ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

変態と言われることに抵抗を持つな!!そこに自分らしさがあるのだから

f:id:fukai19930806347:20170714000456p:plain

どうもたんたん(@tantan4423)です。

皆さんはどれくらい人の目を気にして生きていますか??

以前僕は人からの評価が欲しくて、人が喜ぶ行動を嫌々していました。

典型的な構ってちゃんで、かまってほしいから嫌なことでも作り笑いをしてニコニコしていました。

 

しかし、部屋の模様替えをきっかけにミニマリズムに目覚め、ミニマリスト本を読んで多くのものを捨てたことによって僕の行動や意識の持ち方がガラッと変わりました。

 

 

以前は普通であることを目指して精一杯努力をしているつもりでいたのですけど、モノを捨てたことによって、自分自身の幸せに関して深く考えることができ、人のためにあるものや意識を捨てることが出来ました。自分の弱みを直すよりも強みを伸ばす方向へシフトしました。

 

 

関連記事:自分のダメなところを直すより強みを伸ばしたほうが楽しい人生を送れるよって話 

 

そうやっていろいろなものを捨てたことによって世間一般的に変態と呼ばれる人種になりました。僕は変態である自分が大好きなのです。

 

というわけで今回は自称変態の僕が変態になることの勧め的な記事になりますので少しお付き合いください。

 

変態と呼ばれることを恐れてはいけない

f:id:fukai19930806347:20170713235946p:plain

変態と言われるということは何より自分の個性を大いに発揮している場合だと思う。もちろん倫理に反することはダメだけど、みんな一緒である必要なんてどこにもない。

 

この国って個人が集団から外れることを徹底的に嫌い攻撃する習性があって、人によっては生きづらいと感じるところがある。

 

僕もそう思っていて会社や学校で全員と仲良くしないといけないとかみんなで同じことをするっているのがなんか負担になっていた。しかし、それに従わなければ同調圧力により辛い思いをさせられる。

 

しかしよくよく考えてみたら人と違うことをしたり集団から外れることは法律に違反しているわけじゃないし、同じような考えを持っている人で集まって居心地のいいコミュニティーを作ったほうが幸せなんじゃないかって最近思うようになった。

 

同調圧力で自分の考えや行動を抑止してしまうのは勿体無い。自分の幸せは自分でつかむものであり他人によって与えられるものではない。自分がしたいと思ったことは周りに何を思われようが行動に起こすことが大事であってそこに他人の目なんか気にする必要はない。

 

結局自分の軸を持つ事が幸せな未来を作っていけるのではないかと思う。

変態という言葉はむしろ褒め言葉である。

 

 

変態は気楽でいい

「気楽」の画像検索結果

僕は変態と言われることに抵抗はないし、逆に「僕は人がしていないことが今出来ているんだ」って嬉しい気持ちになる。

 

同調圧力に負けずに自分という人間が主張できている証拠だ。そう考えると、変態は変に周りの目を気にしないから気持ちが楽だ。

 

周りの目を気にしてばっかいると自然に消耗してしまう。消耗してしまったら、自分が本当にしたいと思っていることがあったとしても、行動に移す体力がなくなってしまう。

 

それなら変態と言われてしまったほうが周りからの期待もそんなになくていいんじゃないかと思う。人は勝手に他人に期待し、勝手に裏切られてキレるというクソ理不尽な面を持っている。

 

関連記事:他人にそんなに期待しないくらいが幸せなんじゃないかと思う話 

 

なら最初から他者の期待なんて断舎離して自分で自分に期待してみるのはいいんじゃないかと思う。そうすれば自分のことを好きになれるし、行動の質も上がってくるんじゃないかと思う。

 

もう少し肩の力を抜いて生きてみたほうがいい。みんな疲れすぎていると僕は思う。

 

 

変態と言われるのは自分らしさを主張できている証拠

f:id:fukai19930806347:20170408230239p:plain

変態と言われることは自己主張が周りに伝わっている証拠で、逆に喜ぶことなんじゃないかと僕は思っている。別に他人と同じ行動することにアレルギーがあるわけではないけど、何でもかんでも一緒は嫌だ。

 

みんな一緒だったら楽でいいかもしれないけど思考停止になっているような気がして、自分の頭で考える機会が減ってしまうのは心配だ。

 

なお僕はまだ23歳と若いのに、今の段階で丸くなるのは流石に早すぎるような気がするし、常に尖っていたいという気持ちがあるので変態で有り続けたい。

 

自分の軸を持ち続けて一貫性のあるカッコイイ大人でいたい。

 

さいごに・・・

変態って他人とは違うと人を馬鹿にする言葉として使われますけど、それは相手がただ単にその人の考え方を知らなくて受け入れるほどの知識や包容力がないだけです。

 

だからそんなに気にする必要はないと思っています。全員が自分のことを理解しているなんてそんな馬鹿な話は無いわけだし、別に突き抜けていていいじゃないですか。

 

自分が面白いということをしている瞬間は幸せだし、他人にそれを止める権利もないので、気にせずに青春ライフをエンジョイしてください!!

 

これにて終わります。閲覧ありがとうございました。