに関してはしたい人がしてしたくない人はせんでいい。

 

そして顔出ししているからブロガーとして優れているとかそういったことはなくて、要は自分の魂を込めた生々しく、どろどろで、泥臭い記事を書いてほしいなと個人的に思う。

 

こういう人間らしい記事を書いていれば、自分のことを好きになってくれる人はいくらでも現れる。僕みたいなクソ記事を更新しまくっている人でも「参考になります」とか「面白かった」と言ってくれる人がいてくれるだけでブログを始めた意味があったと感じる。

 

それは顔を出していない人でもできることであって自分で黙々と自己主張することに酔って得られることだと思う。

 

別にブログコンサルみたいなものを真に受けて全てを真似しなくてもいい。自分に必要な情報だけを盗んでしまえばいい。自分メディアなわけだから自分で作り上げていくべきだ。

 

という風にゆとり男がブログ論を展開してみました。