ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

読者第一のブログ運営が蔓延し過ぎて当たり前になっている件について話してみる

f:id:fukai19930806347:20170711121753p:plain

どうもたんたんです。

今回も最近多いブログ論ならぬ物を書いていきたいと思います。

 

よくブログで成果を上げたければ「読者のためになる情報を書きなさい」みたいなことを書いていて、確かにGoogle神に選ばれるには質の高いコンテンツで読者を満足される記事を書くことが大切だと思います。

 

一方当ブログは読者のためというよりかは自分の意見を主張しているところがあるので、意見を主張していたら神に選ばれたみたいな事が多いですかね。

 

まぁ人それぞれブログをする目標が違うんですけど、読者目線を押し付ける風潮がなんか違うなと思っていたので今記事を書いています。

 

読者を無視した記事を書いてもそれはそれでいいと思う

 

僕の記事はけっこう質は高くないと思っています。たまに頑張って検索流入を得るための記事を書く時は読者の立場に立った記事を書いたりするのですけど、そうじゃない時は、読者フル無視で自分の書きたいことを書いています。

 

ブログは読者ありきかもしれませんけど、僕は読者に記事を読ませているわけじゃないし、読者は勝手に自分の記事を読むだけです。そこを勘違いして、「読者視線の記事をかけ」とブログ主に言うのはなんか違うような気がします。

 

読者視線の記事を書くか書かないか決めることなんて記事を書く人ですし、案外そういった記事が多く読まれたり、共感を呼んだり、神から選ばれる事だってあるわけです。

 

ブログなんて自分が書きたいことを書けばいいし、結果を出したい人は神に選ばれやすい記事を書けばいいだけの話です。僕はそこが苦手なのでこういった路線に行っていますけど、それによって僕のブログを好きって言ってくれる人が出てきているのでいいような気がします。

 

読みたいやつが読め、嫌な人は見なければいいというスタンス

 

僕のこのブログのスタイルは結構批判が集まりやすいことは分かっています。実際にこの国で生きていたら当たり前だということを違うって言ったり、自己主張が強いのでしょうがないかなとも思っています。

 

僕は人が喜ぶような記事も書きたいですけど、それ以上に自分が書きたいと思うことを書くということに重みを置いているので、嫌な人はみなくても結構と思っています。

 

記事を読むか読まないなんて個人の自由だし、みんなに愛されるブログなんてそんなに存在しないので目指したところで無駄です。そもそも人間考えていることなんてみんな違うのに自分と同じ意見をみんなが持っているという思いこそ傲慢なのじゃないでしょうか??

 

ボク個人からしても自分のブログが嫌いな人に読んでもらったところでそんなに嬉しくないし、読んだところでスッキリしないなら誰も得しないでしょ??

 

もちろん僕はみんなが書いたコメントはしっかり確認して次の記事作成に活かしたり、間違っていたと思うところを直したりはするのですけど、まぁそういったコメントをくれる人って僕からすると被リンクを増やしてくれて、僕のブログの事を思ってくれている人だと思うので、まぁいいんじゃないかなとは思っています。

 

本当に嫌ならみなければいいだけです。情報の選択はしっかりしていきたいところですね。

 

 

ブログなんて自由だから他人がとやかくいうような問題じゃない

 

ブログは人が見る媒体という視点もあるのですけど、自分の思いを吐き出せればそれでいいと思う人もいるわけなので人によって使い方はそれぞれあって、どれが正しいとか間違いなんて無いと思っています。

 

逆にその人の人間臭さをみるのが僕はブログの楽しい読み方なのではないかとすら思っています。そこも個人の自由なので強制はしないのですけど、まぁ自分がブログを書いて気持ちよく慣れればそれで充分だと思います。

 

ブログやっているとそこら辺のことが分かってきて安易に他人のブログ運営を否定するみたいな人は少ないような印象で逆にブログをしていない人に限って変に読者視線を打ち出してくるので自分の価値観に合わない人に遭遇したらフル無視でいいかなと思っています。

 

僕自身も読者のためにブログはしていないので、そこまで読者数に固執しなくていいような気がします。ちなみにこの記事をアップしている頃には読者数1000人を突破していると思いますのでそのことも報告します。

 

この1000人は僕の記事を好きでみてくれている人だと勝手に思っていますので、僕には1000人の仲間が出来たと思うと少ない批判なんて屁の河童なような気がします。

 

というわけで最後に読者に感謝したところでこの記事を終わりたいと思います。

閲覧ありがとうございます。